元彼に連絡をしたことにより芽生える6つの感情

元彼に連絡をしたことにより芽生える6つの感情楽しいはずだった時間も終わり、2人の関係にピリオドを打つというのは避けられないものなのかもしれません。別れた後は辛いものですが、しばらくすると気持ちも落ち着いてきて、前ほど気にならなくなるということは多いかもしれませんが、やはりどこか特別な存在であったというのは大きく心に残るもの。

そんなときに元彼に連絡することによって芽生えてしまう感情というものは様々なもので、複雑な気持ちを抱いてしまったという人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな、元彼に連絡をしたことにより芽生える6つの感情について紹介をしていきます。



 

元彼に連絡をしたことにより芽生える6つの感情

 

その1:嬉しい気持ち

 元恋人というのは、たとえどんなに円満な別れ方をしたとしても、別れた後に再び接するというものはどこか気が引けてしまうものがあります。とても距離が近かっただけに、一度離れてしまえば、より広く距離が開いてしまった感じがして、どこか寂しいような切ないような気持ちになりますよね。

再び連絡をしたことによって、相手が嫌な気持ちにならないだろうかというのは誰もが思うこと。そんな気持ちとは裏腹に、自分の連絡に返信や返答があった場合などは、どこか嬉しい気持ちになってしまうものです。

マイナス思考だったときに、期待していた結果が舞い降りてきたら嬉しいものですし、一瞬だけ昔に戻ったような感じになって舞い上がってしまうかもしれませんね。

 

その2:楽しい気持ち

 やはり付き合っていたということは大きなもので、楽しい時間を一緒に過ごしていた相手だからこそ、久々に連絡をとりあって、しっくりくるような感じになったという人も多いかもしれません。

落ち着ける相手、お互い理解をしあっているからこそ気を使わなくていい、笑いのツボが同じ。破局はしてしまっていても、付き合ったことは事実として残っているわけであり、付き合う理由やその間に築いていった2人の関係も確かなものだといえます。

この人だから楽しかったんだ、と再確認できると同時に切なくなるかもしれませんが、久々に盛り上がり楽しめる関係というのも素敵なものですよね。

 

 その3:切ない感情

 元彼に連絡をすることによって、少なからず未練を抱いていた人にとっては切なさを強く感じる瞬間になるかもしれませんね。

もうこの人は自分の隣にはいないんだ、ということを再び実感する機会にもなってしまうので、別れたことを痛感するなんてこともあるかもしれません。また相手の良さをさらにみつけることができて、より切なさがこみ上げてしまうなんてことも。

元彼に対して、そこまで嫌な印象を抱かずにわかれたという人の多くは、楽しさや嬉しさよりも切なさが勝るかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

 その4:苛立ちを感じる

 元彼に連絡する内容にもよりますが、やむおえない事情によって連絡する場合、別れたにも関わらず馴れ馴れしかったり、空気が読めない相手には苛立ちや嫌悪感を抱くこともあるでしょう。

別れたのだから他人行儀でいたい、という人にとっては馴れ馴れしく昔のように接しようとする相手に対して、うんざいろちう気持ちを抱いてしまいますし、それが繋がって苛立ちにもなっていきます。

なるべく別れたのならば距離を置きたいと思う人には、元彼と距離を取っていくのが普通だと思いますが、仕方ない状況下の中で連絡をしなければならなくなったときは、そんな理不尽さと合わせて苛立ちを感じてしまうものですね。

 

その5:悔しい気持ち

 久々に連絡をしてみたら、相手がとても幸せそうだったと思うとどこか悔しい気持ちになってしまうものです。たとえば新しい恋人と自分たちのときよりも幸せそうに、順調に関係を築いていったことを明かされてしまった場合や、仕事で成功を収めたなど、リアルが充実しているところをきかされてしまうと、自慢話に感じてしまい、悔しさが残るなんてことも。

特にこちらが振られた側ならば「私はこんなにつらい思いをしているのに」と、相手の幸せに苛立ち妬み、悔しんでしまうことにも。そういった場合は気の使わない友人などに、思いっきり愚痴を聞いてもらうとスッキリするでしょう。

 

 その6:後悔

 なんで別れてしまったのだろう、と昔の幸せだったときを思い出して後悔をしてしまう人は多いかもしれませんね。

別れる直前というのは、別れるということが頭の中を占めてしまっていて、冷静な考えができなかったり、頭の中が混乱していたりして、判断を鈍らせてしまうことがあります。

一度別れて冷静になったときに「なんで別れてしまったのだろう」「あの程度ならばもう少しがんばれたはずじゃないか」と振り返ってしまい、頭が熱くなっていた過去の自分に後悔することも。

一度付き合い笑いあった相手ならば、楽しい時間を過ごしていたのは宝物とも言えますし、再び連絡をしたことに寄って、相手の良さを実感してしまった場合、破局の道を選んだことに後悔するかもしれません。

 

いかがでしたか?

破局をしてしまった理由にもよりますが、元彼に連絡することによって芽生える感情というものは様々なものがあるということがわかります。しかしどれも共通して言えることがあるとするのならば、どんな関係になっていても、恋人時代は楽しい時間を共に過ごしていたということ。

過去に楽しい時間を過ごしたからこそ、思い出して嬉しい気持ちや楽しい気持ち、または後悔に繋がると思いますし、切なさや怒り、悔しさも出てきてしまうのだと言えます。

復縁を望んでいたり、友達に戻りたいと願う以外はできるだけ相手と連絡をとらないほうがいいかもしれませんね。

 

 まとめ

  元彼に連絡をしたことにより芽生える6つの感情

その1:嬉しい気持ち
その2:楽しい気持ち
その3:切ない感情
その4:苛立ちを感じる
その5:悔しい気持ち
その6:後悔

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!