別れ話をした後にうまく仲直りする5つのコツ

別れ話をした後にうまく仲直りする5つのコツ別れ話というのは付き合っている上で何度かはするものなのかもしれません。喧嘩の弾みやちょっとしたすれ違い、誤解が生じて別れ話を口に出してしまうものの、本心では別れたくない、もっと付き合っていたいと思ってしまうもの。

しかし別れ話を切り出した後というのは、仲直りをするには難しく、どうしたら上手く仲直りをすることができるのかと悶々と悩んだことがあるという経験を持つ人も多いでしょう。

今回はそんな別れ話をした後に上手く仲直りをするコツについて紹介をしていきます。



 

別れ話をした後にうまく仲直りする5つのコツ

 

その1:素直に謝る

 別れたくないという意思があるのならば、まずは別れ話をした後に素直に謝るのが一番でしょう。別れ話をした経緯にもよるかもしれませんが、本心では別れたくない、まだあなたとやっていきたいということを素直に相手に伝えることによって、別れを回避できる確率が高くなっていきます。

もし別れ話が出た原因に自分の行いや言動、または誤解などがある場合にはそれをしっかりと踏まえた上で謝るのが大切。この期に及んで言い訳じみたことを話したり、自分を少しでもよく見せようとする嘘というのはいつかバレてしまうものですし、相手にとってはウンザリと感じてしまうこともあるでしょう。

相手が理由となって別れ話をしてしまった場合には、まずその気もないのに別れ話を持ちだしたことを謝罪。別れ話が出てしまうと、どんな幸せな日々を送っていても、別れについて考えたり気持ちを向けるようになってしまい、徐々に二人の気持ちは離れていってしまうので、早めに謝ることが一番だと言えます。

 

 その2:原因をまずは考える

 何故別れ話をしてしまったのか、というよりも、何故その経緯に至ってしまったのかというのは仲直りをする上で重要なポイントとなっていきます。別れ話を突発的にでも持ちだしてしまう事柄があったというわけですから、それを解決しない限りは、気持よく仲直りをすることはできません。どこかわだかまりを抱えたままに、なんとなく仲直りをしていてはすぐに同じ原因で喧嘩をして、別れ話をするという繰り返しになります。

別れ話をするほどにこじれてしまったのは、どうしてなのか。嫉妬や誤解、自分の心ない言動や相手の思いやりのなさ。それぞれ色々な理由があって、別れ話まで至ったのでしょう。自分が悪くても、相手が悪くても、まずはきちんと頭の中を整理することが大切です。頭の中を綺麗に整理することによって、それならばどうすれば解決できるのか、というのを落ち着いて考えられるようになりますね。

感情的になっては話すらもまともにできないので、どうしてこうなったかという原因をまず考えてみましょう。

 

 その3:少し時間を置いてみる

 別れ話をしてしまった時というのは、お互いに頭に血が昇ってしまい冷静な判断や考えをすることができなくなっているものです。感情的になってしまえばなってしまうほど、働いてしまうのが意地。意地の張り合いとなって、相手に負けまいとする気持ちや相手に考えをどうにかして押し付けようという気持ちは、感情的になってしまうのが理由。

まずはお互いに頭を冷やす期間を設けるために、時間を置いてみるのがいいでしょう。ふと冷静になったときに、何故そんなに怒ってしまったのか、理由は小さなもののはずなのに、喧嘩をすればするほどに大事になってしまっていた、なんてことは結構わることです。

別れ話に決定打を打ち込んでしまうのは、喧嘩の発端となった事柄よりも、喧嘩の最中に見せる相手の心ない一面を目の当たりにしてしまった時。それが本心なのでしょう?とは思ってしまうかもしれませんが、相手は感情的に、意地を張ってそうなってしまっているだけ。それは自分にもいえることです。

あまり長い時間を置いてしまうと、そのまま自然消滅ということもありえるので、適度な時間を置いてみるとお互いの気持ちが整理できて、落ち着いて話し合いができるでしょう。

【スポンサーリンク】

その4:相手の考えに耳を傾ける

 別れ話が出るということは、どちらかに相手に対しての不満や不安などがあるということです。

そもそも不満や不安というのは、相手に対しての疑心が働いてしまったり、誤解が招かれることによってもたらされる感情。相手を大切に思いやることができなかった、という結論からそういったことが生まれてしまうので、まずは相手の考えや欲求を知ることが、うまう仲直りをする大きなポイントとなります。

相手がどんなことを思って、どういった経緯で不満や不安な気持ちを抱いてしまったのか。もし自分に非があった場合にはそこで素直に誠実に謝りましょう。ここで言い訳や反論をしたくなる気持ちもあるかもしれませんが、その気持は抑えること。反論や言い訳は、仲直りした後に話せば柔らかい口調となって、相手に伝わるため大きな争いは海ません。

謝罪をして、相手が自分にどうしてほしいのか、二人の関係性をどう考えているのか。実はこれって、普段仲良しな時にはあまり聞けないことでもあります。喧嘩をしている時ほど、自分の本心や感情がでるもの。今後の二人を大切にしていきたいのならば、相手がどういうことを考えているのか聞けるチャンスとして胸に秘めておきましょう。

理由や経緯を話し、相手の考えに耳を傾ける事ができれば、自然と相手も落ち着きを取り戻していけるので、スムーズに仲直りができるといえます。

 

 その5:一緒に食事をする

 別れ話をした後は、お互いに気まずい空気が流れているので、一緒にいることすらも苦痛に思えるかもしれません。なので一緒に食事をするというのも考えられないことだと思いますが、人が思っているよりも、食事を共にするというのは大きな意味があります。

いつもは行かないようなレストランで美味しい食事をしたり、いつも料理をしないのならば腕をふるうのもいいでしょう。

食事ができる仲というのはお互い信頼しあっている証拠なのです。ある程度の無言や口数の少なさは食事中ならば許容されますし、食事をしていると自然と気持ちが落ち着いてくるもの。ある程度緊張が解ければ、「この料理美味しいね」といったことから、会話も弾んでいきますし、お互いどう仲直りをしたらいいかわからない、という時には一緒に食事をするのが最適だと言えるでしょう。

 

 いかがでしたか?

別れ話が出てしまうと、もう関係は終わりだ。とは思ってしまうものの、内心これで良かったのだろうか、本当に後悔をしないだろうかというのは誰もが考えてしまうことだと言えます。それを考えるということは、今更になって相手の大切さや居心地の良さなどを思い出してしまうから。

仲直りというのは難しそうに見えて、1つのきっかけや歩み寄り、落ち着きというポイントさえ抑えていれば、スムーズにうまく仲直りをすることができるものです。

今回紹介した仲直りの5つのコツを参考にして、自分のケースにはどれが合うだろうということを考えた上で、是非実行して、幸せな日々を取り戻してみてくださいね。

 

 まとめ

 別れ話をした後にうまく仲直りする5つのコツ

その1:素直に謝る
その2:原因をまずは考える
その3:少し時間を置いてみる
その4:相手の考えに耳を傾ける
その5:一緒に食事をする

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!