恋愛恐怖症を克服するための5つの方法

恋愛恐怖症を克服するための5つの方法恋愛は誰もが経験することですが、恋愛恐怖症かも知れないと悩んでいる人は意外に多く、恋愛したいと思っていても踏み出せない、好きなができてもそれ以上先に進めない人もいるようです。

恋愛恐怖症は自分でも気づかないうちに起こっている場合もあるため、訳がわからず自分でも戸惑うこともあるでしょう。しかし恋愛したいと思うのなら、克服出来たら良いですよね。今回は、恋愛恐怖症を少しでも克服するための方法をご紹介したいと思います。



 

恋愛恐怖症を克服するための5つの方法

 

これまでの失敗やトラウマが原因なのかを考える

恋愛恐怖症は、恋愛を繰り返す中で、またはつらい思いをした恋愛があったことで起こっている可能性があります。気づいていなくても、心の根っこの方で引っかかっていることもあるでしょう。「大したことではない」と思っていても、実はそれが引き金になっている可能性もあるのです。

一度、自分の心の深い部分まで掘り下げて思い出してみてください。感情にふたをして、またはごまかしていしまい、これは問題ではないと自分で自分に勘違いさせているかもしれません。

少し客観的に、本当の自分の気持ちがどのようなものだったのか、本当は辛かったのではないか確認をしてみてください。もしも、自分で自分をごまかしていたと感じたのならば、辛かった気持ちを認め理解し消化することです。

 

キズつけられた過去に終止符を

もしも、すで恋愛恐怖症になった理由が解っているのであれば、その辛い出来事や恋愛はすでに終わったという事を再確認しましょう。憂鬱で悲しい日々はもう終わったのだと自分で納得させてみましょう。人間は100%良いところだけではありません。自分にも他人にも良いところと悪いところがあります。正しい事だけが身の周りで起こる訳ではありません。その人が良いと思たことも、他人から見たらそうではないことだってたくさんあるのです。ある人はキズついても、他の人は何とも思わないことだってあります。

恋愛は人と人との深いつながりであるために、よりキズは深くなります。しかし、辛いことがあるからこそ楽しいことや幸せな気持ちがより引き立つこともあるでしょう。辛い出来事を経験したからこそ得るものもあったはずです。これから起こることへの対処法も、その前よりは上手に見つけられるはずです。

 

恋愛恐怖症なのか、異性が苦手なだけなのか

恋愛恐怖症と思われる人の中には、育った環境の中で単に異性が苦手になってしまったというパターンもあります。その原因は、幼いころからの周りの環境であったり、小さい頃にいじめられた記憶からくるものかも知れません。一生懸命育ててくれた両親も、完璧な人間ではありませんから、間違うことだってあります。どこから苦手意識が生まれるのかはわからないでしょう。

もしも異性に対する恐怖心が自分にあると感じるのならば、原因を探ってみましょう。心の中でなら誰かの行動を否定しても構いません。自分の内側を把握し、どうしてそのような気持ちになるのか分析してみましょう。

細かい理由がわかれば、苦手と思う対象がすべての異性ではなくなるかも知れません。

【スポンサーリンク】

異性を異性と思わないこと

知り合う相手に異性という意識がありすぎて、関わりすら持てなくなることがあります。異性という認識ではなく、人との関わりと思って会話や交流を楽しみましょう。焦って恋愛対象と思わなくても良いのです。恋愛をする必要もないのです。

人と関わることは、多くの学びを与えてくれます。実験してみるつもりで多くの人を知ることから始めましょう。そうしているうちに、自分と感覚が合う人や信頼できる人が現れたり、見つけることができるチャンスが増えます。急がなくても大丈夫。ゆっくりとその人がどのような人か観察していきましょう。もしも一歩を踏み出す勇気がなければ踏み出さずにそこで少し留まっていても良いでしょう。恋愛へ進むまでに時間をかければ良いのです。気が付いたらいつもそばに居た、という恋愛もあると思いましょう。

 

嫌われることへの恐怖心を無くすには

恋愛は誰かが誰かを好きになることから始まります。その始まりは、場合によっては作られたものへの好意と言うこともあります。

こうでなければ人に嫌われてしまうと考えながら行動する人の多くは、本当の自分を極端に隠して生きている可能性があります。しかし。本当の自分ではない自分を好きになってくれた人がいたとしたら、このまま突き通さなければ嫌われてしまうと思うでしょう。自分を飾りすぎる事で、嫌われるかもしれない恐怖心はより高くなります。

もしも常に「良い人でなければならない」という信念をお持ちなら、その信念は手放した方がよさそうです。飾らない、頭の中で決められた良い人ではない自分の部分もあるはずです。今より少しだけでも本来の自分を出す事で、恋愛が始まっても嫌われる恐怖心は減る可能性があるでしょう。本来の自分の嫌なところも良いところも知った上で、好きだと言ってくれたという自信が恐怖心を上回ればよいのです。

 

いかがでしたか?

恋愛恐怖症は自分を大切にしすぎる事で起こることもあります。誰でも傷つくことは怖いはず。それでもなお恋愛をするのは、多くの得ることがあるからです。恋愛だけでなく、その他の人間関係でもキズついたことがない人はほとんどいないはずです。特に相手に過度な期待をすることで、よりキズつくものです。

誰にでも幸せになる資格はあります。しかし、その幸せも人によって様々です。人はこうあるべき、恋愛はこうあるべきという固定観念を捨て、自由に人との交流を楽しむことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

恋愛恐怖症を克服するための5つの方法

・これまでの失敗やトラウマが原因なのかを考える
・キズつけられた過去に終止符を
・恋愛恐怖症なのか、異性が苦手なだけなのか
・異性を異性と思わないこと
・嫌われることへの恐怖心を無くすには

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!