元カノに未練を持っている自分を感じる5つの瞬間

元カノに未練を持っている自分を感じる5つの瞬間どんな出会いにも別れは必ずあるもの。別れるということに対して納得いくものもあれば、いかないものもあり、時には未練を引きずってしまうということも多くあるでしょう。

その未練というのは平気な振りをしていても、ふとしたときに感じてしまうことがあり、落ち込んでしまうことや、まだ恋人のことを忘れられない自分に気付かされることもあるかと思います。

今回はそんな、元カノに未練を持っている自分を感じる5つの瞬間について紹介していきます。



 

元カノに未練を持っている自分を感じる5つの瞬間

 

 その1:元カノを見かけた時

元カノへの未練を断ち切った、自分は新しくスタートをさせたつもりであったとしても、元カノ本人を見かけてしまった場合にはそんな考えも一瞬で消え去ってしまい、未練が残っていることに気付かされることがあります。見かけてしまった、または同じ空間で何かをしている時などは、変に意識をしてしまい、逆にあちらが普通に接してきたりすると自分だけが未練に取り残されると痛感することがあります。

いくら別れたとはいっても、一時期は愛し合った仲。特別な関係であったことは変わりなく、その事実は別れた後に消えるということもありません。見かけることによって、楽しかった日々のことを思い出したり、あの子の隣にいたのは自分だったのに…なんて無意識に思ってしまうものですよね。

 

 その2:元カノの笑顔を見た時

交際していた時やその前の片思いの段階で、最も惹かれたことのある魅力の1つに笑顔があります。素敵な笑顔というのは観ているだけでこちらも嬉しく幸せな気分になってきますし、それが自分の愛する恋人だったりするならばその魅力はさらに倍増していくもの。

別れたあとに、ひょんなことから元カノの笑顔を見てしまった場合や見かけてしまった場合などは、彼女がどれほど自分の中で大きな存在であったのかに気付かされることもあります。その笑顔を守るために自分は側にいたかったと思うことや、彼女を笑顔にさせるために自分は頑張っていた。そんなことは付き合いが長くなればなるほどに忘れがちになってしまうもの。

別れ際の笑顔が少なくなった時期の虚しさと、笑顔で満ち溢れていた日々を思い出して、どうしようもない虚無感に襲われてしまうということがあるみたいですね。

 

 その3:元カノが可愛く綺麗になっていた

久しぶりに見かけた元カノが可愛くなっていた、綺麗になっていた姿を見ると、どこか惜しい気持ちになってしまうのも未練の1つ。自分といたときにはあまりにも見慣れてしまって魅力に気付かなかったということもあるでしょう。または、交際中自分自身が彼女に対してひどいことを言ってしまったことがあるという人も少なくないでしょう。

自分と別れたことによって、可愛く綺麗になり魅力が高まっている彼女をみると、惜しい気持ちや、なんで別れてしまったのだろうという気持ちになってしまいます。

男性は支配欲を持つ生き物でもありますから、逃した魚は大きい。そう思って、なんでもう少し付き合っておかなかったのか、何故自分が綺麗に変えてあげられなかったのか、魅力を引き出せなかったのか…。そう後悔してしまう人も多いみたいですね。

【スポンサーリンク】

 その4:元カノに恋人が出来ていた

別れた彼女に新しく恋人ができていた。それは自分自身が目の当たりにしてしまうことや、風の噂などできいてしまうことで知ることがあります。人は別れて恋に終止符を打てば、新たな恋を探すために前向きになるのが普通ですし、予想できていなかったわけではないにしても、どこか切ない気持ちになりますよね。

それは、元カノが自分の隣にいるのが当たり前になっていたということや、自分のものだと錯覚していたから。たとえ自分から別れを告げたとしても、その中には彼女はまだ自分を見てくれるという確証のない自信のようなものは残るもの。

しかし元カノに新しく恋人ができていることを目の当たりにした場合、その無意味な確証は崩れさってしまい、途端に自分だけ取り残されていることに気づいてしまいます。

自分だけが元カノを別れてからも気にしていたということや、もしかしたら元カノにとって自分はそこまでの存在だったのかもしれない。そういった考えが未練となって姿を現してしまうようですね。

 

 その5:元カノの良さを思い出されてしまった時

恋人と別れたらそこから音信不通になる、というケースも多くありますが、学校内で付き合っていたり社内恋愛をしていたりした場合などは、いくら別れた後だったとしても顔を合わせなくてはいけない場面というのは多くあります。

気まずいからなるべく顔を合わせたくないと思ってしまうものですが、そんな中で元カノが付き合う前のように平然と自分に接してきたことによって救われることって結構ありますよね。

たとえそれが事務的、業務的にだったとしてもそういった気遣いができる一面に惹かれてしまったり、さり気ない仕草や自分の話についていけたり、価値観があっていたり…。改めて、恋人という枠から出て接してみることによって、鮮明に元カノの魅力や居心地の良さを感じてしまうことってわりとあるかと思います。

しかし、それはあくまで顔を合わせなくてはいけないからという状況下だからこそ、元カノが気遣ってやっていること。近いようで大きな壁を感じてしまうことによって、途端に虚しさを感じてしまい、楽しさと切なさの間で困惑してしまう人も多いかもしれません。

 

いかがでしたか?

別れはあちらからでも、こちらからでも、ふとした瞬間に元カノの魅力や居心地の良さに気付かされてしまい、未練を感じてしまうということは結構あるもの。

しかし別れてしまったから、再びヨリを戻るのも難しく、プライドが邪魔をしてしまってと素直になれないこともあるでしょう。何故別れてしまったのだろう、そういった後悔を持ち、未練を持っていることに気付かされてしまったのならば、もう一度素直になって彼女と向き合って見ると、案外元カノも同じようなことを思っているということもあるかもしれませんね。

 

まとめ

 元カノに未練を持っている自分を感じる5つの瞬間

その1:元カノを見かけた時
その2:元カノの笑顔を見た時
その3:元カノが可愛く綺麗になっていた
その4:元カノに恋人が出来ていた
その5:元カノの良さを思い出されてしまった時

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『運勢鑑定』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!