他好きをしてしまった…でも忘れられない5つの女性心理

他好きをしてしまった…でも忘れられない5つの女性心理他好きをしてしまって、複雑な気持ちに悩まされた経験がある人もいるのではないでしょうか。恋人がいるにも関わらず、他好きをしてしまえば罪悪感に押しつぶされてしまいます。

他好きによって気になる人が出来れば、四六時中その相手の事を考えてしまう事もあるでしょう。また、他好きをしながらも恋人の事が忘れられずに悶々としてしまう事もあるでしょう。他好きは相手がいるからこそ起こるものでもあるので、ほとんどの場合は悩んでしまうと言えます。

そこで今回は他好きをしてしまった女性心理について注目。気になる人の事も、恋人の事も忘れられない。そんな複雑な他好きの女性心理について紹介をしていきます。


 


 

他好きをしてしまった…でも忘れられない5つの女性心理

  

愛したいという気持ち

 他好きをしてしまった人の特徴には、今の恋人に対して満足をしてしまっている、愛し愛し合う事が当たり前になってしまっていて、それがマンネリ化をしてしまっている状態であるという事が挙げられます。

他好きをすると言う事は、その新たな相手を愛する事が出来るというもの。恋人の事は愛しているからこそ忘れられないものですが、愛をすでに受け止められている状態で愛するのと、愛を受け入れられるかわからない状態で愛するのとでは刺激が違います。後者のほうがよりスリルや刺激がありますし、どきどき感もあるでしょう。

マンネリ化をした場合、誰かを愛したいという欲求が強くなってしまうと他好きをしてしまう可能性がどんどん高くなると言えるので、愛したいからこそ他好きをしてしまうと言っても過言ではないでしょう。

 

 愛されたいという気持ち

 愛したいという気持ちと同じく、自分の事をもっと愛して欲しいという欲求が強くなってしまうと、恋人だけでは満ち足らず、他の異性へと愛を求めて他好きをしてしまう事もあります。

愛の形は人それぞれ異なるものでもある為、好奇心からこの人はどんな愛し方をしてくれるのだろう?と考えてしまい、そこから他好きをしてしまう事もあるのです。特に女性の場合は愛されたい願望が強い人も多い為、恋人からの愛情不足を感じてしまうと、他好きをして愛を求めてしまう事があります。

愛してくれる人がいれば当然そんな甘い誘惑は忘れられるわけがありませんし、見たことのない刺激は魅力的で、恋人の事が好きだったとしても、他好きした相手の事をなかなか忘れる事が出来ないという状態に陥ってしまうのです。

  【スポンサーリンク】

パートナーがいなくなるかもしれない不安

 他好きをした場合、ほとんどの人は罪悪感に見舞われるでしょう。それと同時に、他好きをした事がバレてしまったら恋人に愛想を尽かされてしまうのではないか、振られてしまうのではないかという心配が頭を巡ります。他好きをした場合、その人に夢中になるのであれば気持ちは楽なものですが、恋人がいて罪悪感を抱くという事は、少なからず恋人に対しての愛情や側にいたいという意思があるという証。

他好きをした相手に夢中になりたいものの、その恋が叶うかもわかりません。今大事にしてくれる恋人を手放してしまえば、自分はひとりぼっちになってしまうのかもしれないという不安な気持ちも生まれてきます。他好きは一種の浮気でもあるため、バレてしまう事や他好きをした人に夢中になる事によってパートナーがいなくなってしまうかも…と強い不安を抱えてしまう事もあるのです。

   

とにかく幸せになりたいという願望

 恋愛体質の人に多いのが、とにかく恋愛で幸せになりたい、恋愛はハッピーエンドを迎えたいという考え。他好きは好きになってしまったのだから仕方がないと思うものの、恋人への気持ちが薄れたわけではないので、どちらも忘れる事は出来ません。あわよくば両方から幸せを貰えれば良いと考えているので、忘れられないというよりかは忘れる気がないとも言えます。

とにかく自分が幸せになれれば良い、バレなきゃ問題ないという考えなので自分勝手な真理が目立つパターンとも言えますが、案外この手のタイプは頭の回転が早い事もあるのでバレずに本命である恋人と付き合いつつ、他好きをした人とは適度な距離を保って飽きたら距離を開けるという行為を繰り返している事もあります。

ただ恋愛について必死過ぎる一面もあるので、バレてしまい、一気に幸せ状態から地獄へ落ちてしまうことも多いタイプとも言えるでしょう。

  

独占欲

 好きになった人、気になった人には少なからず独占欲が湧いてしまうのも人間の性だと言えるでしょう。恋人は自分と付き合っている限りは誰かに取られる心配はとりあえずないので安心出来るものですが、他好きをしてしまえば自分のものではない為、他人に取られてしまう可能性が出てきます。それを考えると、他好きをしたという恋愛感情よりも独占欲のほうが盛り上がってしまい、それがきっかけでなかなか忘れられない、気になる存在になってしまう事もあるのです。

完全に意地によって忘れられない状態であり、夢見がちなところもある為、他好きをしていた人に特別な人が出来てしまった場合には失恋をしたように落ち込む事もありますが、本命の存在によってすぐに持ち直す事が多いでしょう。

  

 いかがでしたか?

他好きをしてしまうというのは大抵の場合罪悪感に悩まされる事になるでしょう。それは恋人の事が好きだから、バレてしまう事によって関係が変わってしまう恐れを感じるからだと言えます。

一度好きになった、気になった場合、その人を簡単に忘れる事は出来ません。それは恋人がいて他好きをした場合も当てはまる事です。忘れられない事は恋愛ならば当たり前の事なので、あえてその状態を受け入れる事によって、すんなりと他好きをした相手の事を忘れる事が出来るかもしれません。逆に他好きをしてしまったと意識をしてしまえばしてしまうほど、忘れられなくなってしまうので注意が必要です。

  

まとめ

 他好きをしてしまった…でも忘れられない5つの女性心理

・愛したいという気持ち
・愛されたいという気持ち
・パートナーがいなくなるかもしれない不安
・とにかく幸せになりたいという願望
・独占欲

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『エレメントタロット』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!