シングルマザーが恋愛をしたくなる5つの瞬間

シングルマザーが恋愛をしたくなる5つの瞬間近年増えているシングルマザー。できちゃった結婚の末、すぐに離婚をしてしまうという人や交際は順調だったけれど子供が出来た途端、育児方針がなかなか合わずに離婚をしてしまったと、色々な悩みや事情を抱えてシングルマザーの道を選ぶ人は年々増加しています。

しかしシングルマザーとなっても1人の女性であることにはかわりなく、彼女たちは離婚や子供がいるという環境の中でも、新しい恋を見つけて日々輝ける機会を探しています。

なぜシングルマザーの女性たちはどうしてそこまで恋愛に対して前向きになっていけるのでしょうか。今回はそんな、シングルマザーが恋愛をしたくなる瞬間について紹介していきます。



 

 シングルマザーが恋愛をしたくなる5つの瞬間

 

 その1:恋愛ドラマや漫画などを見た時

一度は結婚をして子供も生まれて離婚を経験して。それを経験していない人からみれば、シングルマザーの存在というのはあらかた人生の大部分を経験しているというイメージが強くあり、残りは子供と共に残りの人生を過ごしていくだけと思っている人も多くいるのではないでしょうか。

確かにシングルマザーは色々な試練を越えて今を生きているので、他の女性に比べて強くたくましいかもしれません。しかしそれでも、恋愛ドラマや漫画、映画などで素敵な恋愛シーンやときめくような告白シーンなどを見たときには、未婚女性と同じようにときめき、共感し、あんな恋愛をしてみたいなという願望を抱くものです。

恋愛をしたくなるきっかけに、恋愛モノをみて影響されてしまったと答える人は多くいると思いますが、シングルマザーも例外ではないということですね。

 

その2:育児に疲れたとき

シングルマザーの苦労というのは、女手ひとつで子どもたちを育てていかなければならないということ。結婚をしていれば旦那さんが働きにでて、妻は家を内側から守っていくというものが一般的ですが、シングルマザーの場合はその2つの役割を1人で担わなければなりません。

仕事で疲れ、心身ともに大変なときに育児もしなければならないとなると、可愛い我が子だとは思っていても疲労の対象になってしまうということも少なくありません。

そんなときに、一緒に育児を手伝ってくれる男性の存在や旦那さんの存在がいれば、こんな思いをしなくてもいいのにな、と思い恋愛をしたいなという気分になるみたいですね。 

【スポンサーリンク】

 その3:友人夫婦をみたとき

普段はシングルマザーとしてもバリバリと働いて、育児もしっかりとして、自分は1人でも大丈夫!と気合をいれている女性だとしても、友人夫婦を見た時には多少なりとも羨ましいなという気持ちになってしまうようですね。

恋愛ものをみたときは特になんとも思わなかったり、私は私テレビはテレビ、と割り切っている人だったとしても、自分の身近である友人夫婦が仲睦まじい姿を見てしまうと、一気に現実に引き戻されて、自分もやっぱり愛する旦那さんがほしいなと思ってしまうようです。

身近な人が自分にないものを持っているというのは羨ましくもあり、同時にどうして自分にはないんだろう?という疑問が生まれてきます。そんな考えから、新しく恋をして自分自身も友人のように幸せをつかむんだ!という意気込みに繋がっていくということですね。

 

 その4:自分の体調が崩れたとき

シングルマザーの負担というものはかなり大きいもので、普通に子育てをしている主婦と比べて何倍も身体を壊しやすく脆い存在だと言えます。しっかり働かないと行きていけない、子どもたちを養っていけないという日々のプレッシャーは身を常に固くする理由になり、いつでも気が抜けないという状況を創りだしてしまいます。

そんな状態が続けば一気に体調は崩れてしまい寝込んでしまうことに。人はいくつになっても、自分自身の体調が崩れてしまった時には心細くなり人肌が恋しくなってしまいます。

可愛いお子さんが看病をしてくれていたとしても、やはり自分自身が守らなくてはならない存在であることには変わりなくどこか素直に気を休めるということは難しいでしょう。そんなときに思いっきり肩の力を抜いて、弱っている自分を支えてく看病してくれるような存在があればいいなぁと思い、その瞬間に恋愛をしたくなるということもあるみたいですね。

 

 その5:素敵な男性に出会ったとき

シングルマザーの人の中には、一度離婚をした身なのだから恋愛は無縁だと思っている人も多くいるようです。自分は働いて子供を立派に育てるのが役割!と意気込んでいても、不意に訪れる恋の足音からは逃れることはできません。

ふとした瞬間に素敵な男性に出会ってしまったり、普段なんとも思っていない男性から優しくされたり、はたまた自分とは無縁だと思っていたのに女性扱いをされてしまうと、普段女性であることを自分自身で意識していない分、はっきりと男女の関係を意識してしまうということもあるようです。

そうとなってしまえば自分はまだまだ女性であることを自覚し、忘れていた感覚を思い出させて気付かせてくれた男性にあっという間に恋に落ちてしまうということもあるみたいですね。

 

いかがでしたか?

シングルマザーというと人生経験が豊富なイメージであったり、シングルマザー自身の女性であることを忘れているという人が多くいます。しかしそれは自分自身や周りの思い込みから生まれる想像なだけで決して、その人自身の魅力が失われてしまったわけではなく、タイミングさえあえばいつでも恋愛は始まるもの。

シングルマザーだからといって、子供がいるからといって、恋愛に対して臆病になってしまったり諦めてしまう人はまだまだそう思うのも早いかもしれませんね。

 

まとめ

 シングルマザーが恋愛をしたくなる5つの瞬間

その1:恋愛ドラマや漫画などを見た時
その2:育児に疲れたとき
その3:友人夫婦をみたとき
その4:自分の体調が崩れたとき
その5:素敵な男性に出会ったとき

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!