デートをドタキャンする男性の5つの本音とは?

デートをドタキャンする男性の5つの本音とは?デートをトタキャンする男性ってどう思いますか?デートをドタキャンされたらむかつきますし、何より悲しい気持ちや切ない気持ち、時には急激な不安に襲われてしまうこともあるでしょう。

デートをドタキャンされてしまったら、なんで?と思いますし、たとえ理由を話されたとしても、本当なのかな?実は自分の知らない本音があるのでは?と様々な疑問が浮かんで、さらに気持ちが不安定になってしまうものです。

そこで今回はデートをドタキャンする男性の本音について注目をしていきます。男性がドタキャンをする時、どんな本音を隠し持っているのでしょうか。男性にデートをドタキャンされた時、多くの人はマイナスな気持ちになってしまうと思います。

その気持ちを少しでも和らげるためにも、気持ちを落ち着かせるためにも必要だと思うので、気になる人は是非チェックしていきましょう。


 


  

デートをドタキャンする男性の5つの本音とは?

  

罪悪感

 デートをドタキャンする男性に本音のほとんどには、罪悪感があるものです。男性に限らず、デートにドタキャンをしてしまう事態に陥ったら、罪悪感に駆られてしまうのは当然ですよね。どんな理由があるにしてもドタキャンはやはり胸が痛むもので、罪悪感は感じてしまうものです。

もし男性にデートのドタキャンをされた時、男性がとにかく謝ってきたり穴埋めをしようとすぐに連絡をしてくれた場合、男性は罪悪感を抱いている可能性が十分にあります。デートをドタキャンされてしまうと、もしかして嫌われちゃったかな…と不安に思うものですが、もし男性から罪悪感が感じられるのであれば、ドタキャンはあまり気にせず、次のデートの提案をしてみましょう。

  

嫌われたらどうしよう、という不安

 デートをドタキャンする立場が逆だった場合、嫌われたらどうしようっていう気持ちになりませんか?男性もデートを楽しみにしている素振りがあるならば、デートをドタキャンしてしまったことに嫌われたらどうしようという不安に駆られている可能性があるのです。

もし男性がデートのドタキャンをしてきた時、男性が不安を感じているような雰囲気があったり、謝ったりとしてきた場合には、嫌われたらどうしようとマイナス思考に陥っている可能性が考えられます。

そんな中でデートのドタキャンを男性に責めてしまうと、思い切り男性との距離が開いてしまう恐れがあります。そうなると二人の関係は一気に雲行きが怪しくなってしまうため、男性から不安が感じられるようであれば、デートをドタキャンされたことを必要以上に責めないようにしましょう。

  

デートに行かずに済んで良かった

 デートをドタキャンする男性の中には、正直デートに行かずに済んで良かったと思ってしまう人もいます。例えばあまり気の進まないデートだった場合や、他に何か優先したいことがあった場合、デートに行かずに済んで良かった…と思ってしまうものなのです。

女性にしても、あまり仲の良くない男性とのデートは正直億劫ですよね。デートは時間を使いますし、お金も使います。特に男性はデートで女性に対して奢ることも多いため、金銭的に余裕がなく、あまり好きではない女性とのデートの場合には出来るだけデートに行きたくないと思うのは当然のこと。

もし男性にデートをドタキャンされてしまった時、男性があまり乗り気ではなかった場合やそもそも二人の距離がそこまで縮んでいなかった場合などは、あまり行きたくないと思っていた可能性が高いので、別の方法でアプローチをして男性とデートが出来るように頑張りましょう。

  【スポンサーリンク】

自信がない

 男性がデートをドタキャンする理由の中には、自分の自信のなさからデートから逃げ出してしまった、というものもあるのです。例えば男性に恋愛経験がなかったり、デートをするのが初めてだった場合、デートを直前に足がすくんでしまい、ドタキャンをしてしまう場合もあるのです。

デートというのは、男性にとって勝負の場でもあります。女性のことをエスコートしなければならない、楽しませなければならない…恋愛経験が少しでもあれば、どうすればいいのかをわかるものですが、まったく経験がないとデートに対して必要以上に高いハードルを感じてしまい、どんなにデートを楽しみにしていてもドタキャンを選択してしまう場合があるのです。

もし男性に恋愛経験がなかったり、女性との関わり自体をあまり感じられない場合、そういった理由からデートを衝動的にドタキャンしてしまった可能性が高いのです。もし男性と仲良くしたいと思う場合、そんな男性の気持ちを汲んで、少しずつ距離を縮めてみてくださいね。

  

特に何も考えていない

 デートをドタキャンする男性には、特に何も考えていないという人もいるのです。これは女性にも一定数いますが、気分屋や自分を優先したいと思っている人の場合、自分に都合が悪いと思ったら特に相手に対して何も考えずにドタキャンをしてしまうのです。なんとなく気乗りしないから、ちょっと他にやりたいことが出来たから…そう思ってしまうと、それにしか意識がいかず、デートをドタキャンしてしまうというわけですね。

何も悪びれずにドタキャンをするので嫌な気持ちになってしまいますし、適当に扱われる感じがして不安にも思うと思いますが、もし男性がどこかミステリアスな雰囲気を漂う人やマイペースで自分勝手な振る舞いをすることが多い場合、何も考えずにデートをドタキャンしたという可能性が高いので、深く考えないほうが◎。

なかなかそういった人と付き合っていくのは難しいかもしれませんが、それならば男性に興味あることをメインにデートをしてみると、男性もドタキャンはせずデートを楽しんでくれると思うので、是非デートの計画を練ってみてくださいね。

  

いかがでしたか。

デートをドタキャンする男性の本音について5つのものを紹介してきました。デートでドタキャンされてしまうと、不安に思ったり、恋愛に対して自信がなくなってしまいますよね。しかしデートのドタキャンの本音を見てみれば、必要以上にマイナス思考に陥ることもありませんし、もう一度デートの約束を取り付けることが出来ます。

男性のデートをドタキャンする本音を知れば、自分がどうすればいいのか、どうすれば男性との距離を縮められるかのヒントを得られると思うので、気になる人は是非参考にしてくださいね。

  

まとめ

 デートをドタキャンする男性の5つの本音とは?

・罪悪感
・嫌われたらどうしよう、という不安
・デートに行かずに済んで良かった
・自信がない
・特に何も考えていない

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!