好きな人と電話をする時に気を付けたい5つのこと

好きな人と電話をする時に気を付けたい5つのこと好きな人との電話は緊張もしますが、嬉しいものです。会うことはできなくても声を聴くだけで、幸せな気分になるでしょう。電話は、メールのように送る前に確認したりすることができない為、使い方はより気を付ける必要があるでしょう。

電話の態度が良くなかったために、嫌われてしまったり、関係が発展しない可能性もあります。発した言葉は元に戻すことはできません。言葉だけでのコミュニケーションだからこそ、気を付けるべき点もあるでしょう。

今回は、好きな人との電話で気を付けるべき事をお伝えしたいと思います。気を付けながら好きな人との2人だけの会話を楽しめると良いですね。



 

好きな人と電話をする時に気を付けたい5つのこと

 

好きな人との電話は引っ張りすぎない

 好きな人と電話をするきっかけができたら、嬉しくてたくさん話をしたくなる事でしょう。しかし、相手との関係によっては、必要な用事以外の事を長く話されることを想定していない可能性もあります。

恋人同士なら、ただ声を聴きたいだけの電話もありえますし、好意を伝えてある相手ならば多少は受け入れてくれるかも知れませんが、そうではない場合は要件以外の事で話を引っ張るのは避けた方が良いでしょう。

むしろ、用件が済んだらあっさり電話を切った方が良い印象が残るとともに、多少でも気になっている相手であれば、より気になる存在になる事が考えられます。

電話をすることが日常的に行われるような関係ではない時には、まず用事がある時にその用件だけを伝えることを目的として行うことが大切です。このような事を繰り返すことで電話で話す機会が増え、気軽に電話できる相手になれるようにしてみましょう。

 

好きな人でも電話の頻度に気を付ける

 好きな人はどんな用件でも電話したいでしょう。しかしそこまで親しい間柄ではない場合、あまりにも積極的に電話で連絡すると、相手は引いてしまう可能性もあります。

まだあまり親しくない場合でもメールができる場合や、顔を合わせやすい環境にある場合は、自然に親しいやり取りができるくらいの関係作りから始めると良いでしょう。電話ができるようになっても毎日のように電話をしようとするのは避けたほうが賢明です。

また、通常の会話も電話も、好きな人が相手であれば緊張しますが、だんだんと緊張を緩和できるように少しずつ関わり合いを増やしてみることで、いざ電話をする段階で緊張しつつもスムーズに会話ができるようになるでしょう。

 

電話は相手への気遣いが必要

 仲良く電話ができるような関係だとしても、相手への配慮は大切です。都合が悪いと思われる時間帯に、自分の気持ち次第で行動を起こさないようにしましょう。仕事中や就寝時など、冷静に考えて迷惑になると思われる時間帯はひかえる必要があります。

できれば事前に電話して良いかどうかの連絡をメールなどを使ってしておくと良いでしょう。

また、いくら親しい間柄でも会話の中で相手の気持ちをくみ取るように心がけ、疲れているようならできるだけ早く切る、また迷惑だと思われていないかどうかも声のトーンや言葉などから察するように気を付けるべきでしょう。

お互いに会話を楽しんでいるかいないかはいつでも予想し、少し物足りないくらいの段階で話を終わらせると良い印象を与えることになります。

電話料金などの事も含め、相手への気遣いをすることで好感を得られるでしょう。好きな人が電話することにうっとうしさを感じない相手と思うような対応をすることが大切です。

【スポンサーリンク】

好きな人との電話の切り際

 物事の最初と最後は人の印象に残りやすいものです。そのため、最初の「今電話しても大丈夫?」などの気を使う発言と共に、最後の切り際をどのような言葉で終わらせるかもとても大切です。

楽しい会話が少しでもできたとするれば、楽しかった気持ちを素直に表現できると良いでしょう。用件だけで終わったとしても、応対してくれたことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。また、相手が電話を切るまで待っているなどすると良いでしょう。

 

声だけでもその人の雰囲気は伝わる

 電話は相手の姿が見えません。だからこそ、その対応によって誤解が生まれたり、印象が大きく変わる可能性があります。電話することに慣れてきたとしても、周りの雑音が聞こえて不快な思いをさせないように、またテレビなどの内容が気になりながら片手間に会話したりしないように気を付けましょう。気づかれないと思っていても意外に伝わってしまうものです。

雑誌をめくりながら会話してみたり、あくびをしたり…人によって気持ちを疑われる可能性もあるでしょう。また、慣れ始めた会話にはうっかり言わない方が良い言葉を言ってしまう可能性もあります。そうなれば築いてきた信頼関係を壊すことになる場合もありますから気を付けましょう。

 

いかがでしたか?

最近では電話よりもメールを使う人が増えていますから、電話をしたいというのはなかなか難しいかもしれません。しかし、通常の会話よりも自然に話ができる可能性もありますから、できればメールだけでなく電話もできる関係になっておきたいですよね。

無言の時間に恐怖を感じてしまう場合には、事前に内容をメモしておくのも良いでしょう。耳から直接伝わる電話での会話は誰にも邪魔されない2人だけの空間です。上手く使えばより親密になれること間違いなしです。

 

まとめ

好きな人と電話をする時に気を付けたい5つのこと

・好きな人との電話は引っ張りすぎない
・好きな人でも電話の頻度に気を付ける
・電話は相手への気遣いが必要
・好きな人との電話の切り際
・声だけでもその人の雰囲気は伝わる

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!