恋愛バトンによくある8つの質問☆どんな回答がウケそう?

恋愛バトンによくある8つの質問☆どんな回答がウケそう?

インターネットが普及して、ツイッターやSNSなどを利用する人も多いかと思います。そんな中で気軽に更新できるのがブログ。日常のことや、自分の気持ちや考え、色々なことを更新でき、ネット上の人とも交流ができます。
多くの人が利用しているので、たまに回ってくるのがバトン。自分のことを紹介する自己紹介バトンや、趣味についてのバトンなど、様々な種類があります。そんな中で見る人もやる人も楽しいのが恋愛バトン。よくある質問に対して印象的な回答はどんなものなのでしょうか。



 

恋愛バトンによくある8つの質問☆
どんな回答がウケそう?

 

質問1:今、好きな人はいる?

見る人もやる人もドキドキしてしまう質問の1つ。バトンを見る人の中に自分の意中の相手がいたりするなら、さりげなくアピールしておきたいですよね。
「いる」だけじゃつまらないので、少し詳細を書いてみるといいでしょう。同じ学校の人や、最近よく話す人…など。見る人にとっては「誰だろう!」とついつい想像してしまいますよね。
また完璧ウケ狙いなら、二次元キャラなどを出してみてもいいかもしれませんね。

 

質問2:好きな人のタイプは?

周りに対して自分のタイプをアピールする機会でもあります。しかし一般的でありがちな回答はあまり印象には残りません。ここはインパクトのある回答をしておきたいところ。
「優しい人」といっても人には必ず優しい一面はありますし、大まかすぎます。「人の気持ちを一番に考える人」や「動物や子供が好きな人」「家族を大事にしている人」など、優しいから連想できることを具体的に書くことで、しっかりと自分の恋愛について考えているんだなという印象を与えることができます。
また完璧な理想像があるのなら「○○みたいな人」だとよりわかりやすくていいかもしれません。

 

質問3:初恋はいつ?

誰しも初恋はあります。それを自分自身好きだなと思ったときとするのか、色々考えられるようになってきてからとするのかは、人によって定義は違っていきます。
この場合、多くの人に面白い、なるほどと思われる回答は、そんな定義も感じさせないインパクトや、初恋にいたってはありがちな回答がいいでしょう。
「幼稚園の時の先生」や「小さい頃遊んだ友達」など。また「初恋の相手を探してる!」などもユーモアたっぷりでウケが狙えるかもしれません。

 

質問4:告白されるならどこがいい?

いつの時代も告白されるなら直接がいいという意見が多くあります。しかし直接というわりに、それぞれが思い描くシチュエーションは様々です。
この質問には、できるだけ詳しく書くとウケ狙いにもなりますが、場合によっては意中の相手へのアピールにもなります。
「放課後の教室で」や「海辺で」など具体的に書いておくともしあなたに対して好意を持つ人がいたら、ちょっとしたきっかけにもなるかもしれません。
相手に告白をされたいのなら、そういった自らシチュエーション作りのためにも書いてみるといいかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

質問5:いくつで結婚したい?

子供のうちはなかなか結婚となると、別の世界な気がしちゃって想像ができない結婚。でも大人になるにつれて、恋愛と結婚を同時に考えていく時期になっていくとも思います。
結婚願望はあっても、非現実的な発言はドン引かせてしまうこともあるでしょう。
ここは真剣に、願望もですが、計画的に考えているというところを見せると、しっかりしているということを周りにアピールできます。
あまりその時にならないと考えられないところだからこそ、真面目に考えてるのはかなりの好印象ですね。

 

質問6:自分にとって恋愛とは?

考えや価値観などが問われる質問です。これによって共感する人もいれば、新しくあなたの考えに刺激される人もいるかもしれません。
難しいことは書かなくとも、この質問に対してはありきたりな答えが無難かもしれません。「相手と支え合うこと」でもいいですし「相手に尽くすこと!」と自分自身の恋愛観をさらけ出してしまってもいいかもしれません。

 

質問7:嫉妬しやすいタイプ?

恋愛すると嫉妬やヤキモチはつきものです。実際恋愛してからではないと、相手や状況によってするものかもわかりません。
見る人によっては、嫉妬しやすい人にイメージを落とす人もいれば、嫉妬しやすいのを好印象に思う人もいます。
「相手によって」「まだわからない」とは当たり障り無いですが、つまらない回答といえばつまらないですね。
ここは「嫉妬してくれる人に嫉妬する!」など、ちょっと質問とは少し外れた回答が可愛らしくもあり、面白い印象をつけることができます。 少しひねった回答をしてみましょう。

 

質問8:フェチはある?

少しマニアックな質問ですが、結構いろんなバトンにある質問の一つです。 フェチといっても色々なフェチがありますが、共感はしなくともどことなくドキドキしてしまいます。 誰かが見ているからといって恥ずかしがらずに、ここはバトンだと割り切って自分のフェチをさらけ出してみましょう。
「声フェチ」や「手フェチ」なども一般的ですが、ちょっと変わった「肩甲骨フェチ」や「くるぶしフェチ」などもいるようなので、もしそんなフェチがあるのなら思わぬ話題のネタにもなり、異性をドキドキさせてしまうかもしれませんよ。

 

いかがでしたか?

バトンは多くの人が見て回答者を知ることができる、自己紹介が気軽にできるものの一つです。バトンだと割り切って、自分自身をさらけ出すと思わぬギャップや発見に、あなたに興味を抱く人がいるかもしれません。

もし回ってきたら真面目に答えてしまうくらいの勢いで、楽しんで答えてみましょう。

まとめ

恋愛バトンによくある8つの質問☆どんな回答がウケそう?

質問1:今、好きな人はいる?
質問2:好きな人のタイプは?
質問3:初恋はいつ?
質問4:告白されるならどこがいい?
質問5:いくつで結婚したい?
質問6:自分にとって恋愛とは?
質問7:嫉妬しやすいタイプ?
質問8:フェチはある?

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!