教師と生徒の恋愛において気をつける5つのポイント

教師と生徒の恋愛において気をつける5つのポイント教師と生徒という関係でありながら、好きになってしまう事もあるでしょう。お互いの気持ちに気付いてしまい恋が始まるのは仕方がありませんが、当然普通の恋愛とは違う点もあり、気を付けなければいけない事も沢山あります。

今回は、教師と生徒が恋愛する時に気を付けたいポイントをご紹介したいと思います。現在進行中の方、またはこれからそうなる予感がする方、してみたい!という方は是非参考にしてみて下さいね。



 

教師と生徒の恋愛において気をつける5つのポイント

 

1:アクションは卒業してから

教師と生徒の恋愛が成就したカップルに共通している事は、卒業してから交際を開始している事です。生徒から好かれて嫌な思いをする教師はいませんし、好きでいたり告白をしても問題はありませんが、1人の生徒と仲良くしたりプライベートで会ったりする事は立場上できません。

「頑張って志望校に合格して卒業したら告白するから待っていて下さい」と宣言しておけば、多少気持ちが楽になり勉強にも身が入るのではないでしょうか。晴れて志望校に合格して卒業したらあらためて告白をすれば、教師も生徒ではなく1人の異性として考えて答えを出してくれるはずです。

教師にしてみれば、特別な感情を抱かれていると知った時点で、その生徒を避けてしまう事もあります。日頃から教師と生徒という立場をわきまえているという事で親近感を深めていく事が、その先の幸せにつながると信じて頑張りましょう。

 

2:相手の立場を思いやる気持ち

もしも教師と生徒の恋愛が周囲に知られてしまった場合は、お互いにとって良い事はありません。教師という立場上、突っぱねても問題になりかねないし、かと言ってたとえ好意があったとしても受け入れる訳にも行きません。生徒との恋愛は下手すれば懲戒免職になりかねなく、命取りと言っても過言ではないからです。

なりたくて教師になったけれど、生徒との恋愛が原因で職を失うとなれば、受け入れがたい気持ちは理解してあげるのが思いやりでしょう。生徒にしてみても、それが原因で周囲から陰口をたたかれていじめられたり、近所の噂話のネタにされて肩身のせまい思いをしなければならなくなります。

かと言って諦めろという訳ではなく、ゆっくりと進めて行けば恋愛に発展する可能性はおおいにあります。本当に好きなら少し冷静になって相手の立場を考えて、教師と生徒という関係が終わるのを待って告白すれば「自分の立場をちゃんと考えてくれたんだな」と想いが伝わるはずですよ。

 

3:接点を多くする

教師との距離を縮める為には、接点を多くする事がおすすめです。例えば、何か部活の顧問をしているなら迷わずその部活に入り、生徒会や学校行事に積極的に参加するのも良いでしょう。とにかく身近にいられる環境を作る事が大切です。

会話をする機会を増やす事もポイントです。一番良いのは相談をする事で、勉強の事や人間関係、家庭での悩みなどを相談すれば、親身になって聞いてくれるはずです。個人的な相談は、1人の生徒の事だけを考える機会になり、印象に残るでしょう。

他にも、笑顔で挨拶したり、感謝の気持ちを伝えたりすると良い印象が残ります。「先生の教え方すごくわかりやすい!」「苦手な教科なのに好きになれそう!」などと、指導する立場の教師にとって嬉しい言葉をかけるのも好印象でしょう。

【スポンサーリンク】

4:学校にいる間は成績や行動でアピール

教師にとって一番嬉しいのは生徒の成績が上がる事です。ロマンチックではありませんが…これは教師であれば当たり前の事なのでしょうがありませんね。

それならば、学校にいる間は、教師に恋する気持ちを勉強に向けてみるのも良いでしょう。普段以上に頑張って成績が上がれば、自分の為にもなりますし、教師から見ると「頑張ってるな」と印象に残る生徒になります。

勉強もそうですが、行事に積極的に参加したり、ボランティア活動などにも興味を持つ事は人間的な魅力をアピールするきっかけにもなりますね。

何事も一生懸命取り組む姿を見れば、頼もしい生徒だと思われます。「この子は大丈夫だ」と教師に信頼される事は、二人の距離を近づけるための第一歩となりますよ。

 

5:普通の恋ではないと思う事は大切

本人同士にしてみれば、好き同志が恋愛して何が悪いの?!という思いがあるかもしれませんが、やはり世の中の常識的に言えば「普通の恋愛」ではありません。

しかし、普通の恋愛ではないのだから多少の困難は当たり前!という考え方もできますよね。卒業してから恋愛が始まっても、関係を内緒にしなければいけないかもしれません。生徒の場合は、在学中からずっと好きだったら同年代の異性と知合ったり出掛けたりする楽しみが制限されていたかもしれませんし、教師の場合なら、同年代の大人の恋人がいれば日々のストレスが癒されたりくつろげたりする事もあるでしょう。

普通の恋愛ではなかったのだから、普通よりも努力や忍耐が必要なのは当たり前だととらえて思いを貫く覚悟は大切です。辛い時もあるでしょうが、その経験で得た物は、たとえ良い思い出に変わったとしても満足感や達成感がある事は間違いありませんよ。

 

いかがでしたか?

憧れの教師に恋をする経験は誰にでもあるでしょう。しかしそれは難しい恋でもあります。男と女である以上、お互いに惹かれあうのは悪い事ではありません。悪い事ではないですが、悲しい思いをしたり周りに迷惑をかけるというリスクがあるのが教師と生徒の恋愛です。

縁がある二人なら、きっと一緒になれるはずです。焦らずゆっくりと時間をかけて築いていく関係も悪くありませんよね。

 

まとめ

 教師と生徒の恋愛において気をつける5つのポイント

1:アクションは卒業してから
2:相手の立場を思いやる気持ち
3:接点を多くする
4:学校にいる間は成績や行動でアピール
5:普通の恋ではないと思う事は大切

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!