よりを戻したい!そう思う5つの時

よりを戻したい!そう思う5つの時よりを戻したいと思う時は、どういう時なのでしょうか。実際に今まで付き合い、そして別れてしまった相手と、よりを戻したいと思う時は結構あるはずです。今回はどのような時によりを戻したいと思うのかについて、一緒に考えていきたいと思います。



 

よりを戻したい!そう思う5つの時

 

その1 写真が出てきた時

携帯で写した写真やデジカメで撮った写真をたまたま見つけた時に、あの頃は良かったな…と相手のことを思い出すことになると思います。そしてそういう時に、よりを戻すことが出来たらいいのに…という気持ちにつながることになるのです。

その写真を見なければ相手のことを思い出さなかったかもしれません。でもその写真が、あなたの中の眠っていた感情を呼び覚ましてしまったというようなこともあるのです。そういう中で、相手とこれからどうやってよりを戻したらいいのかについて考えることになるでしょう。

でもまずは相手のことを本当に好きなのか、あの頃の思い出にただ浸っていたいだけではないのかということを自分自身で再確認する必要があります。それが分かった時点で相手に連絡をするかどうかを決めればいいでしょう。

 

その2 なんだか寂しい気持ちになった時

今特に好きな人もいなくて、恋人もいないという時に、ふと寂しい気持ちになることがあります。そんな時に以前付き合っていた人のことを思い出すこともあるかもしれません。そしてあの時はとても幸せだったな、連絡でもしてみようかなというように思うこともあるでしょう。

寂しさに背中を押されて、思わず連絡をしてしまったということでも良いのではないでしょうか。それも一つのきっかけです。寂しい時に思い出すのが昔の恋人ならば、まだ心の中にその存在が大きく残っていることになります。

自分にとって相手が大切な存在だというように思うのであれば、一度連絡を取ってみてもいいかもしれません。寂しい気持ちを素直に伝えてみるのも良いと思います。

 

 その3 思い出の品を見つけた時

相手からのプレゼント見つけたり、一緒に行った映画のチケットを見つけたりした時に、以前付き合っていた恋人のことを思い出すことになるかもしれません。そして出来ればよりを戻したい、楽しかったあの時間をもう一度過ごしたい!という思いを強く持つことになるかもしれません。

思い出の品を捨てることが出来なかったという時点で、心の中に相手の存在がまだあるということは事実なのです。そしてそれを見てよりを戻したいというように思うのは当然の感情かもしれません。

相手にそれとなくメールをしてみたり、電話をしてみても良いですね。例えば思い出の品が出てきたから…というような話から入ってみてもいいと思います。それで相手のことを思い出したということを素直に伝えればいいのです。ここで多少の駆け引きは要りますが、あまりにも駆け引きを上手にすることにより、返って不自然になりますので、自然体で話すようにしましょう。 

【スポンサーリンク】

その4 恋人がなかなか出来ない時

色々な出会いの場に行ってみても全然恋人が出来ない、好きな人や気になる人にも出会えない…という時には、やっぱりあの人よりもいい人はいないのかもしれない…と昔の恋人とよりを戻したい気持ちになると思います。

そしてとても大切なものを失ってしまったような、悲しい気持ちになってしまうことでしょう。多くの人を見れば見るほど以前の恋人と比べてしまうということもあるはずです。そういうことがあるので、心に前の恋人がいるうちはあまり出会いの場に行かない方がいいという説もあります。

恋愛を忘れるには新しい恋愛をすることというように思う人もいますが、逆効果になってしまうこともあるのです。でも、そこでまた以前の恋人を思い出しその魅力を再認識することが出来たのなら、それは良いきっかけと言えるかもしれません。

思いきって連絡を取ってみるようにしましょう。

 

その5 思い出の歌を聴いた時

一緒によく聴いていた曲や、以前付き合っていた恋人が好きだったアーティストの曲を聴いた時に、相手のことを思い出しもう一度二人でこの曲を聴きたいという気持ちを持つこともあるでしょう。

そしてよりを戻すためにはどうしたらいいのかな…と考えることになると思います。よりを戻す方法は色々とあるのです。でもそのタイミングというものは結構難しい場合があります。

あまりためらってばかりいては前に進めませんが、焦って行動するのもよくありません。まずはその曲に浸っていて、以前の恋人との日々を思い出してみましょう。そしてやっぱり声が聞きたい、会いたいと強く思うのであれば連絡を取り、よりを戻す努力をしてみても良いと思います。相手も同じ気持ちのままということもあり得るのです。

 

いかがでしたか?

よりを戻したいという思いを持っているのが、自分だけかもしれない…と思っていても、実は相手も同じように思いながら行動に移せないということもあるのです。まずは相手が今どういう思いを持っているのかが知りたいところです。

でも、よりを戻したいのなら人から状況を聞くよりは、直接自然な感じで連絡を取るのがベストと言えるでしょう。

 

まとめ

よりを戻したい!そう思う5つの時

その1 写真が出てきた時
その2 なんだか寂しい気持ちになった時
その3 思い出の品を見つけた時
その4 恋人がなかなか出来ない時
その5 思い出の歌を聴いた時

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!