メールを好きな人に送る時に気をつける6つのポイント

メールを好きな人に送る時に気をつける6つのポイント好きな人とのメールのやりとりはとても楽しいですよね。他愛ない文章でも、自分に対してどんな気持ちなんだろうかとあれこれ考えてしまうものです。メールであれば、自分の気持ちを伝えやすいですし、気軽にコミュニケーションが取れます。会話は苦手でもメールなら得意という人もいるのではないでしょうか。

せっかくメールのやりとりが出来る関係ならば、メールで失敗しないためにも、メールを好きな人に送る時に気をつけるポイントを知ってみませんか?それではさっそくご紹介しますね。



 

 メールを好きな人に送る時に気をつける6つのポイント

 

 1.メールが嫌いではないかを把握する

 好きな人とメールをするときは、好きな人が果たしてメールを嫌いではないかどうかをチェックしておきましょう。また、中にはメールなどにマメでないタイプの人や、仕事等が理由で携帯チェックが出来ない人もいます。そして夜遅くのメールが迷惑な人もいます。これらに対して、迷惑をかけないようにすることが礼儀だと言えるでしょう。

低姿勢になりすぎることはありませんが、多様な生活をする者同士ですから、気をつけたいですよね。それらを理解していて、タイミングのあったメールをくれる人は、とてもポイントが高いと思われるのです。

 

 2.自分のことばかりにならない

 好きな人にメールを送るとき、内容をとても気にしませんか?どんな内容を送っていいものか考えてしまうあまり、中々送信できずにいたり…。好きな人とメールをするときは、自分のことばかりを書いたメールを送らないように気をつけましょう。

好きな人にメールを送りたいとき、内容が思いつかなくてつい自分にあった出来事ばかりを送ってしまっていませんか?自分の一日の愚痴のような内容を送ってメールをやりとりしようと思うかもしれませんが、相手からしたら、「疲れた」「ありえない」というあなたの気持ちの内容に対して、どう返せばいいのか困ってしまいます。

それではあなたからメールがくると、めんどくさく感じられてしまうかもしれません。なので自分のことばかりにならないよう気をつけることが必要です。

 

 3.おせっかい的なメールはしない

 好きな人が仕事で失敗したという情報を耳にして、励ますつもりでメールを送ろうと考えることもあるでしょう。ですがこういうときは、おせっかいなメールにならないことが大切です。うまくいけば、励ましてくれたことであなたの好感度があがりますが、失敗すると、ただでさえ落ち込んでいるのに、君にまで言われたくないと感じてしまわれることになります。

好きな人にメールを送るときは、タイミングというものもあるということを知っておきましょう。相手がお願いしていないようなことや、望んでいないことを強引にしてしまうことのないように気をつけましょう。  

【スポンサーリンク】

4.長文すぎない

 メールを送るとき、メールの文が長文になってはいませんか?女性は長文のメールを作るのが得意であり、たくさんのことを伝えたいためメールが長文になってしまうということがあるものです。

ですが男性からすると長文のメールが苦手な人が多いです。また長文でメールがくることを重く感じることもあります。どう返事をしていいかわからなくなるからです。なので好きな人に送るときは長文にならないように気をつけましょう。

画面をスクロールすることなく、読める量が目安です。そして、2、3行の文字数の方が気持ちも汲みとりやすいので相手にも伝わりやすいと言えるでしょう。

 

 5.メールを 送りすぎない

 好きな人に夢中になるあまり、たくさんメールを送るようなことはやめましょう。必要以上にくるメールは嫌がられます。また返事をしていないメールに対しての催促のメールも嫌がられるものです。メールはほどよく送ることを意識しましょう。

メールを送る際は、好きな人にペースを合わせるということが大切なのです。返信がこなくても、待つことが大切です。それが好きな人とメールでうまくいく方法です。恋を成功させるためには、もどかしい気持ちを抱えつつ好きな人と距離をつめるために多少の我慢も必要なのです。

 

6.返信しにくいメールはしない

 好きな人とメールのやりとりがしたくて、または好きな人に反応してほしいがために、ひとことのメールを送ったり、また顔文字だけというメールになってはいませんか?

好きな人とメールをするときに気をつけるポイントは、好きな人が返信しやすいメールであるということが重要なのです。メールにストレスを感じるような相手とは、うまくいきません。なので好きな人に合うようなメールが出来るようになりましょう。

 

 いかがでしたか?

メールは好きな人とこの先うまくいくかいかないかを分ける、とても重要なコミュニケーションツールになります。お互いを判断する上でも、メールは参考にされるものです。

またメールでの印象が良い評価であれば、実際会ったときの反応も感触の良いものになります。なので好きな人にメールを送るときは、メール上手になれるようにすることが必要と言えるでしょう。

まとめ

メールを好きな人に送る時に気をつける6つのポイント

1.メールが嫌いではないかを把握する
2.自分のことばかりにならない
3.おせっかい的なメールはしない
4.長文すぎない
5.送りすぎない
6.返信しにくいメールはしない

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!