泡で洗顔をする時の5つのコツ

泡で洗顔をする時の5つのコツ 誰もが憧れるすっぴん美人、タマゴ肌、赤ちゃん肌…。きれいな肌というものは、誰もが憧れるものでもあり、同時に簡単には手に入れることのできないものでもあります。

メイクをしてクレンジングをしていても、肌のケアをしっかりとしていても、なかなかつるんとした肌が手に入れられない、どうしても汚れがでてしまう、毛穴が気になる…。肌にまつわる悩みというものは男女関係なく抱えるものでもあり、解決策というものもしっくりくるものはありません。

しかし実は洗顔方法によって、どんな美容液を使ったり美容パックを使わなくとも、理想のお肌を手に入れることができるんです。今回は、そんな泡で洗顔をするときのコツについて紹介をしていきます。



 

泡で洗顔をする時の5つのコツ

 

その1:手を清潔にしておく

洗顔をする際、泡立てるときのコツとしてはまず手が何よりも清潔である必要があります。なかなか泡立てることができない、潰れたような泡になってしまう、ふかふかの泡が作れない。そう悩む人は、手が清潔ではない可能性があります。

手が汚れていたり、油分がついていることによって、泡立ち加減は一気に悪くなります。無理して泡立てたとしても、汚れや油分が含まれている泡というものは使いたくないですよね。

また、メイクを落とした後、クレンジングに含まれている脂などが手についている場合や、シャップーの含まれている成分がついていたりもするので、しっかりと洗い流してから、泡立てるように心がけましょう。

 

 その2:細かい泡を作るように泡立てる

ただ泡が立てばいいという問題ではありません。泡にも質があるので、その質が悪ければ十分な汚れや肌への潤いをもたらすことができず、満足いく洗顔をすることができません。

泡を泡立てる際には、細かいふわりとした泡を作るように心がけましょう。泡は泡立てれば泡立てるほどにきめ細かいものが作られていくので、念入りに細かい泡を作ることを心がけていれば、次第に泡全体が細かいものとなっていきます。

細かい泡で洗顔をした場合、毛穴の汚れを落としやすくなる他、肌に触れる表面積が増えるということもあり、完璧に近い状態で洗顔をすることができます。

何よりも、細かい泡というものは肌に与えるダメージが少なく、優しいので、お肌の調子を良くしてくれる効果もあります。

 

その3:ゴシゴシ洗いはしない

ついついやりがちなのが、勢い良くゴシゴシと洗ってしまう洗顔方法。気持ち的には「洗っているぞ!」というものになりますが、これは逆効果であり、洗顔方法としては最もやってはいけないこと。

手でゴシゴシと肌をこすることによって、肌へとダメージが浸透していってしまい、肌の荒れる原因や老化に繋がることの他に、いくら泡立てたとしても洗顔は不十分になってしまいます。

強い摩擦によって毛穴の中の汚れはさらに奥へと逃げてしまうことにもなるので、より肌はきれいな方向から、頑固な汚れがでてしまう肌へとなりうることも。

洗顔するコツとしては、泡立てた泡を挟んで、優しく触れる程度の強さで撫でるように心がけると、肌はダメージを受けずに汚れも落とすことができます。

洗顔をするときは、優しくゆっくりとを心が得るのがベストでしょう。

【スポンサーリンク】

その4:ぬるま湯ですすぐ

泡立てた泡で洗顔をしたら、ぬるま湯で少しずつ泡をそそぎ落とすのがポイント。このときに注意したいのが、43℃以上の温度のお湯を使わないということ。温度の高すぎるお湯というのは肌へのダメージを与えることや、必要以上に皮脂を落としてしまうことに繋がるためあまりオススメはできません。

ぬるま湯で優しく洗い流すことによって、汚れはしっかりと落ち、なおかつ肌へのダメージもほぼゼロといっていいほどに優しいので、ゴシゴシと洗い流すということや、シャワーの水を直に顔に当てて洗い流すということはやめたほうがいいでしょう。

ちなみに、顔をタオルで拭く際にもゴシゴシは禁物。肌へダメージを与えてしまうので、なるべく柔らかいもので、軽く当てるような感じで水分を吸収するように気をつけましょう。

 

 その5:保湿などは洗顔から2分以内で

ぬるま湯で落とした後には、しっかりと冷たすぎない水で開いた毛穴を引き締めることが美肌の大きなポイントというのは、誰もが知っていることですよね。

その洗顔後が本当の勝負だといってもよく、洗顔をしたあと、すぐに肌は乾燥をしてしまいます。乾燥をしてしまえば、いくら綺麗に洗った肌もぱさついてしまい、ツルツルスベスベ肌とは無縁な存在に。

できるだけ洗顔後は2分以内、ということを心がけて、化粧水や保湿クリームなどを使い、肌をすぐさまケアすることが大切になっていきます。この時間を守るか守らないかで、肌の状態は大きく変わってくるともいえるので、泡洗顔をしたというだけで達成感を感じず、保湿までが洗顔ということを心得ておきましょう。

 

いかがでしたか?

よく泡立てて洗顔をするだけで、毛穴の奥深くにある汚れや肌の状態までもを良くしてくれて、何よりも肌への負担をあまりかけずに洗顔ができるということが、美肌になる最大の要因だと言えます。

しかしただ泡立てて洗顔をするというだけではなく、コツというものや注意点を守って初めて、美肌を手に入れることができるので、今回紹介した洗顔する時のコツを参考にして、誰もが羨む美肌を手に入れてみてくださいね。

 

まとめ

 泡で洗顔をする時の5つのコツ

その1:手を清潔にしておく
その2:細かい泡を作るように泡立てる
その3:ゴシゴシ洗いはしない
その4:ぬるま湯ですすぐ
その5:保湿などは洗顔から2分以内で

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!