マスターしたい!人に好かれる話し方6選

マスターしたい!人に好かれる話し方6選話し上手な人の周りには自然と人が寄ってきて、笑顔が溢れていますよね。自分自身も話上手な人と話すのは楽しいと思う反面、話し上手に、人に好かれるような話し方をしたいと思ったことがある人も多いかと思います。

人に好かれる話し方をマスターすれば、友情や恋愛など人間関係を円滑に築くことができ、出来ることならばマスターしたい話し方ですよね。今回はそんな、人に好かれる話し方について紹介をしていきます。



 

マスターしたい!人に好かれる話し方6選

 

その1:笑顔を心がける

TOPをわきまえることも大切ですが、基本的に笑顔の人の周りには人の輪ができていて、好かれているような気がしませんか?笑顔というのは伝染するものであり、誰かが笑顔でいれば、自然と自分自身も笑顔になってしまう効果があります。

笑顔で話している相手に対して、嫌悪感を抱く人はそうそういないですし、いつでもニコニコと明るく元気な人に対しては、多くの人は好感を持ちます。

また、笑顔で話をしたり、話をきいてあげることによって、相手には安心感を与えることができますよね。安心感は次第に信頼へとつながっていき、結果的に好かれる人物となり、人から慕われていきます。笑顔ではなく仏頂面だったならば、話していても迷惑なのかな?嫌われているのかな?と思ってしまいますよね。

笑顔を心がけることによって、たとえ会話が上手くないという人や話慣れていないという人でも、人から信頼され頼られる人物になっていくので、日頃から笑顔の練習をしておくといいでしょう。

 

 その2:綺麗な言葉遣い

言葉遣いが汚い人と綺麗な人ならば、断然綺麗な人のほうが好感を持ちますよね。言葉遣いが汚いと、どうしても喧嘩腰に感じてしまったり、下品やあまり近寄りたくない、関わりたくないと思う人もいます。また、中には非常識や育ちの悪さを考えてしまい、それだけで嫌煙してしまい、結果的にごく一部にしか好かれないということにも。

言葉遣いが綺麗ですと、老若男女問わずに好印象を与えることができる他、しっかりとした印象を与えることができるので、自然と頼られる人物になっていきます。しっかりとした言葉遣いができるというのは、教養があると判断されることにもなるので、それだけで周りからの目というものは変わっていきます。

また、他人へと紹介もされやすくなるので、結果的に人脈が広がることにつながり、そこからさらに好かれる人に。会話を上手くしたいならば、まずは言葉を磨けということですね。

 

 その3:TPOをわきまえる

空気がよめない人というのは、どうしても人から疎まれがちになってしまいます。しかし空気がよめないと言われる人にとっては、どうやって空気をよめばもいいかわかりませんし、そういう人からしたら人から好かれる話し方というのは憧れの的だとも言えます。

たとえ空気がよめるほうだと自負している人も気をつけたいのが、TPO。時と場合によって、言葉遣いや表情、話題のチョイスというのは気をつけないと場違いになってしまい、人から疎まれてしまう要因へとなっていきます。

どうしても暗い雰囲気の場合には、下手に明るく振る舞うと不謹慎だと思われてしまいますし、逆に明るい場にも関わらず暗い表情や話題を出していたら空気が読めないと思われてしまいますよね。

自然と空気をよめる人物になれば、話題の中心にいることが増えていき、人に好かれることになります。人に好かれる話し方をマスターしたいならば、まずは空気を読むことをマスターするのが必要不可欠となるでしょう。

【スポンサーリンク】

 その4:自分本位になりすぎない

もし、あなたの周りに人に好かれる話し方をしている人がいる場合、どんな話し方をしているか思い出してみましょう。おそらく多くの人は、自分本位になっておらずに、いつでも会話の途中に他人を気遣っていることが共通点として挙げられるかもしれません。

人に好かれる話し方ができるという人は、あくまで自分が話をしていても、他人へ会話を振っていたり、自分だけの意見にとらわれず、周りの意見もきこうとしたり心がけています。自分本位な話し方になれば、他人にとっては話に付き合わされている感じが出てしまうので、好かれるというよりかは面倒臭い相手として思われてしまいます。

人から好かれたいならば、まずは他人への気遣いを忘れないのが大切。あまり難しく考えずに、話題によっては、周りの人に「あなたはどう思うかな?」など意見を求めるなどしていくと、相手にとっても話を聴くだけではなく参加できることに心地よさを感じます。

会話は1人でするものではない、ということを忘れてはいけませんね。

 

その5:共感をする

人は共感をしてもらうことに喜びを感じる生き物だと言います。特に日本人にとっては、共感は大切なことであり、拒絶をされることによって、怒りなどが芽生えてしまう人もいれば自信喪失をしてしまう人もいます。

相手の話に対して、共感をしようという気持ちが相手に伝わるだけで、相手にとっては居心地のよく、自分を理解してくれる相手として認識し、好かれていくことにつながります。

しかし、何に対しても共感をしていては、八方美人と言われてしまったり、自分の意見を言えないことによってストレスになってしまうこともありますよね。

相手の話に共感をするというのは、すべてを共感しなくてはいけないというわけではありません。共感するのは、話の筋や善悪の判断ではなく、あくまで相手の気持ち。辛いことならば辛いこと、むかついていることならばむかついていることに共感することが大切です。その上で、自分の意見をさりげなくいうことによって、単なるYESマンにならずに、自分の考えをしっかりと持っている人になります。

自分自身のことを親身に考えてくれて理解してくれる相手には人は好感を覚えますし、相手の気持ちに共感するということを忘れずにいくといいでしょう。

 

 その6:親しき仲にも礼儀あり

仲良くなってきたり、よく話す相手や過ごす相手になってくると、だんだんと会話もフランクな感じになっていきます。これは時によってはいいものですし、それだけ自分と相手の関係は親密になっているということに繋がってくるので、決して悪いこととはいえません。

しかし親しき仲にも礼儀ありと言うように、どんなに仲良く心許せる相手になったとしても、礼儀を忘れてはいけません。悪いことをしたら謝ること、嬉しい事があれば感謝の気持ちを。言わなくてもわかっているかもしれませんが、言わないと言われるとでは気持ちは大きく変わっていきますよね。

勿論親しい仲ではない相手にも、礼儀正しく接することは大切。「有難うございます」「ごめんなさい」。実際これをしっかりと言える人というのは少なくなってきているので、当たり前のことをするだけで自然と人に好かれる話し方をマスターしていくことになるでしょう。

 

いかがでしたか?

人に好かれる話し方というのは、特に何か心理学や人の表情を読み取るなど高度なテクニックは必要ありません。今回紹介した話し方をみてみると、だいたいが相手のことを思いやることが中心になってきていますよね。

人に好かれない話し方というのは、自分本位になっていたり自分の意見を押し付けるというもの。相手を思いやることを忘れずに、会話を一人でしないで、人とするということを心がけているだけで、自然と人に好かれる話し方というのは身につくものだといえます。

今回紹介した話し方を参考にして、是非人に好かれる人へとなっていってくださいね。

 

まとめ

 マスターしたい!人に好かれる話し方6選

その1:笑顔を心がける
その2:綺麗な言葉遣い
その3:TPOをわきまえる
その4:自分本位になりすぎない
その5:共感をする
その6:親しき仲にも礼儀あり

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!