アナと雪の女王に出てくる歌で印象に残る5曲♪

アナと雪の女王に出てくる歌で印象に残る5曲♪世界中で大ヒットを記録したディズニー映画、アナと雪の女王。一度だけでは足りない、と何度も映画館に足を運んだ人も多いのではないでしょうか。

何よりも英語verも魅力的ですが、日本語吹き替え版で声優を務めた松たか子さんと神田沙也加さんの歌唱力には圧倒され、魅入ってしまった人も多いかもしれません。

今回はそんなアナと雪の女王に出てくる歌で印象に残る5曲について紹介をしていきます。



 

アナと雪の女王に出てくる歌で印象に残る5曲♪

 

  その1:雪だるまつくろう

 まだ幼きアナが、遊ばなくなってしまったエルサに遊びの誘いをするために歌う曲である、雪だるまつくろう。

ひょんなことから遊べなくなってしまったエルサに対して、めげずに扉の前で歌う小さなアナはとってもキュートで、思わず映画で微笑んでしまったという人も多いのではないでしょうか。

アナのお茶目な性格をそのまま歌として表現をした明るい曲調や歌詞は、映画でくるくると動くアナとマッチもしていて目が離せませんでしたよね。

物語が本格的に進みだした時に歌われた曲というのもあるので、この曲がずっと頭に残っているという人も多く、アナと雪の女王の中でもイチオシとされている人気曲ですね。

 

 その2:生まれて初めて

 いよいよアナとエルサが大人になった際に歌われた曲の1つ。エルサが自分の力を隠し通すために開けることのなかったお城を開くシーンで歌われた曲ですね。

ずっと昔のように日が城を照らし、人々がやってくることに対して喜びを隠せないアナとは裏腹に、一日だけ辛抱をすればいいと不安な気持ちを押し殺すエルサの真逆の気持ちが歌われています。楽しさあふれるアナの歌声はどこまでも明るく楽しげで、エルサの力がバレてしまったらと不安に思う切なげで。

神田沙也加さんの高音と松たか子さんの低音は絶妙なハーモニーを奏でていて、ため息がでてしまうほどにハモりを聞かせています。そんな歌声はまさに、アナとエルサ本人たちの気持ちを体現したようで、この時にはすでに涙を流してしまったという人も多いみたいですね。

 

 その3:とびら開けて

アナが初めて恋に落ちたハンス王子と歌った曲。お互い似たような境遇ということで一気に惹かれ合い、意気投合した2人がお互いを訪ねあいながら歌う姿は観ているだけでドキドキしてしまう甘酸っぱさがあります。

途中会話をはさみながら掛け合う姿は、これからの恋をお互い確認しながら進めていきたいという気持ちが伝わってきて、楽しい気持ちになりますよね。

1人ならば勇気がでないことでも、これから2人で手を取り合っていけば、どんな扉だって開けていける。2人の恋心とは裏腹に、お互いの境遇を力を合わせて乗り越えようとしている力強い曲には、落ち込んだ時に励まされているという人も多いかもしれません。

また、男女で歌うということもあってカラオケで一緒にデュエットするというカップルも多いということも、多くの人の印象に強く残っている理由なのかと思います。

【スポンサーリンク】

 その4:あこがれの夏

エルサが創りだした雪だるまのキャラクター、オルフが歌う曲。雪だるまのくせに、夏に憧れているという姿には思わず笑ってしまったという人も多いかもしれません。

劇中では、真夏の太陽の下で踊り、砂浜で遊んでいる姿は無邪気で可愛いんですよね。温泉にも入っている姿をみて、溶けてしまうのではないかとハラハラしてしまった人もいるかもしれません。

自分自身が雪だるまであるにも関わらず、天敵ともなる夏に憧れを抱く姿は無邪気で可愛らしく、どこか放っておけません。アナと雪の女王でも特にユニークで盛り上げ役となるオルフが歌うこの曲は、のんびりとした曲調でバカンス気分が味わえる曲でもあります。

雪だるまが夏について歌う。なんとも言えないインパクトは、オルフのキャラクターそのものを表しているといっても過言ではないかもしれませんね。

 

その5:Let it go

やはりアナと雪の女王といえばこの曲は外せません。エルサが全てから開放をされて、何も隠すこともなくありのままの姿で生活ができるということに対して喜びを感じている曲ですよね。氷の魔法をふんだんに使い、自分の力を確かめている姿は何よりも前向きで美しくて、見惚れてしまうものがあります。

どの国の歌声も素敵ですが、日本語吹き替え版が海外でも注目を集めたとされるのが、この歌を歌い上げた松たか子さんの圧倒的な歌唱力。エルサの身に秘めた強さは歌声に力強く乗っかっていき、聴いている人が魔法にかかってしまったかのように夢中にさせる魅力があります。

もちろん英語verも魅力的な一曲となっているので、自分のお気に入りのLet it goを探してみるといいでしょう。

 

いかがでしたか?

世界中で大ブームとなったアナと雪の女王。その魅力はもちろんキャラクターやストーリー、そして雪や氷の世界が美しいからだと言えるでしょう。その中でさらに魅力を引き出してきた数々の曲や歌などは、作品を盛り上げる以上に人々の心に響いていき、アナと雪の女王がここまで人気を出て行った最大の要因だと言えます。

今回紹介した曲の他にも、素敵な曲はたくさんあるので、是非他の曲もチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

 アナと雪の女王に出てくる歌で印象に残る5曲♪

その1:雪だるまつくろう
その2:生まれて初めて
その3:とびら開けて
その4:あこがれの夏
その5:Let it go

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!