好きな人へのメールで自分を印象づける5つの内容

好きな人へのメールで自分を印象づける5つの内容好きな人にメールをする時には、内容に気を付ける必要があります。内容によってはあなたに良い印象を持ってくれるかもしれませんし、その逆ということもあるのです。

好きな人に対してどのようなメールの内容を送れば良いのかということについて、一緒に考えていきましょう。



 

  好きな人へのメールで自分を印象づける5つの内容

 

その1 相手を大切に思いながらメールを書こう

相手のことを大切に思い気持ちをメールに書くことにより、それが相手に伝わることになります。どのような言い回しがいいのか分からないという時にはストレートに「大切に思っている」ということを書いてもいいのです。

そう書くことにより、好きな人とあなたとの距離がとても近くなります。大切に思われていることに対して嬉しい気持ちを持ってもらえる場合も多いでしょう。そして好きな人からもあなたを大切にしようと思ってくれるかもしれません。大切に思うということをメールの内容に入れるようにすることにより、好きな人への思いが自然に無理なく伝えることが出来るのです。

 

 その2 他の異性を褒める内容を書かない

好きな人へのメールで他の異性のことを褒めると、うまくいけば好きな人があなたを意識してくれて、やきもちを焼いてくれるということもあるでしょう。でもそれを良く思わないということもあるのです。

色々な異性とメールのやりとりをしていると、誤解をされてしまうこともあるかもしれません。恋愛の駆け引きをしていたつもりが失敗をしてしまうということもあるのです。自分がもしもそういうメールをもらったら、どういうふうに思うのかを考えることが大切です。

他の異性を褒めているメールを読んで嬉しいと感じる人はあまりいないはずです。逆に、なんでこんなメールをしてくるんだろうと不快に思われてしまう確率が高くなりますので、好きな人へのメールの内容としてはあまり良く無いと言えるでしょう。 

【スポンサーリンク】

 その3 寂しさや辛さも出してみる

弱いところを見せることにより嫌われたり引かれたりすると思い込んでしまっていませんか?そうでもないということも多いのです。辛さや弱さを見せたことにより、自分にだけこういう姿を見せてくれているのかも…と相手があなたのことを近い存在だと思ってくれる場合も少なくありません。

そして好きな人の方の辛さや弱さを見せてくれるようになるかもしれないのです。出来るだけ自然体でメールをするようにしましょう。嬉しい時には嬉しいと伝えればいいのです。そして辛い時には辛いという思いを書いてもいいでしょう。その上で好きな人がどういう対応をしてくれるか、それを見ることにしたらいいのです。自分らしさを抑えて相手の反応を見ても、二人の距離は縮まりにくいということが多いです。

 

 その4 ごめんねとありがとうを素直に書こう

ごめんねとありがとうが素直に伝えられる人はとても魅力的です。そのどちらもがとても大切な言葉だからです。そのどちらもちゃんと伝えてくれないということになると、好きな人からすると、あまり良い気持ちにはならないでしょう。

この人とのメールを続けるか悩む…というようなことにもなりかねません。自分を省みる気持ちを持ち、相手に対しての感謝の気持ちを伝えるようにすることで、この人は信頼出来るというように思ってもらえる確率が高くなります。

好きな人から信じてもらえるようなメールの内容にすることが必要です。誠実さをメールに出すということが大切なのです。そのためにはごめんねとありがとうを素直に書けるようにしましょう。素直に書くことが出来れば素直に言えることが出来る人だというように思ってもらえるはずです。

 

その5 好きだという気持ちをメールで示してみよう

好きだという気持ちをメールで示すのは難しいと考える人は多いです。堂々と書いてしまい引かれてしまうのが怖いということもあるからです。いつでも逃げ道を残しておくようにして気持ちを伝えるというようにする人もいます。

でも本来は好きな人の方に、逃げ道を残しておいてあげることが必要なのです。例えば友達でもいいからというように相手に伝えれば、相手は友達という逃げ道をもらうことになりますので、返事がしやすいです。好きな人のことを大切に思えば思うほど、相手に対して逃げ道を残してあげるような気持ちの伝え方が出来ることが理想的です。

もしも自分ならこういうふうに言われたらこう逃げることが出来る…というように思って、気持ちを伝えるようにしてみましょう。その思いは優しさとして、好きな人に伝わるはずです。そして好きな人から見るととても良い印象を与えることになるでしょう。

 

いかがでしたか?

好きな人へのメールの内容についてあまり深く考えすぎると、メールを送ることをいつもためらうというようなことになります。ある程度のポイントを抑えておけば、好きな人へのメールの内容はそんなに難しいものではありません。

でもメールの言葉一つで嫌われるということも、実際にあるわけですから一度読み返してから送るというような心の余裕は必要でしょう。

 

まとめ

 好きな人へのメールで自分を印象づける5つの内容

その1 相手を大切に思いながらメールを書こう
その2 他の異性を褒める内容を書かない
その3 寂しさや辛さも出してみる
その4 ごめんねとありがとうを素直に書こう
その5 好きだという気持ちをメールで示してみよう

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!