告白の言葉で言われたい!5つのもの

告白の言葉で言われたい!5つのもの告白する時に大切なことの1つには、言葉選びがあるでしょう。どのような言葉を伝えるかで、相手の微妙な気持ちの変化が起こる可能性があり、それは良い方にも悪い方にも傾く可能性があります。

お互いが良い雰囲気になっていても、告白の言葉次第で「ちょっと違うかな?」などということになる事もあります。

もちろん告白を成功させるのには、そのタイミングやシチュエーションも関係してくる場合もありますが、タイミングと言葉の選び方がしっくり来ればあえて告白をするために日程を決めたり、場所を選ぶ必要がない場合もあるでしょう。

では、告白で言われたい言葉にはどのようなものがあるのでしょうか?



 

告白の言葉で言われたい!5つのもの

 

告白は、飾らない素直な気持ちを表そう

 告白をする時に緊張するのは当然。むしろ緊張している素振りが全く見えなければ、慣れているのかな?本気なのかな?などの疑問が生まれてしまう可能性があります。しかし恥ずかしいからと言って、相手に何かを言わせようと促すような言葉や、あやふやな言葉を選んではいけません。

告白は本当の気持ちを素直に伝えることが大切です。「好き」という言葉は一番伝わりやすいですし、わかりやすい。そして「付き合いたい」など、これからどうしたいのかを加えることで、返事を返しやすくなります。YESかNOか、返事のしやすいようにすることも相手への配慮になり、思いやりにつながるでしょう。廻りくどい言い方をしたことで返事も聞けず、関係にも変化がなく終わってしまうこともあります。せっかく勇気を出したのに、上手く伝わらない言葉を選んだことで後悔しないように、大切な事はしっかりと伝えなければなりません。

また、長過ぎる告白の言葉は大切な部分が伝わらない場合や、相手が冷静であればあるほど逆効果になる可能性もあるので気を付けましょう。

 

告白の言葉は相手への強い気持ちを伝えたい

 告白するのは、相手への強い思いがあるからでしょう。

どんなきっかけで好きになるかは人それぞれです。出会ってすぐに好きになる場合もあれば、何かのキッカケがあり好きになったという場合もあります。

もしも、お互いの気持ちの距離が近くなったのが同じタイミングであれば、運命的に感じるかも知れませんから、どんな時に「好き」という感情に気が付いたのかを伝えてみてもよいでしょう。

長い間好意を寄せていた相手であれば、「ずっと好きだった」というゆるぎない思いを伝えるのも効果的です。親しい関係であれば、これまでのいろいろなシチュエーションが思い出されるでしょう。

逆に、ほとんど会話を交わしたことのない相手の場合は、あまりにも強い思い入れを伝てしまうと恐怖心が芽生えてしまうこともありますので、関係性は考慮しましょう。

 

好きな気持ちを具体的に伝えてみる

 相手のどのようなところに惚れたのかを伝えることで、自分をしっかりと見つめていてくれていた、という嬉しい気持ちになるでしょう。

ここで大切な事は、どこが好きかを伝えたいのであれば外見に注目してはいけないということです。特に女性は見た目が好きなのか、内面をしっかりと見てくれているのかがとても重要な要素になります。お互いに惹かれあっていたとしても、その理由が「見た目」だったと知れば、ガッカリして離れていってしまう可能性もあります。

その点をしっかりとふまえれば、どんなところが好きなのかを伝えることでより説得力が増すでしょう。ただ「好き」と思っているよりも、いろいろな面も知った上で好意を寄せているということは、安心感を与え一時的な気持ちではない事を解ってもらえるはずです。上辺だけではない、気持ちの深さを上手く伝えましょう。

【スポンサーリンク】

必要な人だという思い

 誰もが好きな人にはそばに居て欲しいと思うでしょう。それは物理的な事だけでなく、心のよりどころという意味もあります。人は誰かに認められたいという欲求を誰もが持っています。「あなたは私にとって、相当な価値のある人間だ」ということを伝えることによって、特別な存在なんだということを表しましょう。

しかし、特別な存在と言うのは依存とは違います。相手へ頼りすぎることなく、お互いを尊重できる関係を築く気持ちをしっかり持っておくことも大切ですし、言葉にも表れるはずです。

「一緒にいると頑張れる」「そばに居れくれるだけで元気になれる」など、パワーをもらえる大切な人だということを伝えてみるのも良いでしょう。

 

抑えきれない気持ちを伝える

 好きな人との関係はどのようなものでしょうか。それまで友達として関係を築いてきた場合、友人関係を壊すのに恐怖を感じるかも知れません。

しかし、その恐怖や不安よりも、告白をして恋人同士になりたいという思いが強くなったからこそ告白をするのでしょう。

であれば、その気持ちをそのまま伝えてみるのも良いかもしれません。「友達のままでいる方がつらい」「誰かにとられたくない」などの言葉を使っても良いでしょう。抑えきれない気持ちが上手く表すことができれば、相手へも告白をするための決心に多くのエネルギーを使い、どれだけの思いが詰まっているかが伝わるでしょう。この先がどのようになったとしても、言っておきたい気持ちがあったことを知ってもらいましょう。

 

いかがでしたか?

告白の言葉は大切ではありますが、好きな人との関係性によって、伝わり方が変わる可能性もあることをふまえて考える必要があります。どのような結果になっても、自分の気持ちを正直に伝えることで、いろいろな変化が起こるでしょう。その時は上手くいかなかったとしても、後々上手くいくこともありますし、言わなかったことでその後の人生の長い期間、後悔をする可能性だってあるでしょう。

言葉と共に大切な事は、2人の親密さや真剣な表情などの総合的な要素。また、相手のその時の心理状態や状況も影響するため、自分本位に行動しすぎないようにしましょう。

 

まとめ

告白の言葉で言われたい!5つのもの

・告白は、飾らない素直な気持ちを表そう
・告白の言葉は相手への強い気持ちを伝えたい
・好きな気持ちを具体的に伝えてみる
・必要な人だという思い
・抑えきれない気持ちを伝える

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!