恋愛依存にならないようにするための5つのポイント

恋愛依存にならないようにするための5つのポイント恋愛依存になっている人は、自分でそうなっていることに気が付いていないことが多いです。言動においてこれは当然のこと、というように思ってしまっているからです。私は恋愛依存かも?というように思っているうちは、まだ大丈夫です。

恋愛依存になる前に自分自身を見つめ直すことが必要です。今回は恋愛依存にならないようにするためにはどうしたらいいのかということについて、一緒に考えていきましょう。


 


 

 恋愛依存にならないようにするための5つのポイント

 

その1 恋愛が無い世界を想像してみましょう

恋愛をよくする人は、想像力がある人が多いです。でももしも世の中に恋愛というものが無いということを想像した時に、想像することが出来るでしょうか。もしもそんなことは考えられない!というように思うのであれば、恋愛依存の傾向があるかもしれません。

恋愛が無くては生きてはいけないというように言う女性や、いつも彼女という存在が無いと落ち着かないというような男性がいます。こういう場合は恋愛依存になりやすいので少し注意が必要です。

恋愛が無い世界がもしあっても、充実した日々を過ごすことが出来るというように思えれば、恋愛依存になる確率はかなり低くなるでしょう。一度想像力を働かせてみて、恋愛の無い世界にいる自分を想像してみるようにするといいですね。

 

その2 自分磨きを自分のためにしましょう

恋愛をしている人は、自分磨きに余念が無いということが多いです。でもその自分磨きは好きな人のため、恋人のために行っていることが多いでしょう。それはそれで良いのかもしれませんが、もしもその対象がいなくなってしまったら、自分磨きもそこでストップしてしまうことになります。

自分磨きは自分のためにするというように決めておけば、もしも恋愛対象が目の前からいなくなってしまっても、自分磨きを続けることが出来るのです。そして恋愛依存というようなことにもなりにくくなります。

出来るだけ自分のために自分をケアして、向上できるようにしてみましょう。そうすることにより恋愛をしていなくても、自分らしく自然体で生きていくことが出来るはずです。

 

その3 理想の恋人像を崩さないようにしましょう

恋愛依存になると、好きな人がいないと日々なんだか元気が出ないということになるようです。でもだからといって身近なところで好きな人を見つけるようなことは、あまり良いこととは言えません。

妥協ばかりをしてしまうことになるからです。ある程度の妥協は柔軟性にもなりますので悪くないのですが、恋愛がしたいということを理由に理想の異性像のハードルをどんどん下げてしまうことは避けたいことです。

自分の理想としている異性像を大切にする必要があります。理想の恋人像をきちんと持っていれば、多少恋愛から離れても不安になることが少なくなります。理想の恋人像が無いと、恋愛から離れることにより自分はまた恋愛が出来るのだろうか…と不安になってきてしまうのです。そうならないようにするためには、理想の恋人像をしっかり持っておいた方が良いでしょう。 

【スポンサーリンク】

その4 恋愛が一番大切!にならないようにしましょう

何よりも恋愛が一番大切ということになると、恋愛を失った時にとても辛いです。自分のために転ばぬ先の杖をいくつか用意しておいてあげるのも良いことではないでしょうか。例えば恋愛と同じくらい趣味を大切にしていたり、仕事と恋愛を上手に両立していたりするというような人でしたら、恋愛依存にはなりにくいです。

何があっても恋愛を優先させるというような生き方をしていると、恋愛がうまくいかなくなった時に、とても辛い思いをすることになります。そして立ち直るためにまた誰か恋愛対象を見つけるということの繰り返しになるのです。

少し時間を開けた方が良い場合もありますので、焦って恋愛対象を探すようなことが無いように、恋愛を自分の中の優先順位のあまり高い場所に置かない方が賢明かもしれません。

 

 その5 恋愛をしなくても魅力的になれます

恋愛をしていない自分は魅力が無いと思い込んでしまうと、恋愛依存になりやすくなります。恋愛をしていない自分に自信が持てないことになるのです。恋愛をしている自分、していない自分、どちらの自分もかけがえの無いあなた自身なのですから、自信を持っていてほしいと思います。

そして恋愛をしていない自分を責めるようなことをせずに、そういう休息期間もあった方がいいというように余裕を持つようにしましょう。そうすることで理想的な相手と出会える確率が上がります。

いつも話を聞いてくれていた人が恋愛対象になるということも、よくある話です。でもそれには少し時間がかかるのが普通でしょう。でも恋愛相手が欲しいということから焦って、恋人候補にしてしまわないようにしましょう。

恋愛をしていない自分も、大切な自分なのですから自信を持っていてください。

 

いかがでしたか?

恋愛依存という言葉を聞くと、恋愛で病気になるの?と心配になる人もいるかもしれません。でも人は恋愛だけではなく、何かに依存していることが多いのです。それに気が付いている人もいれば気が付かない人もいます。

恋愛依存においては結果として、幸せになりにくいということがありますので、本当に好きな相手を見失わないようにするためにも、少し恋愛を自分から離して見ることが出来るようになりたいですね。

 

まとめ

恋愛依存にならないようにするための5つのポイント

その1 恋愛が無い世界を想像してみましょう
その2 自分磨きを自分のためにしましょう
その3 理想の恋人像を崩さないようにしましょう
その4 恋愛が一番大切!にならないようにしましょう
その5 恋愛をしなくても魅力的になれます

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!