甘えたいけれど出来ない…と思う女性が多い5つのわけ

甘えたいけれど出来ない…と思う女性が多い5つのわけ甘えたいけれど出来ない…そう思ってしまう女性って多いですよね。恋人に好きな人に、甘えたいと思うのになかなか素直に甘えられない、甘え方がわからないと悩んでいる人は多いため、自分だけかも…と落ち込んでいる人はひとまず安心してください。

甘えたいのに甘えられないというのは、自分の心の中に甘えられない理由があるからなのです。甘えたい、その心さえあれば甘えられない理由を解していけるはずなので、今から紹介する甘えたいけれど出来ない女性が多い理由を見て、何故自分が甘えたいのに甘えられないのか、その理由を解き明かしていきましょう!

今回はそんな甘えたいけれど出来ない…と思う女性が多いわけを5つ紹介していくので、甘えたいのに甘えられない素直になれない女性は早速チェックしてみてくださいね!


 


  

甘えたいけれど出来ない…
と思う女性が多い5つのわけ

  

相手より優位に立ちたいから

 相手より優位に立ちたいという気持ちがどうしても大きいと、甘えたいけど甘えられないという心理が働いてしまいますよね。甘えるというのはつまり相手よりも下に立つこと、というイメージがどうしても働いてしまうと、甘えたいという気持ちがあったとしても、優位に立っていなければならない、今の自分を乱されるわけにはいけない…という気持ちが強くなってしまい、なかなか素直になれないのです。

こういった場合は自分の性格やプライドとの戦いになるので、なかなか甘えたいという本当の気持ちを出すのは勇気がいると思いますが、一度甘えてしまえば、こういう関係もいいかも?と気持ちもきっと楽になると思いますし、相手との距離もさらに縮まるはずなのに、自分の殻を突き破って相手に甘えていきましょう。

  

甘えるのが恥ずかしいから

 甘えるのが恥ずかしい…そんな気持ちがあると甘えたいけど、上手く出来ずに結局甘えられない…となってしまうのもわかりますよね。恋愛に慣れていない女性や男性との関わりが薄い女性の場合には、甘えたいのに甘えるのが恥ずかしいと思ってしまい、恥ずかしさが勝ってなかなか甘えられなくなってしまうのです。

甘えるのが恥ずかしいという気持ちを克服するためには、少しでも多く甘えるのが一番。恥ずかしいのに甘えるなんて難しいと思う人もいると思うので、思い切って恋人に甘えるのが恥ずかしいから甘やかして欲しいと頼んでみましょう!男性側からリードをされれば、恥ずかしくても甘える状況が出来上がってくるので、それに慣れていけば甘えたい時に甘えられる自分に変われるはずですよ。

  

クールでいる自分が好きだから

 自分の性格がクールだった場合、甘えたいと思ったとしても自分の柄ではないな…と思ってしまい、甘えたい欲求を潰してしまうものです。確かに自分の性格とは考えられない行動をするのはとても勇気がいることであり、今の自分を好いてくれている恋人に今の自分とは違った自分を見せる行為というのはある意味賭けにもなるのです。

嫌われたらどうしよう、クールな自分が甘えたいと言ったら彼はどう思うだろう…?そんなことを考えていると、そんな考えをしている自分にも嫌気が差してしまい、甘えたいなんて考えずにクールに行こう!と気持ちを割り切ってしまうというわけですね。

しかし男性の多くは女性から甘えられたいと思っているものです。甘えたいと思った時に素直に甘えたほうが二人のためにもなりますし、恋人のことを思っているからこそ心に芽生える感情でもあるので、クールな性格だからと割り切らず、甘えたいという気持ちを大切にしていきましょう。

  【スポンサーリンク】

甘えたい相手が年下だから

 甘えたいと思う相手が自分よりも年下だと、お姉さんでないといけない…という気持ちが先走ってしまい、なかなか素直に甘えられない自分になってしまうのです。女性は母性本能が強い生き物でもあるので、年下男性に母性を強く感じていると、その母性が邪魔をしてしまって、甘えたいのに素直に甘えられないと自分を縛ってしまうのです。

しかし年下だからと言っても相手は男性です。男性は女性を守りたい存在だと思っているので、甘えられたいと言葉には出さなくても思っている人が多いので、ここは思い切って甘えたい時に甘えていきましょう!意外と思い切って甘えてみると、男性は年上彼女のギャップに心奪われて、さらに貴女に夢中になる可能性だってあるのです。また守りたいという気持ちが強くなり、年下だし頼りない…と思っていたのに急に男らしく変化をする場合もあるので、今後の二人の関係をよりよくするためにも甘えたい時に甘えていきましょう。

  

相手に幻滅されたら…と思うと怖いから

 甘えた経験がほとんどない…という女性は、甘えたいという欲求を相手に出すのを恐怖だと感じてしまう人もいます。甘えた経験がほとんどないからこそ、相手の反応がイメージ出来ず、もしかしたら幻滅されてしまうかもしれない…という悪い方向へと思考が巡ってしまうというわけですね。

しかし二人の関係が近いものであれば、甘えたい時に甘えた場合、幻滅されるということはほとんどないので安心してください。甘えたい、というのは相手に弱みを見せたい、相手によりかかりたいという気持ちの現れなので、それが相手に伝わると男性は貴女のことをより好きになる可能性も出てくるのです。

幻滅されてしまうケースというのが、相手が忙しく大変な状態で余裕もないという時に甘えてしまう、自分の主張ばかり押し付けてしまうというものになるので、慣れない人はまずは謙虚な姿勢で控えめに甘えてみると、幻滅されることなくスムーズに甘えられると思いますよ。

  

いかがでしたか?

甘えたいけれど出来ない…そう思う女性が多い理由を5つ紹介してきました。女性は男性と比べてみると精神年齢が高いと言われているので、ついつい我慢をしてしまう場面というのが出てきてしまうのです。

甘え上手な女性というのはそれだけ甘えた経験がある、男性と接した経験が多いという人なので、もしコツがわからない…という人はとにかく甘えたい時に男性に甘えてみるようにしましょう!最初こそ勇気を出せば、甘えたい時に甘えるのって意外といいかもしれない、結構簡単かもしれない…ということに気付けるはずです。

最もいけないのは甘えたい欲求を心に秘め続けてストレスを溜めてしまったり、相手が察してくれるだろうという甘えを持ってしまうということ。そうなってしまうと相手との距離が広がってしまうので、甘えたい時には素直に甘えるようにしましょう。

  

まとめ

 甘えたいけれど出来ない…と思う女性が多い5つのわけ

・相手より優位に立ちたいから
・甘えるのが恥ずかしいから
・クールでいる自分が好きだから
・甘えたい相手が年下だから
・相手に幻滅されたら…と思うと怖いから

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!