好きな人にとる態度で印象が変わる?注意する7つのポイント

好きな人にとる態度で印象が変わる?注意する7つのポイント好きな人に素直になれないというのはよくききますよね。緊張のあまりオドオドと消極的になってしまったり、逆にツンツンした態度をとってしまって気持ちとは真逆の態度で接してしまったり。それは好きだからこそ仕方がないとも思いますが、好きな人からしたら「嫌いなのかな?」「苦手なのかな?」と思われてしまい、あらぬ誤解が生まれることもあります。

今回はそんな注意すべきポイントを紹介しますのでポイントを意識して、好きな人に取る態度について振り返ってみましょう。



 

好きな人にとる態度で印象が変わる?
注意する7つのポイント

 

その1:言葉遣い

 好きな人への態度が自分の気持ちとは裏腹に、真逆の態度を取ってしまいがちではありませんか?そんな態度をツンデレという場合もありますが、ツンデレはデレがあってこそ成り立つものであり、ただのツンツンは相手に不快感や嫌われているのかも、という誤解を生んでしまいます。

ツンツンしてしまうという人は好きな人への態度を思い返してみましょう。乱暴な言葉使いになっていたり、つい言いすぎてしまったり、ムキになって言わなくてもいいことを言ってはいませんか?

態度は正反対でも言葉に気を使っていれば、相手が誤解する可能性が低くなっていきます。言葉遣いも汚く、乱暴になっているのならば態度と合わせて本当に誤解が生まれてしまうことにつながっていくので、思い返してみて好きな人へ少し乱暴な言葉を使ってしまった、という人は気をつけていきましょう。

 

 その2:目線

 好きな人を直視できない、目を見て喋れないというのは恋をし始めた時によくある態度の1つ。好きな人といるだけでドキドキしてしまうのに、直視したり、目を見てしゃべるなんて気絶するかも!なんて、第三者から見れば可愛いものですが、相手からしたらあまりいいものではありません。

どんな態度をとっていてもしっかりと目線を相手に合わせていたり、目を見て会話をすることによって、距離はどんどん縮まっていき、信頼関係が築き上げられていきます。人は目を見ることによって、その人が何を考えているか、というのを読み取り、考えることをします。逆に目が見えなかったり、目線を合わせてくれないと不安な気持ちに陥り、どんどん関係は悪くなるばかり。

好きな人と何かをする時や、会話をするときなどは目線に注意してみましょう。

 

 その3:たまに特別扱いをする

  好きな人に対して特別扱いなんて当たり前!なんて人もいるかもしれませんが、例えば周りの異性、同性問わずあなたはどのように周りの人と接していますか?もしあなたがなるべく平等に、同じように接していたとしたら、きっと好きな人はたとえ少しの違いがあったとしても「皆と同じように接している」と思ってしまうものです。

皆と同じように仲良く出来るというのはとてもいいことでもありますが、同時に好きな人に対して上手くアピールが伝わらないという欠点もあります。

そんな時は少しあからさまかもしれない、というくらいに大胆になって好きな人にアピールしてみましょう。些細な違いでもしかして、と好きな人は思ったとしても自意識過剰かもしれない、と考えるのをやめてしまいますが、あまりにも大きな違いや大胆な行動に出られると、周りと自分を比べて考えるようになります。

時には特別扱いをして大胆になると、相手を意識させることができるかもしれません。

 

 その4:笑顔を大切に

  好きな人といるときは緊張してしまって顔がこわばってしまう、つい無表情になってしまうと、悩んだことがある人もいるのではないでしょうか。また好きな人が異性と楽しそうに話しているのを見て、嫉妬してしまい怒ったような顔になってしまうなど、案外好きな人を意識しているときに笑顔は欠けがちになります。

笑顔は最大の魅力とも言うように、いつでもニコニコしている、楽しそうにしているという人に対して人は好意を懐きやすくなります。どんな時でも頑張って笑顔でいようとつとめていれば、いつも楽しそう、笑顔に癒やされる、元気を貰えると好きな人に思ってもらえるかもしれませんし、笑う門には福来る。いつでも笑顔でつとめていれば幸せ未来が舞い込んでくるかもしれませんよ。

【スポンサーリンク】

その5:距離感

 好きな人おろか、異性との距離感はとてもむずかしく、時には誤解させてしまうこともしばしあります。近すぎると「慣れているのかな?」「馴れ馴れしい」などという印象を与えてしまうかもしれませんし、離れすぎていると知らぬ間に壁ができていると思われてしまいます。

適度な距離感というのは近接相、遠方相と言われる距離、だいたい相手から自分までの距離が45センチ~120センチだと言われています。あまり親しくな人がこの距離に入ると不快に思います。好きな人とあまり仲が良くないという人はまず120センチを目安に近づいていくとだんだんと距離が縮められていき、その距離は自然となくなっていきます。

好きな人との距離感を見つめなおしておくと、「距離感をつかむのがうまい人」としての評価も上がるので自然と好感度もアップしていくでしょう。

 

 その6:周りをよく見る

 好きな人と一緒にいるとどうしても意識がそっちに集中しがちで、周りを見渡すことがおろそかになってしまうことがあります。周りが見れないと気遣いなどにかけてしまい、結果的に好きな人に迷惑をかけてしまうことにも繋がるので要注意。

また周りが見れない、好きな人ばかりにいい態度をするだと猫を被っている、人によって態度が変わるという印象が周りにもつき、相手も自分と周りとの違いに気づきます。結果的に悪い印象のまま好きだということがバレてしまい、恋が終わりを告げるなんてことも。

好きな人と接するときは好きな人への態度と周りとの態度に気をつけるように心がけていきましょう。

 

 その7:背伸びをしすぎない

 好きな人に自分がどう見えているのか気になりすぎてしまい、ついつい背伸びをしてしまいがちになります。平気ではないことを平気だといったり、強い人間、自立した人間にみられたくて頼りたいところを頼らないでやせ我慢をしてしまったり。

結果的にあなたは好きな人から「しっかりとしている人」という印象を与えることができるかもしれませんが、同時に1人でも大丈夫な人という印象も与えられてしまいます。男女問わず、どこか弱みがある人のほうが親近感がわき、仲が深まりやすくなります。また頼られることによって、信頼されているということに繋がり、相手の自信をつける手伝いもします。

好きな人にはついつい背伸びをしてかっこよく、しっかりとしたように見せてしまいがちですが、たまには力を抜いて、抜けている部分を見せると程よいでしょう。

 

いかがでしたか?

好きな人にとる態度は様々なものがありますが、注意するところを注意しないと逆に悪い印象を与えてしまい疎遠になってしまうということもあります。7つのポイントをもう一度見返してみて、自分が普段どういった態度で好きな人に接しているか振り返って、反省点を見つけて改善していきましょう。

 

 まとめ

好きな人にとる態度で印象が変わる?注意する7つのポイント

その1:言葉遣い
その2:目線
その3:たまに特別扱いをする
その4:笑顔を大切に
その5:距離感
その6:周りをよく見る
その7:背伸びをしすぎない

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!