年の差カップルが増えているのはなぜ?5つのわけ

年の差カップルが増えているのはなぜ?5つのわけ今や芸能界にも年の差カップルが増えて、ワイドショーでは毎日のように「年の差カップル」というフレーズを聞くようになりましたよね。

ではなぜ年の差カップルが増えているのでしょうか?それにはちゃんと理由があるんです。今回は年の差カップルが増えている理由についてまとめてみました。



 

年の差カップルが増えているのはなぜ?5つのわけ

 

時代的背景

今は少子高齢化の時代と言われているので、中高年の絶対数は増えているのに伴って魅力的な中高年が増えているのも当然です。晩婚化が進んでいる傾向もあり、恋愛対象としての異性が高齢化している傾向も見られます。

さらにバブル期を経験した今のの40代、50代は男性も女性も元気で若々しく魅力的です。様々な経験を経て人間的にも器が大きく、経済的にも安定しているとなれば若い異性を惹きつけるのも当然でしょう。それに比べて若い世代は草食系男子なんて言葉も流行ったりと、恋愛に興味がない人も増えているようで、恋愛対象にはならないという理由もあるでしょう。

また最近は離婚経験があるいわゆる「バツイチ」と呼ばれる人も珍しくなくなり、ひと回り年が離れているカップルがいてもさほど驚く事はないという時代背景も、年の差カップルの増加に拍車をかけています。

 

女性の考え方の変化

ひと昔前までは女性が結婚したい男性に求める条件は「3高」と言われ、高収入・高学歴・高身長の男性がもてはやされていましたが、今の女性が結婚に求めているのは経済的・精神的共に安心と安定を得られる男性のようです。

ルックスやずば抜けた経済力よりも、知識や経験が豊富で頼りにできる年上男性に魅力を感じる若い女性が増加したのも、年の差カップルが増加した理由でしょう。

またバリバリと仕事をこなすキャリア志向のアラフォー女性達は、同世代の「女は家を守るものだ」という考え方の男性とは価値観が合わず、共働きが普通、もっと言えば女性の方が稼いでいても違和感を感じないと考えている若い世代の男性との方が気が合うのでしょう。またそういった女性が恋愛に求めるのは「癒し」であり、何でも自分の言う通りになる受け身の年下男性の方がメリットがあるのでしょうね。

 

男性の草食化

若い女性は口を揃えて「同世代の男性は頼りなく感じる」と言います。草食系男子に代表されるように、男性の軟弱化が若い女性達の興味を中年男性に向かせていると言えるでしょう。

若い女性の中には「遊びの恋」を楽しむ人もいますが、ほとんどの女性はしっかりとした「中身のある恋愛」を求めています。草食系男性は恋愛をしても決して女性に溺れる事などなく、どちらかというと「受け身」である傾向が強いので、女性にとっては物足りなさを感じるのでしょうね。

いつの時代でも女性達が求めるのは「強い男」です。果たして草食系男子はいざという時に自分の事を守ってくれるか?と考えた時に出る答えは「NO」ですよね。中には「俺様系」と呼ばれる若い男性もいますが、経済力や社会的地位がなければ説得力がないのも事実です。

男性の草食化は、確実に年の差カップルが増える原因になっているでしょう。

【スポンサーリンク】

SNSの利用が増えた

SNSなどのコミュニケーションツールが増えた事によって、幅広い世代同士が交流を持てる可能性が増えて、世代間のジェネレーションギャップを感じる事も少なくなりました。

SNSをやっている人同士なら、いくつだろうが関係なく友達になれる世の中です。自分と同じ趣味を持つ人や、好みのタイプの人がいれば、友達申請をするだけでコミュニケーションがとれるようになるのです。中には恋人を作るのが目的でSNSを始める人もいるでしょう。昔の「ナンパ」とは違い、それが不純でも何でもなく当然とされる世の中の流れは、当然年の差カップルの増加にも一役買っていると言えますね。

 

晩婚思考の男性と早く結婚したい女性の増加

いつからか「男性にとって結婚は墓場である」というフレーズが聞かれるようになりましたが、本当にそう思っている男性が増えて男性の晩婚化が進んでいるのも事実で、自由な独身生活を楽しみたいから結婚は40過ぎてから…と考える男性が増えています。

逆に女性は、男性に負けじとキャリアを積む女性か、早く結婚して家庭に入りたいと望む女性の二極化が進んでいます。そうなれば自然と年の差カップルが生まれやすいのもうなずけますよね。

男性と女性の結婚観の変化によって、年の差カップルに抵抗感がない人が増えているのも理由の一つと言えるでしょう。

 

まとめ

年の差カップルが増えているのはなぜ?5つのわけ

・時代的背景
・女性の考え方の変化
・男性の草食化
・SNSの利用が増えた
・晩婚思考の男性と早く結婚したい女性の増加

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!