出会いの場に行くのがめんどくさいと思う5つの心理

出会いの場に行くのがめんどくさいと思う5つの心理出会いがある場所に行くのを「めんどくさい」と感じる心理には、ただの怠惰ではありません。それにはちゃんと理由があります。

例えば合コンに飲み会、ホームパーティなど彼氏彼女を探すためにつくられる出会いの場。知らない人間同士がたくさん集まる会なら確かに何かしらの出会いはあるでしょう。しかしそうかといって、何となくそういう場に行くのは気が引ける、というか正直言って面倒!というあなた、そうやって思うことにはちゃんと理由がありそう。

いつも新しい人と出会って、恋愛をしたり、仕事をしていく。そんな状態でいられたら退屈だと感じる日々や人生そのものも劇的に変化します。どうしたら人と出会うように動いていけるのでしょう?まずはあなたが「めんどくさい」と感じる理由を考えてみましょう。



 

出会いの場に行くのがめんどくさいと思う5つの心理

 

1.自分の殻に閉じこもっている

 人との出会いは、多かれ少なかれあなたの生活に変化をもたらします。新しい人との出会い、新しい展開、新しい生活…こういう言葉を聞くといやーな感じがするという人、そういう人は知らない間に自分の殻に閉じこもるような状態になっています。考え方を変えてみましょう。

あなたの生活が例え見た目には何の変化もなく安穏と過ぎて行っても、実際には何も変わらないということはあり得ません。あなたの生きている世界は常に変化を続けています。常に変わり続ける、それが世界の在り方なのです。この世界に存在しているものは、生き物であれ自然であれ、変化をしないでいるということは出来ません。本来は変わっていくことが自然なのに、自分の殻に閉じこもっている状態では、変化の波に乗り切れないでいることに。

世界の変化のスピードはますます上がっているのに、あなたがそのまま変わらない自分でいると、人と出会えないだけでなく、やがては自分を窮地に追い込むことになります。「自分は殻に閉じこもっている」という事実を認めて、解決策を考えてみましょう。

 

2.現状に満足だと思っている

今の仕事や生活に何の不満もない、もしくは少しくらい嫌なことはあるけど、我慢できなくはないし自分は今のままでいい。

そうやって現状に満足している状態だと、わざわざ出掛けて行って、新しい人と出会うのが億劫になります。出会いの場所に出掛けていくのには、動機が必要です。気持ちが湧いてこないと、中々新しい人に会う勇気も出ませんよね。

現状に満足だと思う人は、自分には更に素晴らしい人生があることを考えてみましょう。あなたは可能性の塊です。出会いの場に行くことで、更にあなたの大きな可能性が拓かれるかもしれません。

 

3.過去が解決されていない

過去はいつも今や未来に影響しています。あなたは過去に何かやり残したことがあるのではないでしょうか?過去のわだかまりがあるから、未来に向かって行動を起こせないでいるのです。

例えば心から新しい出会いを求めているのに、いざそういう場に行くとなると尻込みしてしまうという方。はやる気持ちは分かりますが、まずは過去に何かやり残したことや心残りになっていること、解決できないでいたことがないか考えてみましょう。もしかすると、今のあなたならやり遂げたり解決できるようになっているかもしれません。過去が解決すれば、自然と未来に向かえる自分になっているはずです。

【スポンサーリンク】

4.一人でいたいことが本音

人が集まる場所に行く気がしない、という時、あなたは今、自分1人でいた方がいいという場合もあります。1人でやるべきことと向き合うことも、人と出会うことと同じくらい大切なことです。たくさんの人と出会っても、自分の中にしっかりした意志が無ければ、人に影響されたり、流されたりしてあなたのためにならないでしょう。一人でいることは決して恥ずかしいことではありません。

大切なのは、自分にとって今必要なのは新しい出会いなのか、1人でいることなのかを分かることです。感受性が豊かであれば、自分がどうすべきなのか正しく判断できます。

 

5.自分の内面を変える必要がある

新しい人に出会っても、あなたの中にあるものが変わらなければ、今あなたが既に知っている人と似ている人に出会うだけです。人と人は自分の中にあるものと同じものを持つ人に出会います。あなたの内面が、そっくりそのまま周りの人の関係の中に現れます。

例えば人の中にいると何かにつけて責任事を引き受けることになる、という方は、あなた自身が変わらなければ新しい人に出会ってもいつもと同じ結果になります。そのことを薄々自分でも勘付いているから、人と新しく出会うことが面倒だと感じるのではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

新しい出会いは人の前に不意に訪れる、心温まる出来事。そういう出会いばかりなら良いですが、そうではない出会いもありますよね。良い出会いばかりがある、そういう人生ならばとても楽しく毎日を過ごせそう。

出会いの起こる人生を生きるためには、自分の気持ちが活きる環境に身を置くことが大切です。そういう環境へ身を置くことをためらってはいけません。もしかするとそこはあなたの今までの価値観では意味のないところに見えるかもしれません。しかしそういう場こそあなたが本当に求めている人に会える場所なのです。

 

まとめ

出会いの場に行くのがめんどくさいと思う5つの心理

1.自分の殻に閉じこもっている
2.現状に満足だと思っている
3.過去が解決されていない
4.一人でいたいことが本音
5.自分の内面を変える必要がある

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!