好きな人に告白をする前に!しておくと良い6つのコト

好きな人に告白をする前に!しておくと良い6つのコト好きな人に片思いを続けて、振り向いてもらえるようにアタックをして…。最終的に気持ちを伝えたい、付き合いたいと考える人は多くいるもの。気持ちが最高潮に達していきなり告白をしてしまうという人もいるかもしれませんが、だいたいの人は「今日、告白をしよう」などと意気込んで告白に望むと思います。

告白には心構えが必要で数日前からドキドキしてしまうものですが、そのために見失ってしまいせっかくの告白が万全な状態で挑めないということもあります。時にはそれが大きな失敗を招き、告白が最悪な結果を招いてしまうということも。

今回はそうならないためにも、告白する前にしておくと良いことについて紹介していきます。



 

 好きな人に告白をする前に!しておくと良い6つのコト

 

 その1:伝えたいことを紙に書く

好きな人を前にしただけでも緊張するのに、告白となれば死んでしまうくらいに緊張する人もいるかと思います。そこまでいかなくとも、告白となると今後の未来を左右する一大決心でもあり、緊張はつきもの。そんな状態で、告白をするとなると本来言いたい気持ちや頭の中で考えていた告白の言葉など頭が真っ白になり、告白もままならない状態に。

そうならないためにも、告白前にノートやメモ帳などの紙に自分の気持ちや告白の言葉を書き記しておきましょう。紙に書くことによって気持ちの整理をすることができたり、再確認をすることができます。また自ら紙に書くという行為は記憶に残しやすくなり、いざ告白となって頭が真っ白になったときにも思い出しやすくなります。

告白前には自分の気持ちや考え、言葉などを整理し見つめなおす予行練習も兼ねて、紙に書き記しておくといいでしょう。

 

その2:身だしなみをチェック

告白前には何度も鏡で自分の姿をチェックするようにしましょう。いくら気持ちを整理ししっかりと伝えたいことを確認したとしても、身だしなみが乱れていれば一気にマイナスに。告白は自分にとっても一大イベントですが、相手にとっても心に残るもの。そんなときに身だしなみが乱れていたり、やりすぎたお洒落をしていると相手のプライドを傷つけることにもなります。

また張り切りすぎてしまうと、相手に引かれてしまうということも。とにかく告白するときには、マイナスポイントを控えるために、身だしなみには十分に気をつけていきましょう。自信がない人は家族や友人にチェックをしてもらうと◎。自分の体臭が気になるという人は、匂い対策もしておくと告白のシーンをロマンチックに演出することができるかもしれません。

 

その3:告白をシミュレーション

何も考えずに行き当たりばったりで告白をすると、相手に無駄な時間を与えてしまうことになり告白の成功率は著しく低下していきます。はっきりしない相手に対して、人間は不快感を感じてしまいいくら最初に「告白かも」とドキドキしていてもその気持は薄れていってしまいます。

そうならないためにも、告白前は何度も告白のシミュレーションをしておくといいでしょう。何パターンも考えておいて、こういう返しにはこう、と考えておくだけでいざ告白となったときにもスムーズに告白することができます。現実はシミュレーション通りにいくとは限りません。しかし何度も予行練習をシミュレーションしておくことによって、勇気や自信も湧いてくるので、告白すると決めたときからする直前まで、シミュレーションをしておくといいでしょう。

【スポンサーリンク】

その4:根回しはしっかりと

好きな人に告白をする前に、振り向いてもらえるようにアタックしたという人もいると思います。そういったアタックは効果的で、相手を意識させることができより告白の成功率をアップさせることに。相手を意識させることができれば、相手はいざ告白されると察した時にあなたとの未来を思い浮かべ、付き合うか付き合わないか、自分は好きなのか嫌いなのか、を考えるもの。

好きな人にアタックをして根回しをすることによって、相手に自分は好意を持っているアピールに繋がり、「もしかしてあの子は自分のことが好きなのかもしれない」と気になる存在へと昇格していきます。一度気になってしまえば、あとはこちらのもの。告白の確率はぐぐっとアップするので、告白前には根回しをしておくといいでしょう。

 

その5:付き合ったらしてあげたいことを考える

告白とは自分の気持ちを相手に伝える行為であり、どうしても自分本位になってしまいがちになります。自分の気持ちを素直にアピールし、話したとしてもあまりにも強烈になってしまった場合は、相手に対して負担を与えてしまったり、重い、自分のことしか考えてないと非難を浴びてしまうことも。

そうならないためには、告白前に頭の中や紙に書くなどして相手にしてあげたいことを考えてみましょう。付き合ったらこんなことをしてあげたい、こういうところを連れて行ってあげたい、単純に幸せにしてあげたいでも、相手のことを考える時間を作ってみましょう。

告白は自分本位の行為であり、押し付けがましくなりがち。しかしそこに相手のことを考えてあげられることができれば、思いやりが生まれ、相手が安心して受け取れるような落ち着いた柔らかい告白をすることができます。告白前に自分だけの気持ちではなく、相手への思いやりについて考えてみましょう。

 

 その6:振られた時のことを考える

告白するのならばOKされたい、付き合いたいと思うものの、必ずしも成功するとは限りません。付き合うという行為は初めて二人の気持ちが重なりあってできるものであり、どちらか片方の気持ちが違う方向を向いていたらできないものです。

もし振られてしまった場合、あなたはきっと傷つき落ち込むでしょう。それは容易に想像できることですが、実際それが現実になったときのダメージは深刻。そのダメージを少しでも和らげるために、できるだけ振られた時にどうするか、どういう気分転換で気持ちを持ち直すかを考えておきましょう。またマイナス思考に陥ってしまいますが、振られた時のことをシミュレーションしておくのも◎。

振られるほうも辛いですが、振る方も辛いのが告白です。気まずいままズルズル微妙なまま告白を終えてしまうと今後の人間関係にヒビが入るということもあるので、振られた時の立ち振舞などをシミュレーションしておくと、振られるという恐れを最小限にとどめてすっきりと告白ができるはずですよ。

 

いかがでしたか?

告白はする側もされる側も一大イベントであり、簡単にはいかないもの。だからこそ告白前に色々なことをしてみたり、考えてみたりすることによって結果が左右されることもあります。告白を決意した時はついつい悩んでしまったり、考えこんでしまうものですが、少し立ち止まって万全の状態で告白ができるように最終確認をして、挑んでみましょう。

 

まとめ

 好きな人に告白をする前に!しておくと良い6つのコト

その1:伝えたいことを紙に書く
その2:身だしなみをチェック
その3:告白をシミュレーション
その4:根回しはしっかりと
その5:付き合ったらしてあげたいことを考える
その6:振られた時のことを考える

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『エレメントタロット』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!