子供嫌いかもしれない…そう思った時の5つの対策法

子供嫌いかもしれない…そう思った時の5つの対策法子供嫌いかもしれない…と感じてしまうと、自分が冷たい人間なのだろうかと考えてしまうことや、今後結婚して子供を産むことになったらしっかりと育てていけるのだろうか…と漠然とした不安感に襲われてしまうこともあります。しかし子供嫌いと思ってしまうということは、それが自分の中の嘘偽りない本音であることもあり、それを否定することは自分自身を否定してしまうことにも繋がります。

今回はそんな子供嫌いかもしれない…と思った時の対策法について5つのことを紹介。子供嫌いかもしれないけど、どうにかしないといけない、将来のことを考えて何か対策を考えておかないといけない…という人は是非チェックしておきましょう。


 


 

子供嫌いかもしれない…そう思った時の5つの対策法

  

子供嫌いを否定しない

 子供嫌いかもしれない…と思うと、様々な不安が浮かんでくるでしょう。自分は冷たい人間なのかもしれない、心が狭いのかもしれない、もしかしたら結婚をすることが難しいかもしれない…など。しかし人には当然食べ物でもあるように、好きや嫌いと好みがあるものなので、子供嫌いだとしてもそれは何ら不自然なことではないのです。

子供嫌いというのが自分の価値観や好みなのは事実であり、おかしなことではありません。子供嫌いだから冷たい、心が狭いとも言えません。完全にその人個人の価値観の問題なので、子供嫌いかもしれないと思った時には下手に自分を否定しないで、子供嫌いであることを自分の中で認めることが大切です。

 

 何故嫌いになったのかを考える

 何故子供嫌いかもしれない…と思ったのでしょうか?子供に対して苦手意識や嫌いだと思うところや感じるところがあったからこそ、子供嫌いかもしれないという考えに至ったのだと思います。

子供嫌いのままで良いというのであればそのままでも問題ありませんが、もし子供嫌いだけど将来的に対策法や最低限関われるようにしていきたいと思うのであれば、子供嫌いと思った理由を考えましょう。理由がわかれば対策法や接し方も考えられるので、何故子供嫌いなのかということを考えてみましょう。

 

 視点を変えて子供を見る

 子供はうるさい、面倒くさい、危険だ。子供嫌いの原因はたくさん浮かんでくると思います。確かに子供はうるさく面倒くさいもので、時には危険なことを危険とは知らずに危険なことをします。

しかし視点を変えてみると、子供への考え方も変わっていきます。例えば子供がうるさいのは何故なのかと考えてみると、子供は表現や言葉の種類が少ないという点を踏まえてみると「自分が出来る精一杯の言葉や表現で周りにアピールをしている」という考え方をすることも出来ます。面倒くさいというのも、子供は小さく出来ることが限られているため、誰かの手を借りなくてはいけないこともあります。危険なことをするのは、危険だと知らないからという、ただ人生経験が浅いからなのです。

それでもうるさい、面倒くさい、危険だということは変わりませんが、ただ嫌いだと決めつけるのではなく、少しでも接していくならば、どうしてこういうことをするのかという視点を変えて子供を見てみましょう。

  【スポンサーリンク】

子供だから仕方がないと割り切る

 子供は出来ることが限られています。生まれてたった数年、ほとんどの子供の場合は経験や知識もないため、判断力や思考力もありません。言葉も知りませんし、力もありません。もちろん身長もないため、高いところに手も届きません。

このように、子供は出来ることが少ないのです。出来ることが少ない、限られた制限の中で精一杯関わろうとしているため、常識に欠けたことが出てしまうのも当たり前のこと。

なので、子供はそういうものだと割り切ることが大切。子供嫌いな人は、どこか子供に対して大人のような振る舞いを要求してしまっていることも多くありますが、絶対にそれは不可能なことなので、子供だから仕方がないと子供のやることに対してはある程度の諦めや割り切る気持ちが大切です。

  

子供の良いところを見つける

 子供嫌いな人は、子供は嫌いなところばかりだと決めつけてしまっていることもあります。確かに嫌いだと思ったモノや人に対しては、そのモノに対しての欠点しか目に入らないのも事実です。

しかし子供嫌いをどうにかしたいと思うのであれば、子供の良いところを見つけるように心掛けてみましょう。また子供がうるさいことに関して、子供は元気が良いという考えを変えてみることもいいですし、子供の素直なところや、いつでも全力なところは大人にはない魅力でもあります。

子供を見つめ直してみると、子供のいいところを知ることが出来たり、時には子供から学ぶこともあります。子供の良いところを見つけて、子供嫌いを少しでも克服していきましょう。

  

いかがでしたか?

子供嫌いと思うと、色々なことを考えてしまうでしょう。確かに世間一般的には、子供嫌いに対しての視線はあまり優しいものではありませんし、将来的な不安を抱かれることもあります。

しかし子供嫌いは変なことではありません。好き嫌い、好みが出ることは当然のこと。その中でも子供嫌いをどうにかしたいと思うのであれば、今回紹介した対策法を参考にして、子供との距離感を縮めてみましょう。

  

まとめ

 子供嫌いかもしれない…そう思った時の5つの対策法

・子供嫌いを否定しない
・何故嫌いになったのかを考える
・視点を変えて子供を見る
・子供だから仕方がないと割り切る
・子供の良いところを見つける

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『エレメントタロット』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!