好きなのに別れた不倫相手に対して思う5つの女性の気持ち

好きなのに別れた不倫相手に対して思う5つの女性の気持ち好きなのに別れた、これほど悲しく切ないことはないでしょう。しかし、その好きなのに別れた理由が不倫だとしたならば、悲しく切なくも、仕方がないと多くの人は思うでしょうし、別れたのに未だに好きだと思い続けるのはモラルに反する、と声を挙げる人もいると思います。実際不倫は多くの人に歓迎されないものであり、不倫に手を出してしまった時点でいつかは別れなくてはいけない運命にあるのです。

しかし、不倫関係はいずれ終わるもの、終わらせるものだとしても、一度愛したのであれば簡単に気持ちが割り切れるわけではありませんよね。不倫に限らず、好きなのに別れたとしたならば、ズルズルと未練を引きずってしまうのも当然です。それが不倫相手への感情ともなれば、非難をされる、不倫をしたという罪悪感など、他にも多くの感情が心を埋め尽くすことになるので、自業自得だとわかっていても、好きなのに別れたという重さは想像を絶するものとなるのです。

そこで今回は、そんな好きなのに別れた女性の気持ちに注目。好きなのに別れた、そんな不倫相手に対して思う気持ちにはどんなものがあるのか、見ていきましょう。


 


 

好きなのに別れた不倫相手に対して思う
5つの女性の気持ち

  

まだ好きという気持ち

 不倫に限らず、好きなのに別れた後というものは、しばらくの間相手への気持ちで溢れてしまうものですよね。好きなのに別れた、今も好きなのに、気持ちは変わらないのに…痛いほどに心に溢れる恋心はとても切ないもので、行き場のない気持ちに胸が締め付けられてしまうものです。

さらに、不倫相手に対して思うその気持ちは簡単に吐露出来るものでもありません。誰かに好きなのに別れた、まだ好きなの…そう気持ちを吐き出したくても、おそらく非難される、幻滅されることがほとんどでしょう。それをわかっているからこそ、好きな気持ちを誰かに吐き出せず、認めてもらえず、認めるわけにもいかず、なかなかけじめを付けられず…心に深く「まだ好き」という感情が溢れてしまうのです。

   

幸せになってほしい

 好きなのに別れた理由には、相手に幸せになって欲しいからという気持ちがある場合もあると思います。好きだとは言っても、自分は不倫相手でしかない、相手には家庭があって、本当に愛すべき存在がいる…その中で決して受け入れてもらえることがない好きという感情を持ち続けるのは辛く苦しいことなので、相手には本当の幸せを掴んで欲しいから別れを決断した人もいるでしょう。

実際、幸せになってほしいからという理由で別れたとしても、好きなのに別れたため、未練が残っている場合が多いかと思います。しかしだからこそ、自分の気持ちを犠牲にしてまで別れたのだから、とことん幸せになって欲しいという気持ちにもなるのです。好きな人には幸せになって欲しい、これも不倫に限らず思う時がある切ない気持ちですよね。

  

 何故自分を選んでくれなかったのか、という疑問

 好きなのに別れた状況には、相手から振られてしまう場合もあります。自分はこれだけ好きで愛していて、いつかは奥さんではなく自分を選んでくれるだろう…そんな最中で別れが訪れたのであれば、「何故自分を選んでくれなかったんだろう」という疑問が浮かんでしまうものです。

不倫をしている女性には二つのタイプがあり、一つは不倫はいけないと思っているタイプ、もう一つのタイプが恋は盲目タイプで、不倫でも好きならば純愛であるというような考えですね。後者の場合は特に、何故自分を選んでくれなかったのかという疑問に駆られてしまう人が多く、別れた後も好きなのに別れた現実が受け入れられず、復縁を申し込む人も少なくありません。

また、前者の場合でも恋をしていたのは変わりないことなので、いけないとわかっていながらも心のどこかでは「選んでくれるかもしれない」という期待があります。好きなのに別れた後には少なからず「どうすれば選んでくれたのだろう」と思ってしまうこともあるでしょう。

  【スポンサーリンク】

また必要としてくれるかも、という期待

 不倫は一度別れても再び関係が戻る場合もあります。まだ好きな気持ちが残っていると「もしかしたら復縁出来るかもしれない、相手も考え直してくれるかもしれない」と少しの期待をしてしまうのは、不倫に限った話ではありませんよね。

好きなのに別れたというのは、別れた後にそういった期待が出てしまうものだと思います。まだ気持ちが冷めていないという状態は、不倫と言えど幸せだった思い出を振り返り、感傷に浸る状態でもあります。相手も確かな気持ちを持って接してくれていた、それを思ってしまえば、相手も好きなのに別れた、だからこそ今も自分と同じように未練を持ってくれているのではないかという期待が生まれてしまうのです。

実際お互いが好きなのに別れた場合だと、不倫中の幸せな思い出や相手の気持ちを思い出してしまい、復縁するパターンはよくあることです。いけないことだとわかっていても、本人たちからすれば運命に引き裂かれた悲劇の物語の主人公なような気持ちになっているので、いつかはハッピーエンドになれるかもしれないと思ってしまうのです。

 

不幸になってほしい

 自分はまだ好きなのに別れた、そういった状態で女性が思う感情には憎しみや恨みがあります。自分の気持ちを無視されて別れを決断されてしまえば、不倫を楽しんでいた女性の場合だと非常に自分勝手な行動で振り回された、蔑ろにされたと思えてしまうのも当然ですよね。不倫という立場ではなく、普通の恋愛で置き換えてみても、自分はまだ好きなのに別れたという状況はやるせないもので、自分勝手に決断した彼氏のことを恨んでしまう人もいると思います。

そのため、そういった状況で好きなのに別れた場合は、不倫相手に対して不幸になってほしいという気持ちが大きくなっていくのです。自分だけが幸せになるなんて許せない、弄ばれたのが許せない…そんな気持ちがあると、相手を憎み恨み、出来るだけ不幸になって欲しいと思ってしまうというのも、わかる気がしますよね。

  

いかがでしたか?

好きなのに別れた不倫相手に思う女性の気持ちを5つ紹介してきました。不倫に限らずとも、好きなのに別れた状態というものは複雑な気持ちで押しつぶされるものです。それが不倫ともなれば、さらに複雑な気持ちや現実的な問題が押し寄せてくるので、精神的に参ってしまう人もいるでしょう。

不倫はハッピーエンドにはほとんどなれない恋愛です。今回紹介した好きなのに別れた不倫相手への気持ちを参考にして、もし不倫関係になりそうだという人は、別れた後の気持ちを考えた上で行動に移していきましょう。また、現在不倫関係を結んでいるという人は、好きなのに別れた時の気持ちを予め考え、整理をしておくと、気持ちにけじめを付けやすくなるので覚悟のためにも考えておきましょう。

  

まとめ

  好きなのに別れた不倫相手に対して思う5つの女性の気持ち

・まだ好きという気持ち
・幸せになってほしい
・何故自分を選んでくれなかったのか、という疑問
・また必要としてくれるかも、という期待
・不幸になってほしい

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!