彼女に会いたい…と男性がふと思う5つの瞬間

彼女に会いたい…と男性がふと思う5つの瞬間女性は恋愛をするといつでも彼氏に会いたいと思う傾向がありますが、男性だってそう思わない訳ではありません。基本的に男性はプライドが高いので、彼女に会いたいと思ってもなかなか口に出せないようですね。

では男性はどんな時に彼女に会いたいと思うのでしょうか?今回はそんな男性心理についてまとめてみました。



 

彼女に会いたい…と男性がふと思う5つの瞬間

 

仕事で辛い事があった時

仕事が忙しすぎてストレスが溜まった時や、疲れが溜まってミスをしてしまった時に彼女に会って癒されたいと思う男性は多いですよね。特に仕事で失敗して上司にお説教された時、男性は友達に話す気にもなれず同僚に愚痴る訳にもいかないので、彼女の優しい言葉に癒されたくて「会いたい!」と思うはずです。

女性は仕事のストレスを友達や同僚に話して解消できますが、男性は同性に弱味を見せる事がなかなかできない生き物なんですね。そんな時には自分の弱い部分をさらけ出して甘える事の出来る彼女の存在はとても大切で、慰めてもらう事で「よし!また明日から頑張るぞ!」という気持ちの切り替えができるのでしょう。

 

独りが寂しい時

1人で過ごすのが苦手な人っていますよね。寂しがり屋の男性は1人で部屋にいる時にふと寂しさを感じて彼女に会いたい!と思います。

テレビを観ていても「彼女と一緒に観たら楽しいだろうな」食事をしていても「彼女と一緒に食べた方が美味しいだろうな」と、寂しければ寂しいほど彼女会いたい気持ちは募るでしょう。

また仲の良さそうなカップルを見かけた時や友達から彼女の話を聞いた時には「今隣に彼女がいたらな~」という気持ちになります。そこには自分の彼女はこんなに素敵な女性なんだという事を自慢したいという気持ちも隠されているんですね。

普段一緒に居る時間が長い場合はこんな風に思う瞬間が無いかもしれないので、彼女の存在の大切さをわかってもらう為にも、たまには1人の時間を過ごしてもらうのも良いかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

嬉しい事があった時

男性は仕事で成功した時や良い結果を残せた時は、彼女にそれを知ってもらいたいという気持ちが強いです。日頃から仕事の話や苦労話をしている男性は多く、それを全部理解してくれている彼女に仕事で頑張った結果を報告した時に、きっと自分以上に喜んでくれる彼女の顔をみて、さらに仕事に対するモチベーションも上がります。

仕事で失敗した時も嬉しい事があった時も彼女に会いたいと思う心理は、自分の気持ちを彼女と共有したいという気持ちの表れです。大好きな彼女が自分と一緒に一喜一憂してくれる事こそが、男性にとっては最高の癒しになるのでしょう。

 

彼女に甘えられた時

男性はなかなか自分から彼女に対して「会いたい」とは言い出しませんが、実は「会いたい」という気持ちはあるんです。そんな思いが彼女に通じたのか、彼女の方から「会いたいな」と甘えられた時には、そんな風に甘えてくる彼女が愛おしい気持ちになって「今すぐにでも会いたい!」と嬉しく思うでしょう。

もちろんメールやLINEでのコミュニケーションでも愛情は深まりますが、直接会って色んな話をしたりスキンシップをする方がお互いの気持ちは高まりますよね。なかなか自分の気持ちを言葉にしてくれないのが男性ですが、実際に会って彼女に甘えられたりすると、彼女にしか見せない行動で気持ちを伝えてくれるかもしれませんよ。

 

体調が悪い時

たとえ軽い風邪を引いた時でも1人で過ごすのが何となく寂しいのは男性も女性も一緒です。さらにそれが日常生活も普段通りにできないような思い体調不良の時は、ますますひと肌恋しくなります。

そんな時でも男性は「そばにいてほしいな」「看病してほしい」なんて素直に言えません。しかし「風邪ひいちゃってさ」「今日仕事休んだんだよね」なんて軽い感じで連絡はしてくるでしょう。それは間違いなく「会いたい」の裏返しです。彼氏の気持ちを察して看病しに行ってあげて下さいね。

また仕事に対する不安やプレッシャーが健康面に影響する場合もあります。そんな時にホッとできる彼女の存在は大きく、それを乗り越えるために必要な存在となるでしょう。

 

いかがでしたか?

「彼女に会いたい」という気持ちは、彼女への愛情からくる気持ちに違いありません。

いつまでも彼氏から「会いたい」と思われるような彼女でいるためにも、彼氏を癒してあげる事ができる優しさと愛情を持って接しましょうね。

 

まとめ

彼女に会いたい…と男性がふと思う5つの瞬間

・仕事で辛い事があった時
・独りが寂しい時
・嬉しい事があった時
・彼女に甘えられた時
・体調が悪い時

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!