目を整形したいと思う5つのきっかけ

目を整形したいと思う5つのきっかけ目の形は人それぞれですが、かわいい人やきれいな人に共通しているのはぱっちりとした目であったり、きれいで形のいい目であったりする人が多いです。

メイクをしながら、「もう少し目が大きければ…」と、鏡に映る自分の目を見て、整形を考えたりする人もいるのではないでしょうか。人はどういったときに、目を整形したいと思うこともあるでしょう。それらのきっかけについて考えてみました。



 

目を整形したいと思う5つのきっかけ

 

その1 憧れのモデル、女優さんをみたとき

雑誌モデルであったり、テレビで活躍する女優さんを見るたびに、自分の好きな顔立ちで、目の雰囲気を持っている人であると、いつのまにか強い憧れが生まれていて、「こういう目になれば、私も変われるかもしれない」と思って整形したいと考えることがあるのかもしれません。

特に人気モデルになれば、たくさんの洋服を着こなし、さらに突然メイクを変えただけで、大人っぽくも色っぽくもなれる人がたくさんいます。そういうときに重要なのが目のメイクです。目が印象強く、目の形がよければよいほど、どんな自分にもなれる気がする。そう思うと、目の整形に強い憧れを持ち始めます。人は目の印象によって大きく雰囲気を変えるものなのです。

 

その2 なりたい顔がある

次に、目を整形したいと思うきっかけは、「なりたい顔」があるときです。これも、モデルや女優さんを見て憧れた女性たちが、「私も彼女みたくなりたい」と思って、まず色んなものを真似てみます。着ている洋服であったり、髪型やメイク、持ち物と好きになればなるほど同じでいたいという気持ちが強くなります。そうしているうちに、同じような目をしていたら、もっと憧れのモデルや女優さんの顔になれるのではないかと思って、目を整形したいと考え始めるのです。

今では、ものまねメイクというもので、本人そっくりのメイクになれる技もあるほどです。憧れの顔になりたい女性の夢をメイクで叶えてくれるものまねメイク。ですが、ものまねをしているうちに、本当に顔自体が同じになりたいと思ってしまうのです。

 

 その3 目力が欲しいとき

つけまをする、まつ毛エクステをしている、マスカラはボリュームが命であるなど、目力は女性にとって、もっとも力を入れるメイクのポイントです。ぱっちりとして大きな目であるほどかわいい印象を与え、目力があるほど男性にもモテる気がします。なので日々、アイメイクに時間をかけ、目が決まらなければ一日が憂鬱になるくらい重要視してしまいますよね。

毎日のメイクを繰り返していくうちに、自分の目のかたちを知ってきます。自分の目のかたちの長所をいかし、また短所をメイクで補うなど、女性ならアイメイクの技をたくさんもっていることでしょう。ですが、メイクでは補いきれない自分の目の短所に我慢ならなくなった時、目の整形を真剣に考えるのです。

目は白目と黒目の比率で、大きな目の印象が決まるともされていますが、人それぞれであり、目尻から目がしらまでの長さも長いほど大きく、また、涙袋の部分がより広いと目も大きいとされます。

白目と黒目の大きさは整形ではどうにもなりませんが、目の長さであったり、涙袋などは整形をすることで変えることが出来ます。そうすることによって生まれる目力には、自分の人生を変えるほどの威力を持つため、目の整形は誰もが憧れる部分なのです。

【スポンサーリンク】

 その4 好きな人のタイプになりたいから

好きな人が出来て、好きな人に近づきたいけど、好きな人は自分がタイプではないだろうと、そう思うとき、私たちは自分に自信を持つことが出来ません。特に好きな人のタイプの女性を知っていると、かけ離れている自分の容姿や顔に、その時点で恋を諦めてしまう人もたくさんいるのです。けれど、その人が自分にとってとても大きな恋心を持ってしまうほどの人だったら、諦めたくても諦めきれないものです。何とかして、好きな人のタイプの女性になりたい。そう願うのもまた、女性です。

そんな時に、目の整形を考える人もいることでしょう。もちろん、今までの自分とは変わってしまいますが、好きな人に印象を持ってもらえるなら、劇的に変わってもっと自信を持ちたいと思い、目を整形する人はそれで自分への自信をつける人もいるのです。人は中身も大切ですが、はじめは外見で判断されがちなのです。もし、自分の目が変わることで、自分に大きな自信をもった人生になると思ったら、目の整形は決してない話ではないのです。

 

 その5 もっと魅力ある女性になりたいから

最後はやはり女性としての魅力を磨きたいために目を整形したいと思うことです。理想の女性像、憧れのスタイルを誰でも持っていると思いますが、目を整形することにはとてもシンプルに考えていて、整形する人が多いということです。「目を大きくすれば、もっと変われる」。そう思い自分を信じて、目の整形をする人は成功します。

 

いかがでしたか?

日本は、まだまだ整形したことに対して、オープンにしない雰囲気が強いですが、韓国では整形大国といわれ、誰もが何かしらの整形をしているとも言われています。考え方違いではありますが、整形することによって自分になかった自信を持つことが出来るのなら、それも立派なひとつの方法なのです。

あなたは、なりたい女性像を持っていますか?

 

まとめ

目を整形したいと思う5つのきっかけ

その1 憧れのモデル、女優さんをみたとき
その2 なりたい顔がある
その3 目力が欲しいとき
その4 好きな人のタイプになりたいから
その5 もっと魅力ある女性になりたいから

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!