好きな人に告白しよう!そう決める時の5つのきっかけ

好きな人に告白しよう!そう決める時の5つのきっかけ好きな人に告白しようと決意するときってどんな瞬間ですか?今までの関係や片思いを終わらせる告白は一世一代の出来事と言っても過言ではないくらいの正念場。どんな未来が待ち受けているのか、今後どうなってしまうのか。

期待と不安が入り交じる告白はそう簡単にすることは出来ないため、好きな人に告白をしようと思うきっかけがあるものです。今回はそんな好きな人に告白しようと決める時の5つのきっかけについて注目していきます。



 

好きな人に告白しよう!
そう決める時の5つのきっかけ

 

なんとなく相手の気持ちに気づいているから

好きな人に告白をするというのは、不安のほうが大きくなることが多いですよね。そのため多くの人が十分にアピールをし成功率を高くしたところで告白をするものです。

そんなアピールによって好きな人の気持ちが自分に向いてきたかも、と感じたりアピールに手応えを感じた時に告白について本格的に考えるということ。冷静に考え、なるべく第三者の視点で自分と好きな人の関係や、好きな人の反応から取れる気持ちを考えた時に、少しでも自分のことが気になっているようであれば、告白の計画も立てやすくなりますよね。

特に慎重派であるという人は、相手の気持ちに気づいてから自信を持って告白をする人がほとんどのようですね。

 

好きな気持ちが胸に溢れたとき

好きな人のことを思うと、好きだという気持ちが溢れてくるものです。好きな人と一緒の時間を過ごしたり共感をすることが多いと、よりいつも以上に好きな気持ちが胸に溢れてくるものです。そんな確かな恋心を確認した瞬間に、好きな人に告白をしようと考える人もいるようですね。

やはり告白といっても、寸前まで自分は本当に好きなのかと考えてしまうこともあります。この人のことが本当に好きで大切に出来るのか、妥協などで好きと思っていないかなど、自分の気持ちも告白をするにあたって大切になります。

そんな中で好きな人への気持ちが胸に溢れる瞬間というのは、告白をしよう!という決心に繋がるようですね。純粋な気持ちを今なら伝えられる、そんな気持ちを抱いているからこそ告白のきっかけとなるようです。

 

デートを重ねたから

好きな人をデートに誘ってOKをもらうと、自分に少しでも気があるのかなと期待をするものです。それが一度だけではなく二度、三度となってくるといよいよ告白をして正式に恋人になってからデートをしたいと思うようになるものです。

実は三度目のデートで告白をする人はかなり多いということ。確かに三度もOKをされたのならば、相手が自分といることに対して楽しい、心地良いと思っているだろうなと予想がつきますよね。逆にこれ以上恋人としてではなく友人としてデートに誘ってしまうと、相手からすれば「キープなのかも?」と思ってしまうものです。

三度目のデートなどデートを重ねている関係であるならば自然と告白について考えてくるものですし、相手も「今日こそ告白をしてくれるかも」と受け身で待っていること間違いなしです。

【スポンサーリンク】

ライバルが出現したとき

ライバルの出現は片思い中に最も起きてほしくないアクシデントですよね。もしかしたらライバルに好きな人を取られてしまうかもしれない、ライバルが先に告白をしてしまうかもしれないという焦りから好きな人に告白をするきっかけとなることもあるようです。

特にライバルが出現するといつも以上にアピールに力が入るものですし、いざ告白をしようと決めてからはより力が入るもの。短い期間の間でライバルに気づかれないようにアピールをして、先に告白をすることだけに闘志を燃やすこととなるので、告白も勢いと熱がこもったものになることが多いようです。

ただ嫉妬や焦りから自分を見失いがちになることも否めないので、もしライバルが出現した瞬間に告白を決意したという人は一度落ち着いて深呼吸をするようにしましょう。

 

自分の気持ちにけじめをつけたいとき

告白をするというのは、もちろん好きな人との未来に期待をする人が大多数でしょう。しかし片思いの辛さや実る可能性が低い片思いに悩み苦しむ場合は、いっそのこと新しい恋愛を始めたいという人も少なくありません。

そのため、望みが薄い状態での告白をすることもあります。告白のきっかけとしては、片思いに悩んだり辛いと感じた時やもう気持ちを整理させてステップアップしたいと感じた時など。好きな人への片思いと決別をする意味での告白となるようですね。

しかしいくら決別を意味する告白だとしても、気持ちを伝えたいと思うほどの強い気持ちであるために告白への返事に多少期待するものです。告白をしないと絶対に後悔する、未練を引きずってステップアップすることができない。あの時告白していたらOKをもらえていたかも…なんて思わないための、現実を知り次に進むために必要な告白になるのです。

 

いかがでしたか?

好きな人に告白というのは、決して幸せや期待を込めたものだけというわけではありません。好きな人を諦めるためにあえて告白をする場合もあれば、とっさに思いついて告白をしてしまい焦るということもあるでしょう。

告白のきっかけは本人が思いもしないようなタイミングでやってくるものです。自分がどんなタイミングで告白のきっかけを掴むことになるのか。どんなタイミングでも自分の相手を思う気持ちや告白の目的を見失わないようにして、告白をしましょう。

 

まとめ

好きな人に告白しよう!そう決める時の5つのきっかけ

・なんとなく相手の気持ちに気づいているから
・好きな気持ちが胸に溢れたとき
・デートを重ねたから
・ライバルが出現したとき
・自分の気持ちにけじめをつけたいとき

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!