好きな人の態度と視線で感じる…5つの気持ち

好きな人の態度と視線で感じる…5つの気持ち好きな人の言葉は注意深く聞きますが、それ以上に態度や視線は本当の気もちをを物語っているものです。言葉は考えて口に出すことも可能ですから、その真意は違うかも…ということはありませんか?

相手に好意を持っているかどうかの視線の変化は、男性と女性では微妙に違うと言われています。好きな人の言葉だけではなく態度や視線で本当の気持ちを知ることができたらいいですよね。

今回は、好きな人の態度や視線にはどのような意味があるのかを探ってみました。好きな人の前では、緊張してしまうと思いますが、たまには冷静に相手の様子うかがってみませんか?



 

 好きな人の態度と視線で感じる…5つの気持ち

 

人の視線は好きな人に向かう

 好きな人と話をする時には、相手の目の動きをよく見てみましょう。視線は気持ちが表れやすく、本心を隠すのが難しいとも言えます。

大抵の場合、興味があるものや好みのタイプの人に目が行くのが普通です。逆に興味がない、または好意的な感情を持っていない場合には、目線どころか顔の向きも合わせない事がほとんどです。その上腕を体の前で組んでいたりすれば、相手に関わることを拒否している可能性もあるでしょう。

好きな人と見つめ合う時間があるのか、その頻度はどのくらいかによって好意を持っているかどうかがわかるでしょう。

例えば、自分が見つめていたわけでもないのに目が合い、相手がそらしたとしても、その回数が多ければ好意を持っている可能性が高いです。

好きな人の大切な情報を得るには、言葉だけでなく視覚も必要になりますから、当然目線も好きな人に向かうのが普通でしょう。

 

会話中の男女の視線の違い

 男性は、普通の会話では相手が話している時よりも、自分が話をしている時に相手を見つめる傾向がありますが、好きな相手との会話では、相手が話をしている時にも目を見つめると言われています。

逆に女性は、好きな相手と会話をする時には、自分が話している時の方が相手を見つめる傾向があると言われています。男性は好きな相手の話を聞き逃さないように真剣に聞き、女性は自分の話を聞いてくれているかを気にするため目を見つめるのです。ですから、女性が話をしている時にお互いを見つめ合っている場合には両想いだと考えられます。

しかし男性も女性も、シャイな人の場合や嫌われることへの恐怖から、あまり人と目を合わせて話ができない人がいるのも事実です。ある程度親しくなるまで観察してみたり、好きな相手ならそれとなく好意を伝えてみると対応が変わる可能性があります。

 

視線を送るのは好きだから?

 男性は好きな相手かどうか以前に、好みのタイプの女性に目線を多く送ると言われています。男性の恋愛対象のキャパシティーは広く女性の約7割にもなります。だとしても、恋愛対象と見ていない女性には視線を送ることはまずないでしょうから、極端に露出が多い場合や、目を引く風貌の場合を除けば、多少でも好意はあるということになるでしょう。

女性の場合は恋愛対象の幅は2割と狭く、また好きな男性へ視線を送ることがなかなかできない人が多いため、見ていたとしても視線が合った途端に目をそらすことがほとんどです。また、女性の視界は男性よりも広く、直視していなくても視界のどこかに入っているという可能性があります。

遠くにいるのに一瞬であっても頻繁に目がある場合には、男女関係なく好意があると言えます。好きな相手と目があった時にそらす場合には、目線は下に逸らすと言われ、右や左に逸らす場合には相手をあまりよく思っていない可能性があります。

【スポンサーリンク】

好きな人の性格や精神状況で態度や視線に差がでる

 好きな人相手であっても、簡単に見つめることができない性格の人はたくさんいます。瞬きが多い場合には極度に緊張している事が考えられますし、視線が一定に定まらず常にさまよってしまう場合は、自信のなさや内向的な性格だからと言えるでしょう。

気持ちの揺れや動揺、真剣な質問への重要な返答の時には視線は泳ぎ、極度の場合にはパニック状態である可能性もあります。平然と受け答えしているのに視線が泳ぐのであれば心にもないことを言っていたり、確信を付いた質問をされているからということが考えられるでしょう。

また、会話がはずんでいるように見えても、全く目を合わせようとしない場合には、実は話を終えたいと思っている可能性もあるでしょう。

 

アイコンタクトによるコミュニケーション

 人と人が目を合わせるということは言葉がなくてもコミュニケーションになります。目を合わせて会話をする人なら信頼関係を築きやすく、親密になりやすいでしょう。好きな人と話す時にはその効果を積極的に利用することをオススメします。視覚は円滑なコミュニケーションをとるためには大切です。視線を合わせない人と会話がしにくいのは、視線での情報のやり取りができないからです。

恥ずかしくて目を見つめることができないというのであれば、目と目の間や額、鼻のあたりに視線を合わせるようにすると、相手から見れば目が合っているように感じられるでしょう。

目を離さずにずっと見続けてしまうと、逆に恐怖心を与えてしまうかも知れませんから、アイコンタクトは適度にするのが効果的です。

 

いかがでしたか?

好きな人への態度や視線は男性と女性では微妙に違う事が考えられます。視線で本当に好意があるかどうかを見極めるには、できるだけ近づき瞳をよく観察することです。興味があるものには同じ人の瞳にも違いが表れるはずです。視線やちょっとした態度にたくさんのサインが含まれているのです。

このような事を良く知っている人は、わざと好意を表すために目を見つめたりする人がいるので注意が必要です。また、周りの人すべてに好意的な対応をする人というのも意外に多く存在するため、日ごろの態度や言動、性格などをよく観察する必要もあるでしょう。

 

まとめ

好きな人の態度と視線で感じる…5つの気持ち

・人の視線は好きな人に向かう
・会話中の男女の視線の違い
・視線を送るのは好きだから?
・好きな人の性格や精神状況で態度や視線に差がでる
・アイコンタクトによるコミュニケーション

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!