別れたい…と強く感じる5つの瞬間

彼女と別れたい…と思ってしまう5つの瞬間付き合うということはお互い想い合っているからこそできることでもありますが、それでも「別れたい」と思う瞬間は誰にでもあると思います。将来に不安を感じたり、相手が嫌になってしまったり、自分自身付き合う気持ちが薄れてきてしまったり。強く別れたいと感じる瞬間って、付き合う上では必ずあるものだと思います。

今回はそんな、別れたいと強く感じる瞬間について紹介をしていきます。



 

別れたい…と強く感じる5つの瞬間

 

その1:喧嘩をしたとき

 別れたいと、喧嘩をした時に強く感じるという人は多いかもしれません。

相手の理不尽な態度や気持ちをわかってくれない、理解をしてくれないところ。または、無理やりにでも意見を飲ませようとする強引な姿勢に対して嫌気がさしてしまい、「こんな人とは上手くやっていけるはずがない」なんて思ってしまうものです。しかし喧嘩中というものは頭に血が昇っているのもあるために、そんな勢いから別れを切り出してしまい後悔をするという人も多いとか。

ただ、喧嘩が頻繁に起きてしまう、相手の全てが気に入らないまでの関係悪化まで陥ってしまったのなら、無駄な喧嘩を今後していかないためにも早めに別れを切り出したほうがいいかもしれませんね。

 

 その2:思いやりを感じなくなった時

 付き合いはじめは、お互い大切に想い合い思いやりを感じさせる日々を送るものですが、だんだんに交際期間が長くなってくれば、気遣いや思いやりの気持ちが薄れてくるものですよね。一緒にいることが当たり前だから、きっと相手ならわかってくれるなんて思って、約束を破ってしまったり、ひどいことを言ってしまったり。

片方でも思いやりの気持ちがなくなってしまう、または忘れてしまうと、相手からしたら「なんで付き合っているんだろう」という疑問につながっていきます。

「当たり前なんて思わないで」という気持ちから、急に別れを切り出すなんてこともあるかもしれませんし、あまりにもひどい扱いを受けるならば、別れたほうがいいかもと思うのは自然なことかもしれません。

 

 その3:刺激がなくなったとき

 恋をすると、ときめいたり毎日が楽しくなったり、何をする上でもドキドキしてしまい刺激がありますよね。しかし交際期間が長くなれば長くなるにつれて、そういったドキドキやときめきというものを感じなくなり、付き合っていても刺激を感じる機会はどんどん少なくなっていってしまいます。

付き合っていても、デートスポットも同じ場所。家でゴロゴロするだけ、会っても毎回同じことばかり。それはたとえ交際をしていないとも、毎日同じことの繰り返しならば飽きてしまうものですし、同じものを毎日食べ続けているのとなんらかわりはなく、そんな退屈で不変な日々に嫌気が差して「別れようかな」という気持ちに繋がってしまうもの。

そうなってしまった時は、マンネリ解消のためにも旅行へ行ってみたり、普段とは違ったことをしてみると、新鮮な気持ちになれて、相手の大切さを再び感じることができるかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

その4:異性とベタベタしているとき

 自分以外の異性とベタベタしていて喜ぶという人はそういないかもしれません。しかしアルコールが入っていたり、つい周りが盛り上がってワイワイしていると、ボディタッチの機会なども増えてしまい、恋人が異性とベタベタ仲良さそうにするということは結構あるんですよね。

そんな時にはウンザリと感じてしまったり、呆れや怒りから、「じゃあそっちにいけば?」なんて思ってしまうもの。自分以外を見てくれない、自分を大切にしてくれないと感じるところから、強く別れたいという気持ちにつながっていってしまいます。

それは仮に仕方がない場面だったとしても、そういうことを平気でやる人なんだ、という幻滅に繋がってしまい、千年の恋も一気に冷めてしまうのかもしれません。

 

 その5:無理強いをされたとき

 交際相手の性格にもよりますが、だんだんと付き合いが慣れてくると、相手に対してわがままを言ってしまうということや、無理強いをしてしまうことはよくあることだと思います。

確かに気持ちを許せる相手であり、恋人ならばできるだけ自分のやれることは叶えてあげたいとは思うものの、あまりにも無理強いをされてしまうと、そんな気持ちも薄れることに。また、拒否をしているのに無理にやらせようとするのも、相手からしたら愛情を感じさせない行動になりますし、ウンザリとしてしまいます。

親しき仲にも礼儀あり。いくら恋人だったとしても、相手の嫌がることはしてはいけませんし、自己満足のために恋人に無理強いをするのであれば、それは恋愛ではなく単なるわがままだということを覚えておきましょう。

 

いかがでしたか?

いくら好きな恋人だったとしても、幻滅してしまうことやウンザリと思うことがあれば、そんな気持ちも一瞬で冷めて、別れたいという気持ちが強くなってしまう原因になります。また、お互い理解し合った交際期間が長く、当たり前の存在となっている場合も注意が必要ということはわかりましたよね。

どんなに時を重ねても、相手は自分とは違う他人であることを忘れてしまうと、思いやりの気持ちなども自然となくなってしまうもの。いつなる時も相手は自分とは違う人間であり、色々な考えを持つといことを忘れずに過ごしていけば、「別れたい」と思うような瞬間は訪れないのかもしれませんね。

 

 まとめ

 別れたい…と強く感じる5つの瞬間

その1:喧嘩をしたとき
その2:思いやりを感じなくなった時
その3:刺激がなくなったとき
その4:異性とベタベタしているとき
その5:無理強いをされたとき

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!