近距離恋愛を上手にする5つのコツ

近距離恋愛を上手にする5つのコツ遠距離恋愛は離れている距離でなかなか会えない環境でありながらも、恋愛をすること。しかしその逆の近距離恋愛というのは、比較的多くの人が体験をしている恋愛の1つですよね。普段の日常に、恋人や気になる人がいるのは当たり前の環境。それは当たり前なのかもしれないけれど、とても特別なことでいて、だからこそ簡単に壊れてしまうということもあります。

今回は、そんな近距離恋愛をするときに気をつけたいポイントについて紹介していきます。自分の恋愛は大丈夫なのか、危うい状態ではないのだろうか。そんなことを踏まえた上でポイントを見てみましょう。



 

近距離恋愛を上手にする5つのコツ

 

 その1:挨拶や感謝の気持ちを疎かにしないようにしよう

 近距離恋愛の中で気をつけたいポイントの1つに、挨拶や感謝の気持ちを疎かにしていないかどうかというものがあります。距離があまりにも近づいてしまうと、側にいるのが当たり前という環境に自分自身が慣れてしまって、言わなくても大丈夫。きっと伝わる、なんて思ってしまいがち。

そうすることによって、日々の何気ない挨拶が疎かになってしまったり、「ありがとう」や「ごめんなさい」という言葉が徐々に減っていくことになります。どうせわかってくれる、なんていうのは自分の勝手な都合。たとえわかってくれていたとしても、実際言われるのと言われないのとでは気持ちの変化は大きく変わってきます。

わかってくれているからこそ、しっかりと口に出して相手に伝える。近距離恋愛で忘れがちの、しかし長く付き合っていく上では決して忘れてはいけないポイントなので、疎かにしているかもしれないと思った人はすぐにでも、言葉に出して相手に伝えてみましょう。

 

ポイント2:遠慮がなくならないようにしよう

 毎日一緒に過ごしていたり、共に過ごす時間が長くなると気を使うことを忘れて遠慮はどんどんなくなっていきます。ずっと気を使い続けなければならないとなると壁ができてしまうので、遠慮がなくなるというのは2人の関係がどんどん良好になっているといっていいでしょう。

しかし遠慮がなくなると、つい相手に対して踏み込んだ姿勢をとってしまったり、お願いがどんどん我儘になっていったりしてしまいます。いくら相手のことを理解しているとは思っていても、他人であることには変わりません。

気を使わない、遠慮がない関係はいいものですが、それは相手が迷惑と感じない程度の関係のこと。自分のひとりよがりの考えで、そこを履き違えないように注意しましょう。

 

 ポイント3:時間を気にするようにしよう

 遠距離恋愛と違って近距離恋愛では、肉体的に距離が近いというのが特徴。なのでいつでも会いたいと思えば会いに行けますし、会いたいといえば相手は会いにきてくれるでしょう。それは近距離恋愛のメリットであって、恋愛をする上で一番の欲求である、相手と一緒にいたいという気持ちを満たしてくれます。

しかし距離が近すぎる故に、時間を考えずに一緒にいてしまいがちになっていませんか?家が近いから、すぐに会える距離だから。そんな理由で夜遅くまで一緒にいたり、深夜にも関わらず会いたいと行ってみたり。多少なら許される範囲でも、それが繰り返されればお互いにとって負担になりかねません。

また相手が一人暮らしではない場合は家族にも迷惑をかけることになります。近すぎるというのは時には我慢をしなくてはならない距離であります。しかしそこを我慢した分だけ、会った時の喜びは大きなものになり、特別な時間になるので、時には2人の恋のためにも我慢を覚えてみてもいいかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

 ポイント4:人間関係に気をつけるようにしよう

 近距離恋愛で気をつけたいポイントの1つにはお互いの人間関係があります。恋愛は2人でするものではありますが、周囲にも影響を及ぼす可能性があり、結果的に自分たちの身に振りかかるということもありえます。

近くにいるから、一緒にいるのが当たり前だからということで周囲の友人をないがしろにして2人でいれば、いざというときに頼れる友達がいないということにも繋がります。また何か困ったときや、フォローを貰いたいときにも、そんなことをしてくれる人はいないかもしれません。

恋人や好きな人を大切にするというのは勿論ですが、周りを大切にしてこそ、素敵な恋愛はできるというものなので、恋は盲目になりすぎないように、周囲の人間関係に気を配るというのも大切なことですよ。

 

ポイント5:当たり前にならないこと

 遠距離恋愛の場合、再会したときやちょっとしたやりとりはより特別なものとなり、相手のことも大切に、そして特別に思うもの。しかし近距離恋愛の場合は一緒にいる時間が長くなれば長くなるほどに、相手のことを当たり前と思ってしまい、特別だという気持ちを忘れがちになります。

一緒にいることが当たり前というのはいいものです。それだけ理解をしあっている、わかりあっているということの表れであり、胸を張るべきもの。

しかしそれに至るまでには、相手を気遣うことやおもいやりを持つことを忘れずにいた結果だということを忘れてはいけません。当たり前になりすぎるということは、関係に自信過剰になりすぎてしまい、気遣うことや思いやり、特別だということを忘れてしまうことにもなります。

一緒にいるのが当たり前だから、何をしても許されるなんてことはありません。日々の思いやりのない一言が、簡単に当たり前の関係を壊してしまうということにも繋がるので、時には当たり前じゃないということを改めた上で、関係を見つめなおすのが大切かもしれませんね。

 

いかがでしたか?

近距離恋愛というと大多数の人が経験をする恋愛の形です。しかし近すぎるのが理由で、お互いのことが見えなくなってしまったり、時には自分自身、周りのことなどが見えなくなるということもあり、それがきっかけで簡単に壊れてしまうということもあります。

今回紹介したポイントを参考にして、時には気持ちを少し離してみて、自分のこと、相手のこと、周りのこと、そして2人のことを第三者の視点で見つめるようにすれば、近距離恋愛を失敗するということはなく、素敵な恋愛ができるかもしれませんよ。

 

まとめ

 近距離恋愛を上手にする5つのコツ

その1:挨拶や感謝の気持ちを疎かにしないようにしよう
その2:遠慮がなくならないようにしよう
その3:時間を気にするようにしよう
その4:人間関係に気をつけるようにしよう
その5:当たり前にならないこと

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!