メールを無視したくなる…その時の5つの心境

メールを無視したくなる…その時の5つの心境メールを無視しようかな…という気持ちになることも、実際にあることではないでしょうか。その時には、どのような理由があるのでしょうか。

今までメールを無視した経験がある人も、出来れば無視をしたいと思ったことがある人も、何等かの理由があるのかもしれません。その心境について一緒に考えていきましょう。



 

メールを無視したくなる…その時の5つの心境

 

何度もメールがくる

相手から何度もメールがくると、そのたびに返信をすることが面倒になってきます。そして出来れば無視をしようかな…という気持ちになってくるのです。メールの場合は相手が読んだかどうか、LINEのメッセージと違って分かりません。

そのため、こちらが返信をしないと何度もメールが来るようなこともあるかもしれません。結果としては返事を催促するようなメールになることもあるのです。相手から催促のようなメールをされると、益々返信をすることが嫌になったり、急がなきゃ!と焦るようなこともあると思います。

それは相手に対しての愛情のバロメーターともいえるでしょう。催促をされてどう感じるかによって、相手をどう思っているかが分かるのです。

 

恋愛の駆け引きがしたい

すぐに返信をすると、メールを待っていたというように思われそうなので、ここであえて返信をしないことにより、相手をやきもきさせてみようということを考えることもあるでしょう。

それが自分にとっては恋愛の駆け引きなのです。でもあまり何度もそのようなことをしていると、相手からメールが来なくなることもあり得ることです。何度かはそのようなことをしても良いですが、出来るだけ返信はするようにした方が良いです。

恋愛の駆け引きが得意と自負している人もいますが、メールの返信を無視することを続けることにより、駆け引きのつもりが嫌われてしまうこともあり得ますので、注意が必要です。

 

用事が多くて返す時間が無い

仕事や用事などで、メールの返信が出来ない状態ということもあります。そうなると、メールを無視するしかないようなこともあるのです。メールの内容を読むことが出来ても返事を考えるような時間が無いということもあります。

返事は後にしようと思いながらも、時間が経っていて結果として無視をしたということもあるのです。自分にとってはただ返事が出来なかっただけでも、相手から見れば無視をされたと思うこともあるでしょう。

こういう時には、今忙しいというようなことを1文で良いので伝える必要があります。そして時間が出来たら返事をするということも伝えておくと、相手は安心して待つことが出来ます。相手の気持ちを考えたうえでメールの返信をしないか、どうするかを考えることが必要なのです。

【スポンサーリンク】

メールが苦手だから返しにくい

メールの文面を考えるのが苦手という人もいます。そういう場合には、メールが来てもどう返して良いのか分からないかもしれません。LINEなら一言で済ましたりスタンプでごまかせるけれど、メールの場合はそうはいかないと思い悩み、返信が出来ないままになってしまうこともあるでしょう。

こちらとしては悩んでいるのですが、それが相手には伝わらずメールを無視されたという事実だけが残ることもあるのです。メール自体が苦手ということでしたら、もらう分には良いのですが、返す分には難しいということを、事前に相手に伝えると良いかもしれません。

特に、これから仲良くしていきたいと思っている相手や、大切にしたい人には、事前に伝えることが誠意になるのです。伝えないことによりメールを無視することを繰り返すことになりかねませんので、そうならないように先に伝えておいて連絡手段を違うものに変えてもらうようにすると良いですね。

 

好き避けでメールの返信が出来ない

好き避けをする人でしたら、メールの返信をすることが出来ない場合があります。自分からのメールというのも、もちろんしづらいこともあるでしょう。メールをすることにより好きだとバレてしまうかも…と考えたり、メールの返信の内容によっては好きだと知られるかも…と思い書けないようなこともあるのです。

そして無視をするようなことになるのですが、自分では無視をしているつもりはなく、相手から言われて初めて理解することもあります。相手を傷つけるようなことをしないようにするためには、好きな人に対しては特に返事を短くても良いからするようにしましょう。

 

いかがでしたか?

メールを無視する人の気持ちについてお伝えしてきました。メールを無視するからには何か理由があることになります。その理由や原因について出来れば相手に事前に伝えることが出来れば、相手もメールを無視されたとは思わないかもしれません。

相手との関係を切りたいというように思っている場合でも、無視という形ではなく何らかの言葉で伝えることが必要ではないでしょうか。自分が好きな人から無視という形をとられた時にどう思うかを考えたら、やはり無視をせずに向き合いながらも、伝えるべきことを伝えた方が良いと思うはずです。

 

まとめ

メールを無視したくなる…その時の5つの心境

・何度もメールがくる
・恋愛の駆け引きがしたい
・用事が多くて返す時間が無い
・メールが苦手だから返しにくい
・好き避けでメールの返信が出来ない

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!