嫌われたい心理に潜む5つの気持ち

嫌われたい心理に潜む5つの気持ち嫌われたい心理ってどんなものなんだろうと、自分自身でも悩んでしまうことはありますよね。嫌われたいと思うということは不思議な感情で、その中にはどんな心理があるのか。

自分自身が嫌われたいと思っていたり、他人が嫌われたいと思っていたりする様子を見かけると理解しにくいものです。そこで今回は嫌われたい心理に注目。嫌われたい心理にはどんな気持ちが潜んでいるのかを、お伝えしていきましょう。



 

嫌われたい心理に潜む5つの気持ち

 

相手と関わりたくない

嫌われたい心理の中で最もわかりやすい心理と言えば、相手に関わりたくない、相手を嫌っているという強く決定的な感情でしょう。

相手と関わりたくないと思っていたり、相手のことを嫌いだと思っていたりすると、出来るだけ関わりがないようにしたいもの。

相手から嫌われたほうが余計な労力を使わずに済むのに…と思ったことがある人は多いでしょう。

相手が自分に対して好意を持っている場合、こちらが嫌われたいと思うほど相手に対してマイナスなイメージを持っていたとしても、接触は避けられません。

最初は悪い気がしていたとしても、次第に空気を読んでほしいなどの心理が出てきてしまい、いっそ嫌われたいそのほうがお互い楽なのに…と思ってしまうのです。

 

嫌われるのが怖い

嫌われたい心理には、嫌われるのが怖いという嫌われたい心理とは裏腹の心理も隠れていることがあります。

特に人付き合いが苦手な人や、相手の気持ちを読み取るのが苦手な人の場合は、相手が自分をどう思っているのかがわかりにくいことも。

突然嫌われて突き放されるよりも、いっそ早いうちに嫌われたほうが、心の傷が浅く済むと考えるのでしょう。

確かに自分自身が相手を好きになっていく中で相手から急に突き放されたら、傷はとても深く、人によってはトラウマになってしまうこともあるのです。

それなら関係がこれ以上深くならないように、まだ自分がただの好きという感情だけでいる間に嫌われたい、と思ってしまう思いもあるでしょう。

この嫌われたい心理は特に恋愛に多く見られるものなので恋をして相手の気持ちがわからなくなった経験がある人は、一度は経験したことがある心理だと言えるでしょう。

 

好きでいるのが辛い

嫌われたい心理には好きでいるのが辛いからこそ、いっそ相手から嫌われたい、そして突き放されたいと思うものがあります。

特にこれは片思い中に多い心理だと言えるでしょう。片思いをしている時、そして相手との恋愛成就の可能性が低い、または自信がない場合などはこの心理に陥りやすいもの。

これ以上好きになりたくない、好きになり続けても不安になるだけ、この想いが叶わないのならいっそ嫌われたいという心理は辛く切ないもの。

片思いをしたことがある人なら、一度は抱いたことのある心理だと言えるでしょう。自分の意思では相手を諦めることが出来ない、だからこそ相手が突き放してくれたら諦められるのに。そんな切ない心理が嫌われたいという願望に繋がっていくのです。

【スポンサーリンク】

自分に自信がない

嫌われたい心理には、自分に自信がないというものもあります。自分に自信がない、自己評価が低い人にとって他人の視線というものはとても怖いもの。

他人にどう思われているかわからない、表向きは仲良くしてくれているとしても裏では辛辣なことを言われているのかもしれない…。

自分に自信がないからこそ他人の評価が気になってしまい、それならいっそ最初から嫌われておいたほうが気持ちも落ち着くという、マイナス思考に陥ってしまっているのです。

 

相手の気持ちがわからず不安でいっぱい

嫌われたい心理には恋愛や友情関係なく、人付き合いの中で他人の気持ちが見えないと不安に感じる気持ちもあります。

それなら最初から嫌われておいたほうが不安に陥らないのに…という不安感から嫌われたいと思ってしまうケースも。

この心理は他の嫌われたい心理を詰め合わせたようなものであり、他人からの評価が気になり自己評価が低いため、常にマイナス思考になってしまっているのです。

この心理の人は、とにかく物事のほとんどをマイナスに捉えてしまうことが多く、周囲の人もその振る舞いに疲れてしまい、実際に嫌われてしまうということもあるでしょう。

 

いかがでしたか?
嫌われたい心理は、相手に対して嫌いという思いがある場合もありますが、ほとんどは自分の気持ちが落ち着かない、不安や心配など。

相手の心理や気持ちが見えないからこそ焦燥感を持つので、悩むくらいならばいっそ嫌われたいという、自暴自棄にも似た心理が出てくるのです。

嫌われたいという心理の大半は、本当は嫌われたくないという反対の気持ちでしょう。もし嫌われたいと思うような相手がいた場合、本当に相手から嫌われたいのか、自分の素直な気持ちをもう一度見つめてみることが大切です。

 

まとめ

嫌われたい心理に潜む5つの気持ち

・相手と関わりたくない
・嫌われるのが怖い
・好きでいるのが辛い
・自分に自信がない
・相手の気持ちがわからず不安でいっぱい

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!