胸を大きくする方法で知っておいてほしい5 つのもの

胸を大きくする方法で知っておいてほしい5つのもの女性らしさの象徴ともいえる胸は、女性にとって一番気になるパーツです。世の中の男性は「大きい胸が好き」というイメージがあるので、出来る限り胸を大きくしたいと常に試行錯誤しているに違いありません。

そんな女性たちに朗報です!胸を大きくする頬う方を実践してみると、整形手術をしなくても大きな胸が手に入りますよ!

今回は胸を大きくする方法をいくつかご紹介したいと思います。



 

胸を大きくする方法で知っておいてほしい5つのもの

 

ブラジャーは正しくつける

胸を大きくする方法を試す前に、自分の胸の本当のカップ数を知っておきましょう。と言うのも、ほとんどの女性がブラジャーのつけ方や選び方を間違えていると言われているからです。

自分に合ったサイズのブラジャーを選んで正しくつければ、無理に寄せて上げたりしなくても自然な膨らみが作れます。Aカップの方でもある程度脂肪があって、正しくブラをつける習慣を身につけながらエクササイズやマッサージを行えば、2~3カップはサイズアップが期待できるでしょう。

まずは正しいカップを知る事ですが、これは自分では難しいので下着売り場に行って店員さんに測ってもらうのが一番手っ取り早い方法と言えます。

つけ方は、まずストラップを肩にかけて、ブラの下側を持って少し前かがみになった状態でワイヤー部分をバストの下部分に合わせます。

丁寧にバストをカップの中に納めたらホックを止めて、前かがみのまま左手で左のストラップの上を少し浮かせて、右手をカップの中に入れてバスト全体を包み、右肩方向に優しく引き上げます。

身体を起こしてストラップの長さを調節したら、反対側の胸も同じように行います。

 

余分な脂肪をバストへ!

気になる二の腕の脂肪をバストに持ってこれたらな…と思う時ありませんか?実はそれは毎日マッサージをする事で可能なんですよ。

まずは二の腕の脂肪をバストに移動させるための準備として、1分間程良くもみほぐします。この時は脂肪が細かくなっていくことをイメージしながらやると効果的になります。

充分にもみほぐして脂肪が柔らかくなってきたと感じたら、手のひらを使って二の腕についた余分な脂肪を移動させるようにバストの上方に持っていきます。

その時にわきの下を通過しますが、わきの下にはリンパが通っているので、リンパマッサージをするようにわきの下を刺激するとより効果的でしょう。

 

おっぱい体操

メディアでも「バストアップに効果的な体操」として取り上げられた「おっぱい体操」は、どこでもできる簡単な体操な上に期待通りの効果が得られると話題になりました。

始めに左のバストを右手で持ち上げて、鎖骨の中心に向かって斜め上にはずませるように揺らします。1秒間に2~3回のペースで揺らし、これを20~30回繰り返し、反対側も同様に行います。

次にバストを両手で脇から中央に寄せるようなイメージで持ち上げて、上に向かって揺らします。これも1秒間に2~3回のペースで、20~30回繰り返します。

このおっぱい体操は簡単ではありますが、継続しなければ効果は期待できません。テレビを見ながらでもできるので、是非習慣として行うようにしてくださいね。

【スポンサーリンク】

リンパマッサージ

胸の周りのリンパの流れを良くする事で、バストアップが期待できます。またリンパを刺激する事で女性ホルモンの分泌が促せるので、上を向いたきれいなバストになる効果もあるでしょう。

左胸の上に右手を、下に左手をあてて、上の手は内側からわきの下に向かって、下の手は外側から内側に向かって胸を包み込むように10回ほどさすります。反対側も同様に行います。

胸の下に4本の指をあてて、胸の外側に持ち上げるようにして、わきの下まで両手で10回ほどさすります。反対側も同様に行います。

最後に両手の4本指を使って交互にバストの下から軽くリズミカルに20回ほどたたき上げていきます。反対側も同様に行います。

 

食生活に気を付ける

バストを大きくしてくれるのは女性ホルモンの働きでもありますが、この女性ホルモンであるエストロゲンにはコラーゲンやエラスチンを合成する役割があり、大きなバストになれるだけではなく髪の毛や肌を美しくしてくれたり、自律神経のバランスを整える働きもあります。

しかしこの女性ホルモンは歳を重ねていくにつれて減ってしまうので、胸を大きくする方法として女性ホルモンを活性化させる食べ物を積極的に摂る必要があるでしょう。

一番効果的なのは「大豆」です、大豆には「大豆イソフラボン」が含まれていますが、これこそが女性ホルモンの減少を補ったり、バランスをとってくれます。大豆イソフラボンを豊富に含む食材である納豆やおから、豆腐、高野豆腐、みそ、葛などを積極的に摂るようにしましょう。

また人間の体の細胞を作る栄養素である「タンパク質」も、ハリのある肌や豊かな胸になる為に必要なので、タンパク質を豊富に含む鶏肉や赤身の肉、魚類、卵、牛乳なども必要と言えるでしょう。

 

いかがでしたか?

胸が小さいからと言って諦める必要はありません。自分の努力次第で胸を大きくする方法はたくさんありますよ。

胸が大きくなった自分をイメージしながら、是非ご紹介した方法を試してみて下さいね。

 

まとめ

 胸を大きくする方法で知っておいてほしい5つのもの

・ブラジャーは正しくつける
・余分な脂肪をバストへ!
・おっぱい体操
・リンパマッサージ
・食生活に気を付ける

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!