上手な謝り方ならこの5つを試してみよう!

上手な謝り方ならこの5つを試してみよう!上手な謝り方ってどうすればいいんだろう?と悩んだ経験がある人は少なくないと思います。上手な謝り方が出来れば、余計な荒波を立てずに物事を収束することが出来ますし、新たなトラブルを回避できる可能性も出てきます。

逆に上手な謝り方が出来ないと、余計に事態は深刻な方向へと進んでしまう場合もあるため、出来るだけ上手く物事を進めるためにも、上手な謝り方を知っておきたいですよね。

そこで今回は上手な謝り方について注目。どうすれば上手な謝り方が出来るのか、5つの上手な謝り方を紹介していくので、気になる人は是非試してみてください。上手な謝り方を知っていれば上手く世渡りすることも出来るようになるので、人付き合いが上手くなりたい人も必見です!


 


 

上手な謝り方ならこの5つを試してみよう!

  

潔く非を認める

 上手な謝り方の中でも重要なポイントというのが、潔く非を認めるというものです。自分の非を認められる人というものはなかなかいないもので、ハードルが高いとも言えますが、上手な謝り方をするのであれば絶対に欠かせないポイントなのです。

潔く非を認めると、当然謝られた相手は少なからず満足します。たとえ非があちら側にもあったとしても、こちら側の非をしっかりと認めてその点を謝れば、上手な謝り方として成立し、うまい具合にその場を収めることが出来るのです。

また潔く非を認められる人というものは周りから好印象を持たれることにも繋がります。なかなか自分の非を認められる人がいないからこそ、この人はしっかりとしている、芯が通っていると見られるので、上手な謝り方が出来る人は、周りからの信頼も厚い人物になれるとも言えるのです。

  

嘘や言い訳は言わない

 上手な謝り方の中で絶対にやってはいけないのが、嘘や言い訳をしてしまうということ。特に嘘をついてしまえば誠心誠意の謝罪になりませんし、嘘は見破られてしまうリスクも高いため、余計なトラブルを引き起こしてしまう要因にもなります。そうなるとあとから誠心誠意を込めて謝罪をしたとしても、なかなか許してもらえずに面倒くさい展開へとなってしまう恐れもあるので、上手な謝り方でその場を収めるのであれば、嘘や言い訳は言わないようにしましょう。

時には言い訳を言いたくなってしまう場面もあると思います。なんで自分が謝らなければならないの?と思えてしまう時って絶対にありますよね。それでもその場をしっかりと収めたいのであれば、余計なことは言わず、しっかりと謝ったほうが上手な謝り方になりますし、その場を収めることが出来るのです。

たとえ理不尽な謝罪になったとしても、貴方のことをわかっている人はわかっていますし、理不尽なことで謝罪を要求する人は周囲から信用がない、いい加減な人であると思われている可能性も高くあります。下手な言い訳をして自身の評価を下げるよりかは、その場を素早く収めたほうが自分の評価にも繋がるので、下手な言い訳はせず、自分の評価を下げないためにも上手な謝り方をしていきましょう。

  

改善策を提示する

 ただ謝るだけでは心がこもっていないと思われてしまう時もありますよね。また、自分がミスをしやすい場所や不安な場所、または謝っても相手が納得してくれない場合は、どうすればいいのだろう?と悩んでしまうかと思います。

そんな時にオススメしたい上手な謝り方というのが、改善策を提示するというもの。特に相手にも非がある場合は再発防止のためにも、この上手な謝り方をしたほうが良い場合もあるので是非参考にしてみてくださいね。

具体的には「この度は申し訳ありませんでした。今後このようなことがないように、○○していこうと思います」と伝えたり「トラブルに発展しないためにも、お手数ですが確認する回数を増やしてもよろしいでしょうか?」と、あくまで下手に出て改善策を伝えたり、提案をしていきましょう。

実際この上手な謝り方をすれば、今後のミスやトラブルを回避することも出来ますし、お互いメリットにも繋がります。何度も同じミスをすると必要以上に謝罪をしなければならなくなり、それは精神的にも疲れてしまいますよね。お互い非があるように感じるならば、改善策を提示し、再発防止に努めてみましょう。

  【スポンサーリンク】

感情的にならないように心掛ける

 上手な謝り方で心掛けたいことは、感情的にならないということです。謝罪は感情的になってしまえば終わりですし、トラブルに発展したり、時には喧嘩や争いが生まれてしまう場合もあります。感情的に訴えるというのも、こちらの誠意が伝わる方法ではあるものの、リスクがある謝り方になるのであまりオススメは出来ません。

謝罪をしている最中、相手が感情的になってしまう場合もあります。そんな時でも出来るだけ感情的にならず、しかし相手の気持ちを汲み取るように話を進めていきましょう。上手な謝り方は相手に寄り添うのがポイントでもあるので、あくまでこちらは冷静に、それでいて相手に寄り添い、状況を落ち着いて整理出来るように心掛けてみてください。

この上手な謝り方が出来れば、信頼関係がアップしたり、周りから頼りがいのあるしっかりした人という印象を持たれる可能性もあります。感情的にならない、これだけでも上手な謝り方はしやすくなるので、出来るだけ感情は抑え、トラブルに発展しないように意識をしてみましょう。

  

2回謝る

 実は上手な謝り方の法則には、2回謝るというものがあります。謝罪というものは、一度では物足りなさを感じ、何度も謝罪をされれば謝罪は薄っぺらく感じてしまう、とても厄介なものでもあります。そんな微妙な雰囲気を作らないためにも、上手な謝り方として、2回謝ると意識してみるといいでしょう。

まず謝罪をする際、開口一番で謝罪をしたほうが印象は良いですよね。最初に自分の非を認めることによって、相手の怒りや不満を必要以上に煽らないことに繋がります。その間に反省すべき点や改善策などを提示し、最後にもう一度謝罪の言葉を口にしてみましょう。最初と最後に謝罪を持ってくることによって、謝罪の言葉が場を上手く引き締めてくれますし、誠意のある言葉に相手も満足していきます。

上手な謝り方は相手が満足出来る謝罪をする、というのがポイントなので、最初と最後の謝罪を頭にいれておくと、上手く相手をなだめ、その場を収めることが出来るはずですよ。

  

いかがでしたか。

上手な謝り方について5つのものを紹介してきました。上手な謝り方は、時に理不尽に感じたり、悔しいと思えてしまう場合もあるでしょう。しかしその場を上手く収めるためには、自分の感情を押し殺す努力も必要になるのです。

どんなに悔しい思いをしたとしても、その悔しい思いはいつか報われます。上手な謝り方が出来る人は、それだけ周りからの信頼やイメージがよくなりますし、逆に理不尽な謝罪を要求している人の印象は悪くなるものです。みんなわかってくれている、それを忘れなければ上手な謝り方はきっと出来るはずなので、理不尽という感情に流されず、その場を収められる上手な謝り方をしていきましょう。

  

まとめ

 上手な謝り方ならこの5つを試してみよう!

・潔く非を認める
・嘘や言い訳は言わない
・改善策を提示する
・感情的にならないように心掛ける
・2回謝る

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『ご先祖占い』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

“世界は愛で救われる”
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!