ダイエット中の食事で気を付ける5つのポイント 

ダイエット中の食事で気を付ける5つのポイントダイエット中の食事には気を使う人も多いでしょう。せっかくのダイエットがムダにならないように、気を付けた食事の仕方をする必要があります。今回はダイエット中の食事で、どのようなことに気を付けるべきかについて、お教えいたしますので参考にしてみてください。



 

ダイエット中の食事で気を付ける5つのポイント

 

ポイントその1 食事をとる時間に気を付ける

以前、歌手の倖田來未さんが午後6時以降は食事をしないというダイエットをしていて、とてもきれいに痩せていましたね。午後6時というのと、夜遅くまでお仕事をしている人にはなかなか難しいかもしれませんが、この時間には理由があります。人の体というのは血糖値が下がった時に食事をとると、体に溜め込まずスムーズに消化され太りにくくなっているのです。しっかり食べても太りにくいというのは嬉しいですよね。逆に、血糖値が上がっているときに食べたものは消化されにくいので脂肪にもなりやすいので要注意です。

血糖値が下がる時間は1日に3回あり、朝は6~7時頃と、昼は10~11時頃、そして夜は16~17時頃となっています。だいたいこの時間帯に合わせて食事をとるだけでもダイエットになるのですから、ぜひ覚えておくといいでしょう。三食の食事をとる生活リズムも整うのでお勧めです。

 

ポイントその2 朝昼夜の食事内容に気を付ける

まず、ごはんやパン、パスタなどの炭水化物は、朝か昼に食べるのがお勧めです。炭水化物は腹持ちもよく脳を活性化してくれますし、1日のスタートには欠かせません。消化されにくいのでダイエット中は夜に炭水化物をとるのは避ける方がいいでしょう。炭水化物抜きのダイエットというのもありますが、炭水化物も体に必要な栄養素なので、朝にしっかりとっておいてほしいものです。

次に、お肉や魚、卵やお豆腐などのタンパク質ですが、これらはぜひお昼の食事でとりましょう。体内の血液や筋肉など大切なものをつくる栄養素のたんぱく質。これを活動量の多いお昼にとると、体内で働きやすく効果的です。ただし、同じタンパク質のものを食べるにしても、ダイエット中の食事では揚げ物などは避けて、焼いて塩コショウをしただけのステーキや焼き魚にしましょうね。

最後はお野菜などの食物繊維やビタミン類です。これは朝と昼の食事でももちろん食べていていいのですが、特に夜の食事でたっぷりと食べましょう。夜は活動量も下がり、食べたものを体内に溜め込みやすくなりますが、消化されやすいお野菜ならダイエット中にもたくさん食べても安心です。食物繊維はダイエット中の悩みの一つである便秘を解消してくれますし、ビタミン類をサプリではなく食事でたっぷりと摂取すると体に吸収されやすく、美肌効果にもつながります。お野菜の栄養素は水に溶けやすいものも多いので、スープにして食べるといいですよ。

【スポンサーリンク】

 ポイントその3 食事のバランスに気を付ける

キャベツやリンゴなど食べても太りにくい食材や、痩せやすいと言われている一つの食材ばかり食べるダイエットがあります。しかしこれはきれいに痩せるためにはあまりお勧めできない方法です。体にはいろんな種類の栄養素が必要です。ダイエット中だからこそ、サプリで補うのではなく、しっかりと食事からとることが大切なのです。ポイントその2の、炭水化物とタンパク質、食物繊維を朝昼夜に効果的にとることに加えて、1回の食事のバランスにも気を付けましょう。食事のバランスというと、少し難しく思えてしまいますが、とっても簡単な方法があります。それは「色」。1回の食事に5つの色がそろうようにしてみるだけでいいのです。

白はご飯、緑や黄色のお野菜、赤はお肉や魚、黒いごまやのりといった具合です。これらを毎回の食事で意識し、さらにそれぞれの量を、朝昼夜とで変えればいいのです。栄養バランスに優れ、健康的にきれいに痩せられるダイエットをしましょうね。

 

 ポイントその4 必ず1日3食しっかり食べる

ポイント1~3では食事内容や食事をする時間についてご紹介しましたが、ダイエット中は1日1食か2食にした方が摂取カロリーが少なくなるからいい!と思っている人はいないでしょうか?確かに食事を3回するよりはカロリーは低くなりそうですが、これではせっかくのダイエットなのにわざわざ痩せにくい身体をつくっているのと一緒ですよ。

まず、朝や昼の食事を抜いて夜だけ食べて満足感を得るというダイエット。これは体が飢餓状態のときに一気に食べるので、食事したものをすべて体に溜め込もうとします。全部脂肪になるということですね。ダイエット中には絶対にしてはいけないことです。また、朝は忙しくて食べる時間がないというのもダイエットには良くありません。朝にしっかり食べて、体と脳を目覚めさせ、しっかりと脂肪燃焼する体に整えましょう。

 

ポイントその5 摂取カロリーに気を付ける

やはり摂取カロリーにも気を付けたいものです。1日に自分にとって必要な摂取カロリーは「体重×30~35kcal」でわかります。体重53㎏の女性の場合なら1590~1855kcalの摂取カロリーなら太らずにいられるということです。これよりも多くカロリーをとってしまうとそれだけ太ってしまうので気を付けたいですね。ぜひ自分の体重で計算してみてください。

 

いかがでしたか?

以上の5つのポイントに気を付ければ、ダイエットをしながらでもおいしい食事を食べられます。ぜひ参考にして、ストレスのないダイエットをしてくださいね。

 

 まとめ

ダイエット中の食事で気を付ける5つのポイント

その1 食事をとる時間に気を付ける
その2 朝昼夜の食事内容に気を付ける
その3 食事のバランスに気を付ける
その4 必ず1日3食しっかり食べる
その5 摂取カロリーに気を付ける

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!