好きな人を諦めるためにしなければいけない5つの行動

好きな人を諦めるためにしなければいけない5つの行動どんなに好きで相手を大切に思っていたとしても、相手が振り向かない現実は起こってしまうものです。片思いの相手に他に好きな人がいたり、恋愛対象として見てもらえなかったり、交際していた恋人と別れた後に、どうしても諦めなければならなかったり…。

一度深く人を思ってしまったり愛してしまうと気持ちを他に向けたりするというのは難しいものですよね。しかしいつまでもズルズル引きずるのは自分にとっても周りにとってもよくないこと。そんな諦めるために必要な行動について今回は紹介していきます。



 

好きな人を諦めるために
しなければいけない5つの行動

 

その1:思い出に浸るのをやめる

恋人と別れたあとや、片思いの相手との甘酸っぱいエピソードなど辛く切ないときは思い出してしまうものですよね。あの時は楽しかった、まだ希望があった、もしかしたらまたチャンスがあるかも、なんて思ってしまいますが、諦めると決めたのならもう思い出を思い返して浸るのはやめましょう。

思い出は過去のものであって、未来を映すものではありません。思い出に浸れば浸るほど過去に取りつかれてしまい、現実を見失うことになります。またせっかくの思い出もズルズル引きずったままだと、時間が経った時に悪い思い出として残ってしまいます。いつか立ち直り振り返ったときに、いい経験だったと思えるようにするためにも、今は振り返らず心の奥に閉じ込めていくようにしましょう。

 

その2:友人や家族など、周りの人に話を聞いてもらう

自分一人で忘れようと思うと余計に色んなことを考えてしまって、落ち込んでしまったりマイナス思考にとらわれるという悪循環に繋がっていきます。人の気持ちはそうそう簡単には変わりませんし、諦めるというのは自分の中でも大きな決心のはず。そんな時は周りの友人や家族など自分が信頼できる人に思う存分、愚痴や自分の気持ちを吐き出しましょう。

人に話すことによって自分の中の気持ちに整理ができます。また頼ることによって、周りも諦めることに対して背中を押してくれるでしょう。自分一人で何かをすると決意は揺らぎますが、周りの人が応援をしてくれるのなら、自然と力がわいてくるはずです。諦めたいという時くらい、周りの人に甘えてみましょう。

【スポンサーリンク】

その3:恋愛以外で夢中になれるものを探す

恋をしている時は、その人のことしか見れず、恋に恋した状態になっていたり、生活の一部に組み込まれていたりします。そんなかけがえのない存在を失ったとなると心に穴が開いて何もする気にはなれず、諦めるということが難しくなっていきます。

そんな時こそ無理矢理にでも他に夢中になれるものを探しましょう。恋をしているとしたくてもできなかった勉強や、趣味に没頭するということもできるはず。気がのらなくとも一度夢中になってしまえば、徐々に好きな人への気持ちが薄れていくでしょう。

また視野も広がるので新しい発見や自分自身を高めるということにもつながりますし、もしかしたら新たな出会いがあるかもしれません。恋愛中にできなかったことをやっとやれる!と割りきって、楽しい時間を過ごせるように頑張りましょう。

 

その4:連絡をとらないようにする

好きな人を諦めたいと思ったら、その人との連絡をそれ以降取るのは控えましょう。元恋人などの場合は連絡を取らないようにするというのは案外簡単かもしれませんが、片思いの相手がクラスメイトや同僚など、どうしても連絡をとらなくてはいけない相手の場合は必要事項のみで余計な会話などはしないようにしましょう。

諦めたいと思っている時ほど、諦めたくないと心の中ではどこか思ってしまうもので、ちょっとした事ですら「もしかしたらチャンスがあるかも」なんて思ってしまいます。そんな敏感な時期でもあるので、用件のみの連絡だけで後は控えると、徐々に自分の生活から相手の存在を消していくことがでいます。

また相手からちょっとした誘いがあったとしても、この時期誘いに乗るのはやめましょう。再び火がついてしまい、辛い片思いへ…ということになりかねません。なるべく相手と距離を作るように心がけましょう。

 

その5:新しい出会いを求める

好きな人を諦められない原因として、どこか寂しいと思ってしまう自分がいるからなかなか踏ん切りがつかないこともあります。それならば新しく好きな人を作ってしまえば気持ちはそちらに向けることができ、好きな人への気持ちを自然と諦めることができるでしょう。

好きな人を作るためには、新しい環境に飛び込んでみたり、友人などに紹介してもらうなどの方法もありますが、今一度あなたの周りの異性の友人を見返してみましょう。あなたが悩んでいる時に支えてくれる異性の存在や、いつも一緒にいて落ち着くという存在は、もしかしたら一番あなたにぴったりな存在なのかもしれません。

好きな人ばかりにとらわれず、あなたを大切に思ってくれる存在がいることに気づいてみたり、それでもいない場合は新しい環境へ身をよせて、素敵な出会いを探していきましょう。

 

いかがでしたか?

好きな人を諦めるというのは自分の中での一大決心でもあり、なかなか簡単にできるものではありません。諦められないのはそれほどにあなたが好きな人のことを深く思っていた証拠。決して諦められない自分を責めてはいけません。

諦める自分を受け入れて、行動することにより気持ちはだんだんと薄れ、前向きになることができます。紹介した行動を参考にして、ウジウジとした自分とはお別れし、明るく笑顔でいられる明日を迎えましょう。

 

まとめ

好きな人を諦めるために
しなければいけない5つの行動

その1:思い出に浸るのをやめる
その2:友人や家族など、周りの人に話を聞いてもらう
その3:恋愛以外で夢中になれるものを探す
その4:連絡をとらないようにする
その5:新しい出会いを求める

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!