告白をメールでする時に抑えておきたい6つのポイント

告白をメールでする時の抑えておきたい6つのポイント告白をメールでするというのは、世間一般的にみるとあまり良しとしない声が多いかもしれません。しかし時と場合によっては、なかなか会うことが出来なかったり、時間が取れなかったりと、そう簡単に直接会って告白をするということは難しいことでもあります。

時と場合によっては早急に思いを伝えなくてはいけないという状況もあると思うので、念のために告白をメールでするときの注意点やポイントなどを抑えておくと損はありません。

今回はそんな告白をメールでする時に抑えておきたいポイントを6つ紹介していきます。


 


 

告白をメールでする時に抑えておきたい6つのポイント

  

わかりやすく気持ちを伝える

 実際に面と向かって話すと、その人の表情や雰囲気によって、少しわかりづらい告白だったとしても相手の好意を読み取ることが出来るため、告白と受け取りやすくなります。

しかしメールの場合は文字の世界になってしまうので、わかりにくかったり、回りくどい文章は告白として受け取ってもらえないこともあれば、告白と気付かれないこともあります。

文字で好意を伝えるというのは、単純だからこそ難しいものではあるものの、出来るだけわかりやすく気持ちを伝えるようにしましょう。好きという気持ちを伝え、だからこそ付き合いたいのか、どうしていきたいのか、単刀直入に相手に伝えましょう。

   

時間帯を考える

 メールの良いところは、実際に会う必要がないので、お互いの時間を作らなくてもいいというところです。しかしだからといって時間帯を気にしない告白メールを送ってしまうと、無神経、独りよがりと思われてしまうので注意が必要です。

たとえば学校や仕事で忙しい時間帯である日中に送ってしまうのはNGですし、そもそも本気と受け取られない可能性もあります。さらに朝早くというのも出掛ける準備で忙しい時であり、さらに告白をされたことによって1日中それに気を取られてしまう可能性もあるので、相手にとって負担になることもあるでしょう。

効果的なのは夜。夜の告白成功率は1日の中でも高いとされており、さらに1日の終わりということもあり、携帯を見ている可能性が高い時間帯でもあります。

ただし深夜帯など、遅い時間などに送ってしまうのは、相手の睡眠妨害をしてしまう可能性があるので注意をしましょう。

  

メールだけで完結しない

 メールでの告白は、批判されやすくもあります。というのも、メールは手軽に気軽にできるからこそ、本気っぽくないと思っている人が多いのが事実。そのため、メールだけで告白を完結させようという気が相手に伝わってしまうと、「メールだけで十分な相手だと思われている?」と勘違いさせてしまうこともあります。

気持ちを伝えることはメールでも問題ありませんが、改めて後日告白をしたいということを伝えると◎。その時は出来るだけ相手に合わせるようにして、出来るだけ時間を取らないように気を使うといいでしょう。

また相手がかなり脈ありな状態であり、メールでの告白でOKをもらえたとしても、後日会った時に改めて告白をすることが大切です。

   

絵文字やスタンプ、顔文字は使わない

 LINEなどの場合には、思わずスタンプを使いたくなってしまうでしょう。また告白をするとなると、どこか照れくさくなってしまって、照れ隠しのために絵文字やスタンプ、顔文字を使ってしまう人もいるかもしれません。

しかし告白は大切で真面目に行うもの。スタンプなどを使うのが不真面目であるとは言えませんが、告白はいかに自分が真剣に気持ちを持っているかということを伝えることが重要なので、少しでもリスクを抑えるためにそういったものを使わニノがベストだと言えます。

中には絵文字やスタンプは好きだけど、告白の時には使ってほしくないという人もいれば、絵文字とかが入っているとふざけていると思ってしまう人もいるので、照れる気持ちは抑えて真剣にぶつかっていきましょう。

   【スポンサーリンク】

長文には気を付ける

 思いを伝えようとすると、つい告白メールが長文になってしまうこともあります。しかしあまり長文過ぎるのはNG。読むのに疲れてしまいますし、思いのままに文章を書いてしまうと、話の要点がわかりにくかったり、主旨がズレてしまう可能性もあるため、逆効果となる可能性も考えられます。

メールで告白をする際には、シンプルな文章が◎。わかりやすく、読みやすいというのは相手が読むことを考えての配慮ともなるので、それが好感度に繋がることもあります。

またどうしてもたくさんの気持ちを伝えたい場合には、告白メールのあとに実際に会って改めて告白をした際に告げるといいでしょう。

 

 催促メールを送らない

 告白メールを送った場合、高確率で返信がくるのはかなり遅れてのことだと言えます。やはりメールだとしても、告白をされればドキドキしますし、真剣にその告白について考えたり、返信の内容を考えるでしょう。

他にもちょうど手がふさがっている状態の時にメールが来て、読むだけ読んだ場合には、忙しいことは片付けてから、じっくりと考えた上で時間に余裕を持って返信をしたいと考える人もいます。

告白のメールを送ると、いつもよりも一分一秒が長く感じてしまいますが、相手から返信がくるのをしっかりと待ちましょう。間違っても催促メールなどを送ってしまうと、重い、鬱陶しいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。

  

いかがでしたか?

告白をメールでする時に抑えておきたいポイントを6つ紹介してきましたが、案外直接告白をするよりも注意点が多く、落とし穴もたくさんあるので、難しいかもしれません。

メールは文字だけなので、それでいかに相手に気持ちを伝えるかが大切であり、さらに一方的に送るものになるので、相手の現在の状況や時間帯などを考えなくてはいけません。

顔を見て直接告白するよりも、相手を思いやり、さらに的確な言葉を見つけ出して気持ちを伝えなくてはいけないので、メールでの告白はかなり勇気がいるものとなります。

しかし抑えるポイントをしっかりと抑えれば、告白の成功率はかなり上がるので今回紹介したポイントを参考にして、メールでの告白を大成功に収めましょう。

  

まとめ

 告白をメールでする時の抑えておきたい6つのポイント

・わかりやすく気持ちを伝える
・時間帯を考える
・メールだけで完結しない
・絵文字やスタンプ、顔文字は使わない
・長文には気を付ける
・催促メールを送らない

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『エレメントタロット』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!