まだまだ成長!大人になってからでも胸を大きくする9つの方法

大人になってからでも胸を大きくする9つの方法

女性ならば、大きな形の良いバストを持つことは、夢ではないでしょうか?自分に対する自信にもなりますし、男性から見てもバストに女性の魅力を感じるものです。
そんな女性の夢を叶えることができるように、今回は、大人になっても胸を大きくする9つの方法をご紹介しましょう。



 

まだまだ成長!

大人になってからでも胸を大きくする9つの方法

 

◆豊胸手術

なんと言っても胸を大きくする確実な豊胸方法は、豊胸手術でしょう。しかし、この豊胸手術もいろいろな方法があります。それは、胸を大きくするために注入する材料によって違いがありますし、どのような豊胸を考えているかによって、値段の違いや安全性などを考慮できると思います。
その中でも高価ではありますが、一番メジャーなのは、やはりシリコンバッグ注入ですね。その他には、ヒアルロン酸の注入であったり、脂肪の注入というのもあります。

 

1.シリコンバッグ注入

シリコンバッグの注入は、豊胸手術の中でも最もメジャーな方法で、確実な形の良い理想的なバストアップに適した方法です。また、安全性や手術後のケアも高い信頼性があります。手術自体も脇の横を4~5センチ切り開く程度で、傷跡も時間がたつとほとんど目立たなくなります。バッグの形状次第で自分の理想的なバストを作ることが可能になります。

 

2.ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、メスを使わずに注射器によって、ヒアルロン酸をバストに注入してバストアップを図る方法です。注射器のみの注入なので、傷跡もまったく残りませんし、ヒアルロン酸自体が体内構成成分の一つなので、安全性も非常に高く、また手術時間も90分程度で終わります。また、もちろん注射だけなので、入院する必要もなく、日帰りでOKです。ただし、1カップアップくらいの効果が限界で、それ以上に効果を期待することはできないのが難点です。

 

3.脂肪注入

脂肪注入法は、自分の体のお腹周りなどにある余分な脂肪を取り除き、その脂肪を胸に注入してバストアップさせる方法で、自分の体の中に異物を注入するのに抵抗感がある方やバストだけでなく、理想的な体型を作りたい方に最適です。ただし、この方法も大きくバストアップさせることができませんので、1~2カップアップくらいで胸を大きくさせることはできます。

【スポンサーリンク】

◆豊胸マッサージ等

手術のような外科的な方法で確実にバストアップさせるのではなく、バストをマッサージしたりして、バストの血行を良くし、特に胸や脇の下にあるリンパ腺をマッサージして、新陳代謝を活性化して女性ホルモンの分泌を促すことによって、バストを生き生きとさせ、バストの張りや成長を自然に促すものです。人間の体が持っている自然の生命力を生かしてバストアップをしようとするもので、外科的な方法よりも確実性という面においては、必ずバストアップできるということは保証できませんが、より自然の生命力をアップさせて健康管理、女性の病気などの予防などには効果があります。

 

4.豊胸マッサージ

人間の体、特に女性の体の胸周りや首筋、脇の下にはリンパ腺が走っており、また経絡やツボがたくさん集まっています。ですから、この女性のバスト、その周りや脇の下をマッサージしてあげることでバスト周りの血行を良くし、リンパの流れを良くしてあげることを通して、女性ホルモンの分泌を促すことができます。もちろん、すぐにバストアップされるわけではありませんが、まずは健康的な体の状態を作るにおいては、良い効果が期待できるはずです。
個人差はありますが、人によっては、2カップくらいのバストアップ効果があったという方もおられます。
マッサージ法はこちら

 

5.光豊胸

近年、エステサロンや一部クリニックなどでも取り入れられているバストアップの方法です。豊胸マッサージと原理は同じですが、光豊胸の原理は、マッサージの代わりに光で血行を良くするものです。

・胸に特定の波長の光を当てることによって、胸のリンパや血液の流れをよくする。
・リンパや血液の流れがスムーズになることにより、胸の脂肪の細胞が栄養の吸収力が増し、新陳代謝の促進およびコラーゲンの生成を活発にする。

これによって、豊胸を図る方法です。これもマッサージと同様、外科手術のように確実に豊胸が達成されるわけではありません。健康増進を兼ねたアンチエイジングにはいいでしょう。

 

6.豊胸食事療法

この食事療法だけで胸を大きくするというのは、なかなか難しいのですが、豊胸マッサージや光豊胸術などと合わせて活用されることをお勧めいたします。豊胸に役立つ代表的な食物が大豆です。これは大豆に含まれているイソフラボンが「植物性エストロゲン」という女性ホルモンに似た作用をすることがわかっており、このエストロゲンという女性ホルモンが胸を大きくさせるにおいて重要なホルモンに なることから、大豆はタンパク質、ミネラルも豊富に含まれていますし、豊胸食品として欠かせない食品です。その他には、ローヤルゼリー、トウモロコシ、ホウレンソウなどが良いとされています。
ただ、摂取のし過ぎは肥満になったり、健康に良くありませんので、バランスよく摂取することをお勧めいたします。

 

7.バストアップサプリメント

食事療法に挙げたバストアップ、胸を大きくするのに役立つ栄養素をサプリメントにしたものを処方することでバストアップをする方法です。女性ホルモンを活性化するものやコラーゲンなどの栄養素を含んでおり、インターネットでは、様々なバストアップサプリメント商品が今は出回っています。
これもピンからキリまであると思われますが、サプリメントだけでは効果は薄いと考えられます。食事療法と同じく、マッサージなどの併用をしていくことをお勧めします。
ただ女性ホルモン剤などは、身体の本来持っているバランスを崩してしまい、胸が大きくなっても健康を著しく害してしまったり、年齢を重ねてから特に更年期にかかる障害などが大変になる可能性もありますので気をつけましょう。

 

8.補正下着

下着を使って余分なところにある贅肉を胸に寄せたりして、バストアップを図ります。つけている時は効果がありますが、はずすと元に戻ってしまします。継続的に着用することで改善されるようですが、この補正下着もいいものは、結構高価でありますので、1で紹介した外科的療法でできるくらいのものもありますから、要検討ですね。

 

9.筋力トレーニング法

これは、胸の筋肉をつけて胸を大きくする方法です。しかし、筋肉だけでなくトレーニング運動をして新陳代謝を活性化させれば、マッサージ法で紹介したように結構促進し、女性ホルモンの分泌を促すでしょう。これも食事療法やサプリメントなどと併用することで効果が期待できます。

 

いかがでしたか?

まだまだあるかもしれませんが、あなたの事情や状況に合わせて、選択するのが良いと思います。しかし、あまり人工的に胸を大きくすると何かしらの負の副作用というものは出てくるものです。できるならば、自然なもので、基本的には健康管理の一環としての健康的にバストアップするというような考えですることをお勧めします。

どうしてもバストが小さいコンプレックスで悩み、どうしようもない方は思い切って外科療法で美しく大きな胸を手に入れて、前向きな人生を歩める方が健康にはいいので、必ずしも人工的に胸を大きくすることが悪いわけではありませんので、あくまでもあなたが心身ともに健康で幸せになることが重要ですね!

ありがとうございました。

 

まとめ

 まだまだ成長!
大人になってからでも胸を大きくする9つの方法

1.シリコンバッグ注入
2.ヒアルロン酸注入
3.脂肪注入
4.豊胸マッサージ
5.光豊胸
6.豊胸食事療法
7.バストアップサプリメント
8.補正下着
9.筋力トレーニング法

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!