恋活しなきゃ!と思う5つの瞬間

恋活しなきゃ!と思う5つの瞬間恋活とは【恋愛を目的として出会いを求める活動】のことを指します。近年の恋愛データを元にしてみると、意外と多くの人が恋愛をしていないという結果も出されており、中には30代になっても恋愛経験ゼロであるという人もいるほど。

現代の中で恋愛をする余裕がない、または興味が無いという人も多くいるのは事実ではありますが、ふとした瞬間に虚しさや切なさを感じて、恋活をしなくちゃ!と思う時ってありますよね。

今回はそんな、恋活しなきゃと思う5つの瞬間を紹介していきます。



 

恋活しなきゃ!と思う5つの瞬間

 

気付けば周りはカップルだらけだった時

 恋愛は縁があればそのうちなんとかなる。余裕を持ってそんなことを思っていると、気づいたら周りはカップルだらけで自分だけフリーだった…なんてことは案外多いことかもしれません。

周りがカップルだらけになると、さすがに自分だけが取り残された気分になり、いかに恋愛から遠ざかっていたかという事実に気付かされ、余裕も何もなくなります。そうとなれば恋活をして自分も周りのように幸せを掴まなきゃ!という姿勢に。

時が過ぎるのは早く、気付けばアラサー近くなっていた…自分だけが独身・フリーであるという悲しい現実に直面し手遅れにならないように、普段から周りの恋愛情報に耳を傾けておけば、自分だけが取り残されるという自体は回避できるでしょう。

 

彼氏や彼女がいない歴=年齢

 近年恋愛率が低下しているといわれていますが、その中でも増加傾向にあるのが、恋人いない歴=年齢の人たち。恋愛に夢を見て理想を思い描いて、いつか白馬の王子様が…なんてことを思っていても、自分から行動をしなければよっぽどのことがない限り恋愛をするのは難しいと言えるでしょう。

理想や想像上では恋愛をしている気になっていても、実際恋人いない歴=年齢だと焦りも出てくるだけでなく、恥ずかしさとなって周りにも言いづらくなっていきます。ある程度の年齢になれば、一人だけでも恋人がいた経験がある人が多くなってくるので、自分だけ付き合った経験がないというのは冗談でも笑えない事実。

一度でいいから付き合ってみたい。自分も周りと同じような経験をしたい、そういった焦りから恋活をしなくちゃと意気込む人も多いようですね。

 

 恋愛トークにまったくのれない

 恋活としようと思う瞬間は、自分が恋したいという気持ちよりかは周りに影響される場合のほうが多いかもしれません。

自分自身恋愛をしていない、恋人がいないとなると、恋愛トークにまったくのることができません。恋愛トークというのは、特に女子の間では欠かせない話題。最近気になる人とはどうなのか、彼氏とはどこに行ったのか、ガールズトークの大半を占めると言っても過言ではありませんよね。

そんな友人たちのガールズトークをきいていると、自分の持ちネタの少なさや話題に乗り遅れている感じに劣等感を感じてしまうことも。また仲が良い友人の幸せそうな顔を見ていると羨ましいと思い、自分も幸せになりたいという気持ちが芽生え、恋活には前向きになります。

ガールズトーク、恋愛トークの中に入れない自分を変えなきゃ、そんな気持ちが恋活へと意識を向けてくれる要因となっていきます。

【スポンサーリンク】

 恋愛ドラマや映画、漫画などを見た時

 恋愛に対して誰もが理想やイメージというものを抱いていると言えるでしょう。それはたとえ恋愛から遠ざかっている時や余裕がない時でも、恋愛における刺激を感じることができれば一気に火がつくものであり、恋活しようという気持ちになります。

よくあるのが、恋愛ドラマや映画、漫画や小説などで素敵な恋愛のシチュエーションや気持ちを共感出来た時。自分も恋がしたくなってきた、幸せになりたい。愛する人と何気ない日々を歩んでいきたいという気持ちは自然と膨れていき、恋活しなくちゃという前向きな気持ちへと変化していきます。

自分も劇的な恋愛をしてみたい、日々支え合えるような、自分だけのドラマを描いていきたいと思いながら恋活をすると、きっと素敵な縁が巡ってくるでしょう。

 

 一人で過ごすことが多くなった時

 恋人がいることによって、様々なイベント事や予定などはさらに充実したものになりますし、楽しみや時には日々頑張る自分へのご褒美になりうることもあります。

一人で過ごすことが多くなった時、ふと周りを見渡すとカップル達が楽しそうに過ごしている姿をみて、自分だけ一人という状況に虚しさを感じることも。一人で出かけることは気軽ですし、気を使わずに自由に過ごせるので利点はたくさんありますが、それでも恋人と一緒に楽しさや感動を共感でき、思い出になるというのは最高ですよね。

特にイベント行事、クリスマスやバレンタイン、または自分の誕生日という特別な日に一人で過ごしていることに虚しさを感じると、誰かと一緒にいたいという気持ちになっていきます。一人で過ごすのはもうやめにして、次こそは誰かと一緒に思い出にしたい。そういった気持ちから恋活しなくちゃ、という気持ちになるようですね。

 

 いかがでしたか?

恋活しようと思える機会は、こうして見てみると様々なタイミングで起こるものだと言えます。一人でいることが当たり前になったり、恋人や恋愛をしていないのが当たり前になった時。それが日常になってくるとなかなか気付けないものですが、ふと立ち止まって周りを見回すと、切なさや寂しさ、虚しさなどがこみ上げてくるものです。

普段からなるべく周りを見渡し、立ち止まるようにして、いざ恋活をしようと思っても手遅れだった…なんてことにならないように、いつでもちょっとした刺激を求めてみるといいかもしれません。

 

 まとめ

 恋活しなきゃ!と思う5つの瞬間

・気付けば周りはカップルだらけだった時
・彼氏や彼女がいない歴=年齢
・恋愛トークにまったくのれない
・恋愛ドラマや映画、漫画などを見た時
・一人で過ごすことが多くなった時

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!