近距離恋愛をする時に気を付けたい5つのポイント

近距離恋愛をする時に気を付けたい5つのポイント近距離恋愛ってご存知ですか?遠距離恋愛の反対といえばそうなんですが…ただ距離が近い恋愛とは少し違います。

インターネットの出会い系サイトでは近所での出会いから恋愛に発展する事を近距離恋愛とも言うようですが、主流なのは幼馴染やクラスメートなど友人関係で身近な存在だった異性との恋愛の事です。

今回は近距離恋愛をする時に気を付けるポイントをご紹介します。よく探してみるとあなたの近くにも近距離恋愛の対象となる友人がいるかもしれませんよ。是非参考にしてみて下さいね。



 

 近距離恋愛をする時に気を付けたい5つのポイント

 

1:近い関係だからこそ…

昔から知っている気心知れた仲だからこそうまくいく事とそうでない事があります。お互いの性格をよく理解しているからこそ、喧嘩になりにくかったり、すぐに仲直りできたりするので、遠距離恋愛のように喧嘩したまま距離が離れる事が無いのも良い点ですね。

しかし、新鮮さという面ではどうでしょう?昔から仲良くしていた相手にはにかんだり、ほっぺを赤らめて照れたりする事は少ないのでは?付き合いが始まってすぐはなんとなく照れくさい気持ちから可愛い仕草も見られますが、何ヶ月もたつとそうはいきません。悪く言えば「なぁなぁ」の関係なので、デートも自宅でジャージ着てゲームばっかり…なんて事になりかねませんよ。

そんな不満が出てきた場合でも、どこかのタイミングで修正すればきっと改善されるはずです。例えば誕生日などの記念日にいつもとは違う雰囲気で素直に自分の気持ちを伝えればすぐに理解しあえるようになるのは、近距離恋愛のメリットかもしれませんね。

 

2:元彼・元カノの存在

家が近所、同じ中学、高校の場合は知りたくなくても知ってしまっているのが元彼・元カノの存在です。しかもそれが自分の嫌いな相手だったり、苦手なタイプだったりすると何となく気分が悪くありませんか?

結論から先に言ってしまえば「気にしないべし!」です。誰と付き合っても過去の恋愛相手はいるわけで、いちいち気にするのは時間の無駄でしょう。

昔と今では人間的にも成長して変化しています。若い頃には勢いで付き合ったり、ただ恋愛したくて付き合ったりするモノで、真剣にお付き合いしていたとは限りませんしね。 

【スポンサーリンク】

3:妻たちの近距離恋愛

近距離恋愛でもシングル同士なら問題ありませんが、最近は主婦の間でも近距離恋愛にハマっている方が多いとか。町内会、PTA関係、夫の友人など、身近な男性との恋を楽しんでいる主婦は実在するんですよ。しかも10人に1人の割合とも言われています。。

確かに主婦になると夫からは女性として見られなくなり子育てに追われる毎日なので、恋愛したい気持ちがあるのは理解できますが…なぜ近距離なのでしょうか。その理由としては、時間や手間がかからないのが魅力だそうです。子供に何かあってもすぐに家に戻れたり、買い物ついでに合う事ができるし、近ければ行き来しやすいという理由です。また、近すぎてバレにくいという盲点をついた理由もあるようです。

デートの場所は、車の中や公園、隣町の飲食店などで、もし一緒に居る所を見られても良いように、歩く時は友人的な距離を保つなどの対策をしています。

しかし中にはバレてしまうケースもあり、その場合は大半が男性の方がおろおろしてしまってバレるパターンが多いのだとか。女性はいざという時の為にしっかり言い訳を準備しているのです。さすがというか何というか…あっぱれですね。

 

4:別れ方

近距離恋愛だからこそ、上手くいっている時はいつも近くに居れるので楽しい恋愛生活になりますが、別れた後に偶然会って気まずい雰囲気になってしまう事もあります。

ましてや、どちらかに他に好きな人ができて一方的に別れたり、浮気が発覚して泥沼になって別れたりした後は出来れば会いたくありませんよね。それを考慮した上でも、別れ方はキレイな方がベターだと言えます。

進む道が違うから、家族みたいな存在になってしまったからなど別れた後でも友人関係に戻る事ができるような理由なら、偶然出会っても「久しぶり!」と笑顔で挨拶できる関係になれます。

付き合う前から別れる事を考えて恋愛を始めるカップルは少ないでしょうが、近距離恋愛の場合は付き合う前にいつもより慎重になった方が良いでしょう。特に年齢的に適齢期の方は結婚も視野に入れて考えた方があとあと面倒臭くないかもしれませんね。

 

5:近距離恋愛は家族公認がベスト

昔から家が近所だったり、学校が同じなら当然親同士も面識があるはずですよね。となれば親としては気になるのが当然で、何かにつけて口を出されるのはしょうがありません。

お互いの家を行き来するオープンで良い関係なら言う事ないのですが、時にはご近所だからこそ親同士のウマが合わなかったり、知っている相手だからこそ反対されたりする場合もあります。「あの子だけはやめなさい!」「結婚は許しません!]なんて言われたり…そんな場合は関係を内緒にしてお付き合いしなければならなくなるかもしれませんね。

逆に、責任とってちゃんと結婚しなさい!などと、付き合う=結婚という関係が周りから固められていく場合もあります。少しそっとしておいて欲しい場合は結婚の意思が固ってから事後報告にする方が良いパターンもあるでしょう。

 

いかがでしたか?

身近な異性と恋に落ちる近距離恋愛はメリットもあればデメリットもあるのが現実です。それは遠距離恋愛の場合とは違いあまりロマンチックなモノではないようで…近距離恋愛=現実的な恋愛と考えて良いでしょう。

皆さんの周りには、恋愛に発展しそうな身近な異性はいますか?もし思い当たる人がいるのなら是非こちらを参考にしてみて下さいね。

 

まとめ

 近距離恋愛をする時に気を付けたい5つのポイント

1:近い関係だからこそ…
2:元彼・元カノの存在
3:妻たちの近距離恋愛
4:別れ方
5:近距離恋愛は家族公認がベスト

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!