好きな人にアピールしようとしてする5つのミス

好きな人にアピールしようとしてする5つのミス好きな人にアピールをしようとしても、上手くいかないことってありますよね。時には好きな人にアピールをして、ミスを犯してしまう場合もあるでしょう。恋愛においてミスは致命的になる可能性も高く、そのアピールが裏目に出て、せっかく積み上げてきた信頼や関係を崩してしまう恐れもあります。

そこで今回はそうならないためにも、好きな人にアピールしようとしてするミスを5つ紹介していきます。好きな人にアピールをしようとして、してしまうミスってどんなものがあるのでしょうか?自分は絶対にミスをしたくない、そんな人は是非注目していきましょう。


 


  

好きな人にアピールしようとしてする5つのミス

  

自虐ネタに走りすぎる

 好きな人にアピールをしようとしてするミスの中には自虐ネタがあります。自虐ネタは効果的なアピール方法にもなりますが、一歩間違ってしまえば好きな人から「良い人」止まりで見られてしまったり、最悪面倒くさい人だと思われてしまう恐れもあるので注意が必要です。

自虐ネタをアピールにばかり選んでしまうと、必然的に好きな人に自分の欠点ばかりをアピールすることに繋がります。笑い話と捉えられるかもしれませんが、好きな人がいざ恋愛対象として考えた時、面白い人だけで恋愛対象として欠点ばかりある人かも…と思ってしまうのです。

また自虐ネタは相手に気を使わせてしまうアピールにもなるので、好きな人から面倒くさいしあまり関わりたくないとすら思われてしまう危険性も秘めているのです。

 

 しつこくLINEを送ってしまう

 好きな人にアピールをしたくて、ついLINEなどをたくさん送ってしまう人もいると思います。確かにLINEなどのコミュニケーションツールは好きな人へのアピールポイントとしてはかなり効果的ですよね。しかし相手の都合も考えず、空気も読まずに送り続けてしまえば距離を置かれてしまう可能性もあります。

好きな人を考えている時って、今何をしているんだろう?他のライバルに負けたくない、という気持ちが前に出てしまって、ついついLINEなどで常に自分とコミュニケーションを取っておいてほしいという気持ちが出てしまうと思います。

しかしそういった焦りは必ず好きな人に悪い形で伝わってしまうので、LINEなどは相手の都合も考えた上で、慎重に送るようにしましょう。

  

嫉妬心を露わにしてしまう

 好きな人にアピールをする際、ちょっとした嫉妬心を見せることは小悪魔敵なアピール方法としてかなり有利です。恋愛が上手い人、多くの異性を虜にする人は上手く嫉妬心をアピールして、相手を夢中にさせています。

しかし慣れていない人や感情のままに相手にアピールをしてしまう人は、ミスに繋がる可能性もあるので気を付けなければなりません。

例えば「○○さんと今日仲良さそうで、少しだけ嫉妬しちゃった」と可愛らしく言えば、好きな人は自分のことを少なからず意識してくれる可能性が高くなります。この場合はアピール成功となりますが、「私以外と仲良くしないで!」というような激しい嫉妬、または束縛感が見えてしまえば、好きな人は引いてしまいます。

結果としてアピールは失敗に終わるでしょう。上手い嫉妬心のアピール方法が見つからない場合は、下手に嫉妬心でアピールをするよりかは別のアピール方法を考えたほうが良いので、勢いで勝負に出ないようにしましょう。

  【スポンサーリンク】

ライバルを悪く言ってしまう

 好きな人にアピールをする時、いかに自分が魅力的かを重視してアピールをすることもあると思います。そんなアピール方法はいくつもありますが、人を使って自分をアピールする場合には注意が必要です。

特に自分が良く思っていない相手、例えばライバルの存在を使って自分をアピールする時には、最悪ライバルの株を上げてしまうことに繋がりかねません。

人は他人を使って自分をアピールする時、相手を悪く良い、自分を良く言ってしまうものです。そのため「ライバルちゃんって悪口ばかり言ってるんだって…。私全然言わないのに嫌」という言葉を好きな人に言ったとしても、好きな人からすればライバルの悪口を言う姿を見て不快な思いをするでしょう。そして、実際にライバルの悪口を耳にしたことがない場合には、ライバルの存在のほうが魅力的に見えてしまうのです。

もちろん時には自分を良く見せるために他人を悪く言うアピール方法も効果的になりますが、特にライバルの取り扱いは注意が必要なので、出来る限り言わないほうが無難だと言えるでしょう。

  

見栄を張って嘘をたくさんついてしまう

 好きな人にアピールをする際、誰もが一度は失敗したと後悔したことがあるのが嘘だと思います。好きな人の前ではついつい見栄を張ってしまうものですし、嘘をついてしまうこともあるでしょう。それはほんの些細な嘘かもしれませんが、嘘は重ねていくと大きなものになり、バレてしまった時に好きな人から信頼を失ってしまう恐れもあります。

つい好きな人の前では良く見せたくて、嘘をついてしまうものですが、出来る限り嘘をつかないように、ありのままの自分で勝負をしてみましょう。自分が思っているよりも、嘘をつきたくなる真実というものは他人にとってどうでもいいことだったりします。

アピールをする上で嘘が必要な場面も出てきますが、嘘をついたほうが良いのか、または素直なほうが良いのか、それをしっかりと見極めてアピールをしていきましょう。

  

いかがでしたか。

好きな人にアピールをする時のミスについて5つのものを紹介してきました。アピールをする上でのミスというのは、常に効果的なアピールと背中合わせだと言えます。効果的なアピール方法は、一歩間違えば大失敗に繋がるアピールであり、それだけ効果的なアピールにはリスクがつきものであると言うわけですね。

しかし効果的なアピールに拘らなくても好きな人にアピールをすることは出来ます。ミスをするようなアピールをするよりかは、慎重にアピールをしたほうが確実に好きな人との距離を縮められるので、ミスをしそう…と思ったアピールは出来るだけ避けるようにしていきましょう。

  

まとめ

 好きな人にアピールしようとしてする5つのミス 

・自虐ネタに走りすぎる
・しつこくLINEを送ってしまう
・嫉妬心を露わにしてしまう
・ライバルを悪く言ってしまう
・見栄を張って嘘をたくさんついてしまう

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!