元カレと連絡をする前に持っておきたい5つの心構え

元カレと連絡をする前に持っておきたい5つの心構え元カレに連絡を取るのはとても勇気のいることですよね。しかしどうしても連絡をしなければならない時や、以前のように仲良くなりたい、友達に戻りたい、またはヨリを戻したいと思い、元カレに連絡を取ろうと試みる人は少なくないでしょう。しかしある程度のことを覚悟しておかなければ、何も考えずに連絡をすると傷ついたり悩んだりと、連絡を取ったことによりマイナス思考になってしまうことも多々あります。

今回はそんな時のために、元カレに連絡をする前に持っておきたい心構えについて紹介をしていきます。



 

元カレと連絡をする前に持っておきたい5つの心構え

 

その1:返信がかえってこないケース

 勇気を振り絞って、メールや電話、LINEなどで連絡を取ったとしても、別れた相手ということもあり連絡が返ってこない確率のほうが高いと思っておいたほうがいいでしょう。

相手からすれば今更に感じることや、正直どう反応したらいいかわからないなど、いきなり元カノから連絡がきたとすると色々と考えてしまい、悩んでしまうもの。そうしているうちに返信するタイミングを失ってしまい、結果的にシカトをしてしまうということもありえます。

また、あまり良くない別れ方をした場合には相手は返したくない、むしろ連絡をしてこないでほしいと望んでいる場合も。それでもどうしてももう一度連絡を取りたいと思うならば、タイミングや相手の熱が少し冷めるまで時間をおき、少し相手を伺う感じで丁寧に接してみると相手からしても邪険にはできないので、比較的返信もしてくれる確率が高くなります。

もし返ってこない場合には、催促をほのめかしたり連続で連絡を取ると、本当に嫌われてしまったり疎まれてしまうことにつながるので、その場合には再び時間をおくことをオススメします。

 

 その2:冷たくあしらわれてしまう可能性

 もし自分が原因で別れてしまった場合には、相手は自分には良い思い出や印象を抱いていないことがほとんど。もう関わりたくないと思っていたり、怒っていたりするので、付き合っていた当時のような優しさを望んではいけません。相手は容赦なくあなたに刃を向けるので、高確率で傷つけられてしまうことを踏まえてから連絡するのがいいでしょう。

連絡をとったとしても、元カレが冷たい言葉や罵詈雑言を吐いてきたり、または言葉では冷たくなくとも、雰囲気や態度が冷たい可能性もあります。その場合は元カレからしたら、面倒くさいと思っていたりするので、当たり障りなく焦らずに少しずつ会話を広げていくといいでしょう。

徐々に、そして控えめに相手に連絡をとっていけば、次第に元カレの冷たさにも慣れてくると同時に、冷たくすることもずっと続けられるほど簡単なものでもないので、関係は良好になっていくと思います。焦らずに、冷たくあしらわれてしまっても、めげない心が大切です。

 

 その3:彼女の存在

 元カレに連絡をとったとして、ヨリを戻したい友達に戻りたいと思っていても、すでに元カレに彼女いる場合には諦めるしかないかもしれません。ヨリを戻したいと思っていたのならば、すでに元カレに彼女がいる場合には自分が入る余地はありませんし、略奪愛も相手からしたら嫌な印象しか与えずにより距離が開いてしまうということもあるのでオススメしません。

また、友達や気軽にしゃべる仲になりたいと思っていたとしても、やはり以前付き合っていたというのがネックに。元カレが付き合っている彼女からすれば、元カノと彼氏は仲良くしてほしくないのが大半ですし、以前愛し合っていた仲ならば再び仲良くなったのを機に間違いが起きてしまったり、心変わりをしてしまうなど、相手の彼女を傷つけることになります。

元カレ自身も元カノであるあなたと仲良くしたいとは思っていたとしても、やはり優先事項は今カノであることは変わりないので、彼女がいる場合には潔く連絡を取ることを諦めたり、必要最低限に抑えるのがいいでしょう。

【スポンサーリンク】

その4:元カレがまだ自分を特別に思っている可能性

 元カレへの連絡の目的には自分自身は未練も何もなく、ただの友達として仲良くしたいと思って連絡する場合もあると思います。しかし、実は元カレからすればまだ未練な残り、あなたとヨリを戻したいと考えていたりする可能性がないとは言い切れません。

もし元カレへと連絡をした場合、相手から好意を受けることを覚悟しておくのがいいでしょう。それを嫌と思わなかったりまんざらでもないならば問題ありませんが、自分にはすでにそういう気持ちもなければ今後そういうつもりがないという場合、相手にどう接していくかということを前もって考えておくのがポイント。

自ら連絡をするということは、相手に期待をさせることに等しいためにそれから冷たくする、やっぱり連絡をしたのはなかったことにするということはできません。

その場合には自分にはそういう気持ちはないということ、期待に応えることはできないということを早いうちに打ち明けてから、今後連絡をとっていくか、とらないかを決めていくようにしましょう。

 

 その5:元カレが昔と変わっている

 時が経てば人は変わります。学生ならば就職して仕事を始めていたり、人との出会いから考え方や価値観が変わっていたり。また、見た目にも変化が出ていることも十分にありえます。元カレに連絡をすることによって、元カレの変化にショックを受けたり、置いて行かれたりする気分になるということもあるでしょう。元カレのことはよくわかっているつもり、と思って連絡をするとそんな気分になってしまうことも。

別れれば心機一転と思い環境を変えたり、新たに始める事や付き合いが増えることはよくあることです。そうなれば人は刺激を与えられ、どんどん昔の自分とは変わっていくものです。それは当たり前のことですが、一度でも付き合っていた恋人に関しては自分がよくわかっていると思ってしまいがちに。別れてもどうせ変わっていないはず、なんて余裕を持って連絡をすると、裏切られた気分になってしまいます。

元カレに連絡をする際には、以前とはまったく違っている人と連絡をするような気持ちでするようにしましょう。下手な期待や余裕は、態度や言葉と出て相手を傷つけてしまったり、関係を壊してしまうこともあり得るので注意しましょう。

 

いかがでしたか?

元カレに連絡をするというのは、期待や不安がつきもの。ある程度のことを覚悟しておかないと、自分が想像する元カレ像とは違ってしまって傷ついたりショックをうけたり、または悩みが増えてしまうことも。元カレへと連絡をする際には、昔と同じような彼である、ということは思わないほうがいいと言えます。昔と同じではない、昔のように自分と接してくれはしない。そう考えておくことが、元カレへと連絡をした際に受けるギャップやショックを和らげることになります。

今回紹介した心構えを参考にして、元カレに連絡を取ってみてくださいね。

 

 まとめ

 元カレと連絡をする前に持っておきたい5つの心構え

その1:返信がかえってこないケース
その2:冷たくあしらわれてしまう可能性
その3:彼女の存在
その4:元カレがまだ自分を特別に思っている可能性
その5:元カレが昔と変わっている

アナタに訪れる運命を知る方法

アナタの宿命や人生の転機はアナタが選んだカード、生年月日と血液型から分かります。

当たると評判の占い『フューチャーオラクルカード』では、どうすればアナタが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる2000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、アナタの運命を劇的に変えてくれます。

今すぐ運命を知りたい方は、是非お試しください!

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!