胸が小さいのが悩み…そのコンプレックスを上手に改善する5つの方法

胸が小さいのが悩み…そのコンプレックスを上手に改善する5つの方法胸が小さいと悩んでいても、なかなかそれを人に相談できなかったり、色々と努力をしてみたとしても効果を得られなかったりと落胆している人も多いでしょう。胸を大きく見せる為に下着を工夫したりしていてもどこか虚しい気分になってしまって、大きな胸を手に入れられるのならば頑張りたいものですよね。

今回はそんな胸が小さいと悩む人に、コンプレックスを上手に改善する方法について紹介をしていきます。



 

胸が小さいのが悩み…
そのコンプレックスを上手に改善する5つの方法

 

その1:ストレス解消をする

 胸の小ささは実はストレスと深く関わっているのが原因となっている場合があります。胸の大きさなどは、女性ホルモンのバランスによって保たれていたり、変化を伴います。月経前後に胸が張ったり大きくなるというのもこのホルモンバランスに影響をされていると言えますね。

ストレスが溜まってしまうと、ホルモンバランスは崩れていきます。これにより、肌荒れや月経が遅れてしまったり、太りやすくなってしまったりとストレスは美容の天敵であることは有名ですが、それは胸の大きさにも影響されていくために、ストレスを抱えている人の胸は小さくなってしまいます。

特に女性はストレスの影響を受けやすいために、定期的にストレス解消や気分転換をしていかないと、ホルモンバランスが崩れてしまい、いくらバストアップ法を試したとしても効果がでないということも。

胸が小さいと悩んでいる人は、自分自身にたまっているストレスと向き合うことによって、胸の小ささが解消されていくかもしれません。

 

 その2:姿勢を正す

 胸が小さい理由には、姿勢の悪さも関係していきます。姿勢が悪ければ、全体的に身体はダルそうに見えてしまい綺麗なボディラインを作ることができません。なので、姿勢が悪ければ他人からみても胸が小さいと見えてしまったり、何よりも他人にはあまり好印象を与えることができませんね。

また、姿勢が悪いと胸が小さく見えてしまう他に血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなれば、胸の成長を妨げたり大きさの維持ができなくなってしまったりと、女性ホルモンなどがしっかりと胸に行き届くことができずに、結果的に胸が小さくなってしまう、成長しないということがいえます。

姿勢を正すコツとしては、頭から釣り上げられているようなイメージをすれば背筋が伸びます。背筋が伸びれば胸が張られますし、見た目的にも胸が大きく見えます。血流がよくなれば実際に胸が成長していくことにつながるので、姿勢を正してみることを考えてみましょう。

 

 その3:睡眠不足はNG

 睡眠不足は美容の大敵となることはご存知かと思います。寝ている間に身体は調子を整えたり、新しく細胞を作り替えているために、この時間がなければ身体は異常をきたしてしまい、肌はボロボロになったり髪にはツヤがなくなったりという問題が発生していきます。それは胸の小さい悩みにも言えることであり、睡眠不足は胸を小さくしてしまう大きな原因になっています。

夜しっかり寝ることにより、夜23時から深夜2時の間には成長ホルモンが分泌されていき、その間にしっかりと熟睡している人は胸も成長していき大きくなりやすくあります。しかし、しっかりとその時間に寝ていないことにより、身体は疲労し回復すらもままならないために、胸は一向に成長することはなく小さいままということに。

何よりも思春期時にこの時間に休まずに夜更かしばかりしていると、その後大人になってからバストアップをしようとしても困難になることも。睡眠は胸を成長させる大切な時間だということを忘れずに、出来るだけ早く寝るように心がけましょう。

【スポンサーリンク】

その4:バランスのとれた食事を心がける

 胸が小さいと悩みを抱えている人は、自分自身の食生活を見返してみてください。外食が多くなってしまったり、ファストフード店やコンビニ弁当などを利用することが多くありませんか?これらの外食が多かったり、栄養が偏った食事ばかりをしていると、胸に影響を与えてしまい、成長を妨げてしまうことに。

外食などでは味付けが濃かったりしていますが、それらは塩分の過剰摂取となってしまい、リンパの流れを滞らせてしまいます。そうなれば新陳代謝が低下、太りやすくなるほかに栄養が胸へと十分に運ばれないことになるので、胸は成長しません。また、肌の調子も悪くなったり脂肪をためやすくなってしまう為、スタイルが悪くなり不格好になってしまうことに。そうなれば、胸だけではなく身体全体の美容の悩みがさらに増えてしまうことになるので、出来る限りバランスのとれた食事をするように気をつけましょう。

 

 その5:無理なダイエットは禁物

 胸が小さくなってしまう原因には、無理なダイエットが原因となっている場合があります。女性の多くは日々ダイエットをしていたり、気をつけているようなものですが、それが胸を小さくしてしまうことに繋がっています。

ダイエットをする女性には間違ったやり方をしている人も多く、無理な食事制限やハイペースな運動などは身体に負担がかかり、ストレスを作ってしまうことになります。そのストレスは女性ホルモンバランスを崩してしまうことになるため、胸の成長を妨げる要因に。

また、間違ったダイエットをすると胸にある脂肪も落ちてしまうことになるのでバストダウンに繋がります。体調不良からは肌がボロボロになってしまうこともあるため、無理なダイエットはデメリットだらけに。ダイエット中の人は自分のダイエットが間違っていないか、無理をしていないかを見返してみましょう。

 

いかがでしたか?

胸が大きくならない、と胸が小さいことに悩んでいる人は大きくならないのではなく成長を妨げてしまっていたり、小さくしてしまっている可能性がほとんど。どんなにバストアップ法を試したとしても、胸を小さくすることや成長を妨げることをしていれば努力が実るということはありません。

今回紹介したコンプレックスの改善法を参考にして、是非胸が小さいという悩みから開放されてくださいね。

 

まとめ

胸が小さいのが悩み…
そのコンプレックスを上手に改善する5つの方法

その1:ストレス解消をする
その2:姿勢を正す
その3:睡眠不足はNG
その4:バランスの摂れた食事を心がける
その5:無理なダイエットは禁物

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!