お勧め!ムダ毛処理の5つの方法

お勧め!ムダ毛処理の5つの方法女性にとって夏が近づいてくると気になるのがムダ毛処理です。皆さんはどうしていますか?それぞれ色んなやり方を試して気に入った方法があると思いますが、実は間違っているムダ毛処理のやり方もあるんですよ。

今回は、肌に優しいムダ毛処理の方法をご紹介したいと思います。是非参考にしてみて下さいね。



 

 お勧め!ムダ毛処理の5つの方法

 

1:まずは毛の仕組みを知る

身体には至る所に毛が生えていて、その本数は100~150万本と言われています。肌から露出している部分を「毛幹」皮膚の内部に埋まっている部分を「毛根」抜いた時に丸くなっている部分を「毛球」と言い、この毛球から栄養を吸収する事で毛は育ちます。

毛は一定の周期で抜け替わっていて、毛が伸びる成長期(数カ月~数年)→成長した毛が抜けるまでの退行期(1か月半~2か月)→毛が抜けて次の成長期になるまでの休止期(1か月半から2か月)の3期に分けられます。

永久脱毛を何ヶ月にもわたって行うのは、休止期に入ると毛が表面に出ていない為です。

 

2:「抜く」時の注意点

毛抜きで毛を抜くと一見きれいになったように見えますが、毛根につながっている毛細血管を傷つけて出血したり、炎症が起こる可能性もあるので注意が必要です。毛を抜いた後で皮膚が痒くなったり、毛穴がブツブツと目立つようになるのはコレが原因です。

抜いた時に毛根が引っ張られて横になってしまうと、毛先が外に出ず皮膚の中に埋まったまま伸びていく「埋没毛」も起こりやすくなってしまいます。

脱毛テープやワックス、家庭用の脱毛器などを使う時も説明書をよく読んで使う必要があるでしょう。いきなり使用せずに腕や脚の目立たない部分で試してから使うと良いですよ。

 

3:「抜く」時の正しい方法

☆脱毛テープ

汗や水気があると粘着力が落ちるので、よく拭き取ってから処理したい部分の毛の流れを整えて空気が入らないようにピッタリ貼ります。時間をおくと温まって粘着力が弱くなってしまうので、すぐに毛の流れと逆方向にビリッと一気にはがします。残ってしまった毛は毛抜きで処理しましょう。

☆脱毛ワックス

処理したい部分の毛は5ミリくらいにカットして、ムラなくワックスを塗ります。表面を触ってワックスが固まったのを確認したら、毛の流れと逆方向にビリッと一気にはがします。ワックスが残ってしまったら、はがしたワックスでくっつけたり、濡れタオルでふき取りましょう。

☆電気脱毛器

あらかじめ3~5ミリほどにカットしておくと痛みが少なくなるでしょう。ヘッド部分を肌に密着させてムダ毛を抜くのがポイントです。いずれの方法も、した後にはアフターケアとして冷やしタオルで肌を冷やして沈静させるのがおすすめですよ。

【スポンサーリンク】

4:「剃る」時の注意点

カミソリで剃ると毛深くなる…は迷信なので安心して下さい。剃った時に毛の断面が四角くなるので、伸びると毛深くなったように見えるだけです。しかし肌の表面を傷つけてしまう可能性があるので、乾いた肌のまま剃るのはやめておきましょう。女性用のシェイビングクリームやワセリンを塗ってから剃るのがベストです。長い場合は短くカットしてから剃るとキレイに剃れますよ。

毎日剃っているという方もいらっしゃいますが、それは肌へのダメージもひどくなり色素沈着の原因にもなるので、少なくとも2週間に1~2回にとどめておきましょう。

生理前後は抵抗力が落ちているので、肌が敏感になっています。どの処理でも生理が終わってからの方が良いですよ。体調が悪い時、疲労がたまっている時、日焼け後も避けた方が良いでしょう。

 

5:「剃る」時の正しい方法

まずはお風呂に入って体を清潔にして、角質とムダ毛に水分を与えましょう。

濡れタオルを電子レンジで30秒温めて、剃る部分にのせて30秒蒸らすと、毛穴が開いてムダ毛も柔らかくなるのでカミソリが引っ掛かる心配も無く剃りやすくなります。

シェービング剤を塗る前に、ムダ毛の生え方を確認しておきます。剃る時は肌がピンと伸びるように片手で押さえて、力を入れずに軽いタッチで毛の流れと逆に剃ります。

剃り残しがあれば、しっかり皮膚を伸ばして小さめのカミソリを使って剃るとキレイに剃れます。

剃り終わったらシェービング剤を軽く洗い流すかタオルで拭いてローションなどでたっぷり保湿します。カミソリ負けした場合は濡れタオルで冷やしてクールダウンしてから保湿して下さい。すぐにお風呂に入ったり、石鹸で強く洗ったりしないよう注意しましょう。

毛が埋もれてしまった場合は、スクラブなどで優しくピーリングしてから、埋もれている部分を両手で左右にねじったりもんだりすると毛先が出てきますよ。

カミソリもそのままにしておくと雑菌がつくので、必ずきれいに洗って水分をしっかり拭き取って乾燥した場所で保管しましょう。

 

いかがでしたか?

少々手間はかかりますが、美しくなる為には手間を惜しまない努力が必要不可欠です。ムダ毛のない手入れの行き届いたスベスベのお肌は、女性の魅力を最大限に引き出す武器になりますよ。

夏はお出掛けが多いシーズン!正しいムダ毛処理方法で仕上がり度もグーンとアップします。キレイな肌をキープできれば気分良くお出掛けしましょう。

 

まとめ

お勧め!ムダ毛処理の5つの方法

1:まずは毛の仕組みを知る
2:「抜く」時の注意点
3:「抜く」時の正しい方法
4:「剃る」時の注意点
5:「剃る」時の正しい方法

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!