不倫の悩みでよくある5つのもの

不倫の悩みでよくある5つのもの不倫の悩みと聞くと、それなら不倫をやめればいいじゃないと思うものかもしれません。確かに奥さんや旦那さんがいる相手との不倫は決して許されるものではなく、幸せになれる将来というものは存在しないに等しいものです。しかしそれでも恋の暴走は止められずに不倫をしてしまい、様々なことに悩んでしまう人がいるのも事実。

そんな不倫をしている人は、どんなことに悩んで苦しんでいるのでしょうか。周りには話すことも出来なければ、幸せになれることなんてほとんどない不倫。今回はそんな不倫の悩みでよくあるものを5つ紹介していきます。



 

不倫の悩みでよくある5つのもの

 

不倫をやめたい

不倫をしている人は、自分から進んで不倫をしている人もいれば、成り行きで不倫関係になってしまった人もいます。多くの人はやはり不倫に対しては良いイメージを持っておらず、不倫をしている人の中にも不倫は良くないし、出来ればやめたいと考えている人も多いのです。

バレてしまったりすると、人間関係など自分自身の環境が壊されてしまう危険性もありますし、慰謝料などのことを考えるとハイリスクすぎる不倫。しかし不倫関係になってしまうと、なかなか相手との普段の関係上不倫関係を解消出来なかったり、相手のアピールが強くて拒否をしても拒みきれないことも。

リスクを考えるなら早くも不倫をやめたいけどやめられない、しかし誰にも相談をすることが出来ない話題でもあるために、不倫の悩みとしてはトップレベルのものと言っても過言ではないかもしれません。

 

相手のことが好き過ぎて辛い

不倫で怖いのは、相手との関係にさらに深く沈んでしまうこと。まるで底なし沼のように入ったら抜けだせない不倫は、相手と関係を持てば持つほどに好きになってしまうことが理由として挙げられます。

相手のことを好きになり過ぎてしまうと、当然少しでも一緒になりたいと思うようになり一緒にいればいるほどさらに好きになります。さらにその一時の甘い言葉も本気で受けてしまうため、「君が一番」なんて言われれば信じてしまうこともあるのです。

例えば不倫ではなく、単なる恋愛だったとしたら、好きな相手がいたら思い悩み辛くて苦しむこともありますよね。不倫の沼にハマってしまった人にとって、不倫というよりは好きになった人が既婚者だったというだけのこと。そのため不倫の悩みというよりかは、奥さんや旦那さんというライバルがいて、恋愛の悩みに近いと言っても過言ではないかもしれません。

 

バレるのが不安

不倫は楽しいけれどバレたときが不安というのは、不倫をしている人であれば誰もが思うことかもしれません。不倫をしている時は夢を見ているようなそんな感じで、幸せで心地よい時間かもしれません。しかしバレてしまうということは、夢から目が覚めて現実を見るということ。そこに待ち受ける現実というものは厳しく険しいものであることはわかりきっているものなのです。

バレてしまえば周りから非難されることもあるでしょうし、多額の慰謝料を請求されることもあるでしょう。さらに不倫というイメージがついてしまうため、今後恋愛をしたいと思っても出来ない場合もありますし、不誠実であるということで友人から縁を切られてしまうこともあるでしょう。

不倫をしてしまった時点で、バレてしまえば不倫期間がたとえ短かったとしても周りからはいい反応がこないことは明確な事実。バレてしまうことで失うものが多いことは容易に想像が出来るだけに、バレてしまうことが不倫の最大の悩みと言えるかもしれません。

【スポンサーリンク】

将来性がない

どんなに相手のことが好きだったとしても、その恋に将来性はありません。不倫から自分の元へ相手が来て、運良く結婚ができたとしても、相手は不倫をするような人間であることは変わりなく、次は自分が不倫をされる立場になる可能性もかなり高いものなのです。

しかしほとんどの場合不倫にそこまでの将来はなく、ほとんどバレて終わるか、誰にも打ち明けられずに捨てられて終わってしまうか、そんな悲しい結末しか用意されていません。相手のことがどんなに好きだったとしても、自分がどれほど愛していると言っても、それは無意味なものへとなってしまうのです。

将来性がないことがわかりきっている恋愛ほど苦しく辛いものもないですし、不倫をしている立場上応援してくれる人もいないため、先行きが真っ暗で恐怖すら感じてしまうほどに悩んでしまう悩みだと言えます。

 

結局は「不倫相手」でしかないこと

相手のことをどんなに思っていて、尽くしていたとしても、それが実を結ぶということはほとんどないのが不倫なのです。人は誰もがその人の一番になりたいもので、不倫をしていると若干相手の奥さんや旦那さんへの優越感を浸ることもあるかもしれませんが、相手が帰る場所は自分のもとではないことを感じると、虚しさがこみ上げてくるものです。

友人や仲の良い知り合いならば今後も関わっていくことが出来るかもしれませんが、不倫相手というのは相手の一番大切な人にもなれなければ、友人になることも出来ません。結局は遊びの恋愛だったり、不倫相手でしかないということを感じるようになると、不倫をしていることに対して様々なことを思い、悩んでしまうのです。

 

いかがでしたか?

不倫の悩みはその辛さに関しては不倫をしている人にしかわかりません。その不倫相手との普段の関係が絡んでいたり、自分の気持ちによって不倫の悩みの辛さは増すものですし、悩みも様々なものになっていきます。

不倫の悩みの中で最も辛いものは、人には言えないことと言えるかもしれません。今回紹介した5つの悩みは不倫の悩みではあるものの、その悩みすら誰かに打ち明けることが出来ないというのは本当に辛いもの。誰にも打ち明けられないということは、不倫はやっぱり幸せになれないということを最も実感できることかもしれませんね。

 

まとめ

不倫の悩みでよくある5つのもの

・不倫をやめたい
・相手のことが好き過ぎて辛い
・バレるのが不安
・将来性がない
・結局は「不倫相手」でしかないこと

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!